パン君と一緒に安心安全なドッグフードを選びませんか?

パン君のドッグフード

こんにちは。数あるドッグフードのサイトの中から、当サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

いきなりですが、ドッグフードをどう選ばれていますか?

 

もしかすると、大切な大切な家族の寿命を縮めているかもしれません。

 

ここでは、ドッグフードの真実と正しいドッグフードの選び方をメインにご紹介していきます。

 

大切な愛犬のために、是非参考にして頂きドッグフードに対する考え方を改めて欲しいと思います。

 

パン君のドッグフードランキング

 

 本当に安全なドッグフードを選べていますか?

なぜドッグフードの「安全」を強調するのか?というと、多くのドッグフードが安価でお粗末だからです。

 

市販されているドッグフードのほとんどが人間が食べることができない4Dと呼ばれるお肉、安価な穀物、豊富な添加物が原料でできています。

 

少し想像してみて下さい。

 

あなたは、腐ったお肉を加工して、香料、着色料を添加した食べ物を毎日食べることができますか?

 

そして、毎日そんな食生活で健康に長生きできると思いますか?

 

できませんよね。でも、それを大切な愛犬にしているかもしれないのです。

 

当然、そういった食事を毎日続ければ「病気」や「アレルギー」など様々な健康被害が出てきます。

 

飼育されている犬たちは、自分で食べ物を選ぶことができません。だからこそ、私たち飼い主がしっかり愛犬のために安全なドッグフードを選んであげる必要があるのです。

 

パン君泣いている

 

パンも、友達がまだ危険なドッグフードを食べていると思うと悲しいワン。

 

ペットの食事と思っててもひどすぎるワン。人間が食べられる品質のドッグフードを食べて欲しいワン。


 

そうだね。なかなか知る機会ってないからね。ドッグフード選びの基本は、原料の表示は必ず確認すること。獣肉や鶏肉の副産物、骨粉、獣脂などの「ミートミール(肉粉)」が含まれているドッグフードは決して買わないことが大切だよ。

 

アレルギーや健康のことも考えて、穀物も含まれてないもので無添加だとベストだよ。


パン君のドッグフードパン君

 

お友達のためにも、安全なドッグフードを選んで欲しいワン!!


安心安全なドッグフードを選ぶ6つの重要なポイント

穀物不使用、グレインフリーのドッグフードを選ぶ

穀物がなぜだめなの?と不思議に思う方も多いと思いますが、そもそも犬の食事に穀物は適さないのです。

 

なぜなら、犬は穀物などのでんぷんを消化する酵素を持っていないこと、そして腸が短いので消化しきれず消化不良を起こし体の負担になってしまうからです。

 

また、犬がアレルギーを起こしやすい食材でもあるからです。

 

市販のドッグフードの主原料は穀物ですが、その理由は安価であるで愛犬に対するメリットはひとつもありません。

 

不要な添加物を含まない「無添加」のドッグフードを選ぶ

無添加が100%良いのか?というとそういうわけではありません。正しくは「不要な添加物を含まない”無添加”」のドッグフードを選ぶべきということになります。

 

そもそも自然の犬たちは、添加物とは無縁な食事なわけですし、添加物を含むドッグフードを与えるメリットなどまったくないのです。

 

また、安価なドッグフードには本当に危険な添加物を含むものも少なくありません。だから、無添加のドッグフードを選ぶ必要があるのです。

 

⇒ドッグフードに含まれる危険な添加物について

 

”肉”が主原料のドッグフードを選ぶ

犬は雑食と思っている方も多いのではないですか?

 

元来、犬は肉食です。動物性たんぱく質を食べて生きてきた動物なのです。

 

つまり、犬の本来あるべき健康的な食事は、「お肉」=動物性たんぱく質ということです。

 

人間が食べることができるドッグフードを選ぶ

ドッグフード食べたことがありますか?1粒とかではなく、一気に10粒以上連続で食べたことありますか?

 

主原料が穀物だったり、肉副産物などが含まれいてるドッグフードだと1粒、2粒でとても気持ち悪くなって食べれなるはずです。

 

僕は、ドッグフードについての知識がない時食べましたが、本当に気持ち悪くなった記憶があります・・・。

 

だから、人間が食べられるという基準はとても大切です。人間が安心して食べられるドッグフードなら安心して愛犬にも食べさせることができますよね。

 

第5のポイントから”安心安全なドッグフード”という意味では、含める内容ではないのですがドッグフードを選ぶ際の重要なポイントだと思いますので5、6も参考にして下さい。

 

経済的で続けやすい価格であること

いくら高品質なドッグフードで、継続できなければ意味がありませんよね。

 

品質もよく、そしてリーズナブルな価格帯であることも重要なポイントになります。

 

犬が喜ぶ美味しいドッグフードを選ぶ

ドッグフードを選ぶポイントでこれを除くことは絶対にできませんよね。

 

人間だって、美味しいご飯が食べたいです。犬だって絶対に美味しいご飯が食べたいはずですよね。

 

食いつきの良い美味しいと言えるドッグフードを選びましょう。

 

 

さて、ドッグフードを選ぶ6つのポイントを紹介しました。上記のポイントをクリアしたドッグフードを選ぶことで、病気になるリスクを軽減したり、アレルギー対策になったり、毛並みがよくなったり、より元気になったりと嬉しい変化がありますよ。


パン君のドッグフードパン君喜ぶ

 

6つのポイントをクリアしたドッグフードをランキング形式で紹介していくワン!!


6つの条件をクリアした安全なドッグフード|おすすめランキング

”安全なドッグフードランキング”は6つの条件をクリアしたドッグフードであること、そして当サイトのアクセス数、クリック数、口コミ、評判を加味してランキングしています。

 

カナガンドッグフード

カナガンドッグフードの特徴

最高級のグレインフリードッグフード

穀物不使用、無添加、新鮮な鶏肉、すべて人間が食べれる高品質な食材で作られたドッグフードが「カナガン」です。

野菜やハーブなども含まれ栄養価もとても高く、尿路結石の予防、抗酸化作用にも優れています。

徹底した品質管理、国際規格クラスA取得工場で製造されているため安心・安全!

価格 3960円
評価 評価5
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
カナガンドッグフードの総評

獣医さんも推薦するドッグフード

わんちゃんが喜ぶ大好物のチキンを豊富に含み、食いつき抜群で偏食ぎみのわんちゃんにもおすすめです。

子犬や小型犬でも安心の小粒タイプで、全犬種、全ライフステージに対応してるドッグフード。

高級グレインフリードッグフードで、安全面、栄養面と抜群でありながらコスパも良いので1番選ばれるのも納得のドッグフードです。

迷ったら、「カナガン」からお試しすると良いでしょう。

 

 

 

NDF ナチュラルドッグフード ラム

NDF ナチュラルドッグフード ラムの特徴

厳選された100%無添加のドッグフード

すべて人間が食べることができるたった11種類の厳選された食材でできたドッグフードが「ナチュラルドッグフード」です。

アレルギーの原因になりやすい食材も一切含まれていません。安心安全面ではドッグフードで1です。

脂肪分には、オメガ3やオメガ6がバランスよく含まれた「亜麻仁油」を使用したりとその栄養面のこだわりも魅力です。

価格 3960円
評価 評価4
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
NDF ナチュラルドッグフード ラムの総評

獣医さんも推薦するドッグフード

野生の犬が必要とする食事の再現をすることが、健康トラブルやリスクを減らし、免疫力を向上させるとして「自然給餌」の理論をもとに作られた100%無添加ドッグフード。

アレルギー対策でドッグフードを検討しているなら、ナチュラルドッグフードをおすすめします。

 

 

 

ネルソンズドッグフード

ネルソンズドッグフードの特徴

100%のワンちゃんが食べたグレインフリーのドッグフード

安心のグレインフリー、人工添加物不使用で本来犬が求めている健康素材だけを厳選したドッグフードが「ネルソンズ」です。

カナガンに食材がとても似ていますが、大きな違いは粒の大きさとグルコサミン・コンドロイチンを含んでいることです。関節の病気や怪我をしやすい犬種を飼っている方には特におすすめのドッグフードです。

価格 3960円
評価 評価4
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
ネルソンズドッグフードの総評

獣医さんも推薦するドッグフード


  • いつの間にか、輝く毛並みに
  • シニア犬には骨格サポートが嬉しいですね
  • おなかが弱いうちの子でも安心
  • 結石予防に続けています
  • ベスト体重になりました

こんな声が多数寄せられているドッグフードです。品質管理も徹底しているので安心安全です。


ただ、高品質なのは納得ですが、ヒューマングレイドなのかは不明なのです。現在問い合わせ中ですので、確認後反映させます。

 

 

パン君のドッグフード参考記事

無添加ドッグフードランキング

 

成長別おすすめドッグフードランキング

 

体格別おすすめドッグフードランキング

 

その他悩み、目的別ドッグフード

 

パン君のドッグフードランキング

更新履歴