アレルギーでも安心!体に優しいドッグフードはこちら!

 

時折、犬がかゆがったり、原因不明の皮膚トラブルに悩まされる、といったことでお困りの飼い主の方がいたら、それはアレルギーの可能性があります。

 

アレルギー症状は様々で、その原因にもまた様々です。今回は、ドッグフードとアレルギーの関係性についてまとめました。

 

最後にアレルギー対策におすすめのドッグフードもご紹介しているので是非最後までご覧下さい。

 

アレルギーとドッグフード

犬にとって楽しい時間でもある食事。その食事がアレルギーの原因を含んでいることが少なくありません。

 

犬の食物アレルギーは珍しいことではなく、その数は約4割にのぼるとも言われます。アレルギーの要因と、その危険性はどのようなものがあるのでしょうか。

 

アレルギーの要因となる原材料

小麦に含まれるグルテンは、消化率が低く、犬によってはアレルギー反応を示す代表的なものです。

 

また、大豆トウモロコシといった穀物類、たんぱく源であるチキン牛肉ラムなどもアレルギー反応のある犬が少なくありません。

 

さらに、スパイス類添加物でも過敏に反応する犬もいますので、こういったものが原材料に含まれている場合はアレルギー反応を起こさないか注意する必要があります。

 

合成添加物の危険性

添加物には、栄養補強の目的のもの以外に、酸化防止剤発色料など、合成の添加物があります。

 

最近では、酸化防止剤などを天然由来成分に変えているメーカーも多くなりましたが、それでも比較的安価なドッグフードは合成の酸化防止剤が使われていることがあります。

 

健康被害とまではいかなくても、過敏に反応してしまう犬にとっては合成の添加物は避けるべきでしょう。

 

また、キャリーオーバーの問題もありますから、原材料表示だけでなく、その原材料がどういった過程で作られ、製造されているのか、そういうところまで踏み込んで確認する必要もあります。

 

人間でも、添加物に対してはアレルギーを起こす人がいますし、それ以前にあえて摂取する必要などありません。発色料などは、不必要な添加物の最たるものといえます。

 

アレルギーの症状とはどんなものなの?

 

多くは皮膚トラブルとして表れます。いつもどこかを掻き毟っていたり、脱毛などの症状や目やに、下痢やフケといった症状があります。

 

かゆみが強いなどの症状は、犬に精神的なストレスを与えるだけでなく、感染症を引き起こしたり非常にやっかいなものです。

 

このような症状が長引く場合は、獣医師に診てもらうことと同時に、アレルギーを疑う必要もあります。

 

原因を特定するには?

もしもアレルギーと診断され、外的な要因でない場合は、食事の内容を確認することが必要です。

 

動物病院でアレルギーの検査をすることが一番正確ですが、もし現在与えているフードにアレルギーを引き起こしやすい材料や添加物が含まれていたら、それらを除去することで症状がおさまることがあります。

 

よく、材料を特定する手段として、単一メニューを与えて症状が悪化するか改善するかをみる、といった方法が紹介されていますが、これはあまりに犬に負担が大きいので良いとは言えません。

 

ひとつのメニューを12週間程度続ける必要があるのと、アレルギーとなりうる食材が多いため、非常に長い期間を要します。それよりも、原因の可能性のある物質を極力避ける方が犬に負担をかけずに済みます。

 

アレルギーへの対策方法にはどんなものがあるの?

アレルギーを起こしていなくても、ある日突然アレルギーになることは人間でも犬でも同じです。それを極力防ぐことは出来るのでしょうか。

 

フードローテーションという選択

ひとつの手段として、フードローテーションという選択があります。

 

これは、アレルギーがいわゆる容量を超えた時に発症するという考えのもと、様々な原材料を少しずつ与えることで、容量オーバーにならないようにするというものです。

 

やみくもにさまざまなものを与えるのではなく、犬の体に負担を与えないような健康的なドッグフードであることはもちろん、アレルギーを引き起こす可能性の高い穀物などは含んでいないドッグフードを与えます。

 

こうすることで、犬が偏食になることを防いだり、アレルギーの発症を防ぐといった効果が期待できます。

 

しかし、さまざまな原材料を与えることにアレルギーを発症させない効果は期待できないといった論文もあり、フードローテーションに否定的な声もあります。

 

参考記事:ドッグフードローテーションは必要?メリットとデメリットについて

 

アレルギーのある犬に最適なドッグフードはこちら!

以上のことを踏まえ、アレルギーを持つ犬のための、またはアレルギーを起こしにくいドッグフードをまとめました。

 

 

ティンバーウルフ オーシャンブルー・レジェンドの特徴

新鮮なサーモンをはじめとした魚をたんぱく源にした低アレルギードッグフードです。

ドッグフードに使われがちなチキンは、犬によってはアレルギーを起こしますが、魚はアレルギーを発症しにくいため、アレルギーのある犬には大変適した食材です。
魚に含まれるオメガ3脂肪酸には、皮膚トラブルに効果のあるEPAが含まれ、アレルギーで皮膚にトラブルを抱えた犬の回復にも効果があります。

価格 1.36s 3024円
評価 評価5
備考
ティンバーウルフ オーシャンブルー・レジェンドの総評

穀物類と、血糖値を急激に上げる高GI食品を排除し、アレルギーを引き起こしやすい原材料も使用していないという大変優れたドッグフードです。

サーモンには抗酸化作用に優れたアスタキサンチンが豊富ですし、小粒ですので小型犬にも食べやすいドッグフードです。
5つのラインナップがありますが、うち3つが低アレルギー処方となっており、全てオールライフステージ対応ですから子犬から老犬まで安心して与えられます。

 

 

 

オリジン 6フィッシュドッグの特徴

こちらも魚を主原料とした穀物類不使用のドッグフードです。

素材によっては丸ごと使用することで、骨や脂などをより自然に近い状態で摂取できます。
新鮮な魚からはEPA/DHAを理想的に摂取することが出来、アレルギーを持つ犬の皮膚トラブルの改善に役立ちます。
アレルギーを発症しやすい食材を排除することで、安心して与えられるドッグフードに仕上がっています。

価格 2.27s 5049円
評価 評価4.5
備考
オリジン 6フィッシュドッグの総評

オリジンの原材料はすべて自社で管理され、販売された製品は返金保証付きという非常に信頼できるドッグフードです。

アレルギーだけでなく、肥満などにも配慮した原材料を使用し、製造方法も低温調理法を取り入れ、少しでもその栄養成分を維持する方法でドッグフードを作っています。
アレルギーに無縁の犬にも、おススメできる素晴らしいドッグフードです。

 

 

 

フィッシュ4ドッグ

Fish4Dogs(フィッシュ4ドッグ)の特徴

穀物類、家畜肉を一切使用せず、新鮮な魚をたんぱく源に使用しています。

カロリーが低くなりすぎないように炭水化物も使用していますが、出来るだけ低GIなものを使用するなど工夫が見られます。
アレルギーの犬のために開発されたドッグフードの中でも、非常に安心して与えられるドッグフードのひとつです。

価格 1.5s 3080円
評価 評価4
備考
Fish4Dogs(フィッシュ4ドッグ)の総評

外部に製造を委託せず、自社工場での製造など、ドッグフードづくりに責任を持って取り組むフィッシュ4ドッグ。

原材料や添加物も細かく開示し、「使用していない」成分をしっかり消費者に伝えます。
おやつやウェットフードも展開しており、犬に合わせた低アレルギードッグフードが選べます。

 

 

ティンバーウルフ オーシャンブルー・レジェンドがアレルギー対策に最適なドッグフード1位に選ばれる理由

このドッグフードは、ラインナップのすべてが穀物類不使用、そして低炭水化物で作られています。

 

その中でもオーシャンブルー・レジェンドは、魚を主原料とし、アレルギーを発症しにくい原材料で製造されています。

 

魚も、一種類ではなく栄養素などを考えて複数使用し、アレルギーを持つ犬が発症しやすい皮膚トラブルに効果がある必須脂肪酸オメガ3脂肪酸豊富に含有します。

 

アレルギー対策はもちろん、健康な犬の食事にも非常に優れたドッグフードであるといえます。

 

まとめ

アレルギーに不安のある犬のためのドッグフードについてまとめてみました。

 

たんぱく質は犬にとって欠かせない成分ですが、アレルギーを発症するものもあります。その場合は、ぜひ魚を使用したドッグフードを取り入れてみましょう。

 

魚の栄養成分は犬にとっても良いものが多く、特にオメガ3脂肪酸などは良質な原材料から得られる点がポイントです。

 

もしもアレルギーを疑ったら、かならず獣医師の判断を仰いだうえで、ドッグフードの見直しをしてみましょう。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事