人間だけじゃない”犬”もアレルギーがある

 

犬にもアレルギーってあるの?僕もアレルギー持っているかもしれないの?


 

人間と同じで犬にもアレルギーがあるよ。皮膚炎、鼻炎、腸炎などいろいろな症状がある。パンもアレルギーを持っているかもしれないね。

 

でもね、食事で気を付けたり、生活環境を整えることで症状にでないようにできるんだよ。体に違和感ないでしょ?痒かったりとか?パンのために気をつけているからね。これから詳しく説明するよ。


 

頼むワン!!。o○(食事と生活環境が大切なのか・・・)


犬だってアレルギーは辛いんだよ!!

 

もしかすると、読者の中にはアレルギーってなんなの?そんなにつらいものなの?と思っている方もいるのではないでしょうか?自分がアレルギーを持っていないと、ピンと来ないかもしれませんね。

 

でも「花粉症」というとどうでしょう?鼻水やくしゃみ、目がかゆい、痛いなどの症状が出ます。これも『アレルギー』の一種で「花粉症アレルギー」と言われています。

 

このアレルギーというものは、体の免疫システムが自分の体を攻撃してしまっている状態を指します。ある物質(例えば、花粉)などに過剰に反応してしまっている状態ということです。

 

このアレルギーを引き起こす原因を「アレルゲン」と呼びます。

 

ここでは、犬のアレルギーの症状、その原因、そして対策方法について詳しくご紹介していきますので参考にして下さい。

 

犬のアレルギー症状とその種類

犬のアレルギーとして、代表的なのは体が痒くなってしまう皮膚アレルギーです。痒みは初期の症状で、発疹や脱毛に至ることも多いです。

 

注意して欲しいのが、犬は痒い部分を強く掻いたり、噛んだりすることが多く、症状を悪化させてしまうということ。

 

最近よく、体を掻いているな!噛んでいるな!と思ったらその部分をチェックして早めに気づいてあげることが大切です。

 

犬のアレルギーの具体的な症状

  • 体をかゆがる
  • フケがでる
  • 抜け毛が多い、ハゲができている
  • 下痢・嘔吐
  • 顔、耳の内側、目の周り、口周り、内股、足の付け根の内側などが赤くなりカユがる
  • 足の裏や指の間を噛んだりナメたりする

 

犬のアレルギーの原因|アレルゲンは何?

犬のアレルギーの原因は、大きく「周囲環境」「遺伝」「食事」の3つに分けることができます。
では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

犬のアレルギー|周囲環境

この周囲環境に関しては、さらに「体に触れるもの」「空気浮遊物」「ストレス」の3つの分けることができます。

 

体に触れるもの

犬の体の下面、四肢、あご下などの部分がひどく湿疹になっている場合は、床材や散歩での草むらでの接触を疑って下さい。

 

公園や河川敷の草むらに入らなくするだけでも、これらのアレルギーが劇的に回復することがあります。

 

特に問題なのは、家の中です。犬は家の中の様々な素材のものと接触しています。まずは、特に犬が接触している素材を絞り込み、原因を突き止めていきます。

 

サークルを利用して行動範囲を狭くする方法はとても効果的です。また、部屋はこまめに掃除をして、床の素材などは人間にも犬にもやさしいものを選ぶようにしましょう。

 

家の中の素材以外の問題では、ダニアレルギーが非常に多いです。この対策としては、ダニが生息しづらい環境を作っていくしかありません。つまり徹底した掃除が大切です。

 

これらの対策でアレルギーの症状が緩和したなら、排除したなにかがヒットしたことになります。アレルギーが再発しないためにもよく観察して環境を整えましょう。

 

空気浮遊物

花粉やハウスダストで人間がアレルギーを起こすのと同じように、犬も空気が汚れているとアレルギーを起こします。

 

この対策として、空気清浄機を常に回しおく、気温と湿度を犬が過ごしやすい環境に常にしておくことです。

 

精神的ストレス

狭い空間に、複数の犬を飼っている場合、犬はかなりのストレスを抱えているかもしれません。

 

特に犬同士で仲が悪い場合は注意して下さい。目安としては、小型犬なら6畳に2頭、大型犬なら10畳に2頭以上にならないようにしましょう。

 

また、寂しさもストレスになります。昼間お家に長時間1人でお留守番をさせている場合は注意して下さい。嘔吐や下痢、またトイレではないところに用を足すなどの行動をすることがあります。

 

犬のアレルギー|遺伝

遺伝に関しては、仕方ないという部分が多いです。もともと犬は皮膚が強くありません。

 

また雑種犬ではなく、純血種は長年にわたり人間が狭い範囲で交配を繰り返したため、アレルギーに非常に弱い体質になってしまっています。

 

こういった遺伝的要素の多い犬のアレルギーは、「周囲環境」「食事」に気を遣っていくしかありません。

 

犬のアレルギー|ドッグフード

犬のアレルギーの原因が食物アレルゲンであることは非常に多いです。

 

参考記事:市販のドッグフードのお粗末な現状|危険なワケ?

 

上記の記事でも、市販のドッグフードの危険性についてお話していますが、市販のドッグフードには食物アレルゲンであることが多い、牛肉、豚肉、乳製品、小麦、子羊肉、鶏肉、鶏卵、大豆、とうもろこし、そして添加物などが豊富に含まれています。

 

つまり、愛犬にわざわざアレルギーの要因となるドッグフードを毎日欠かさずあげていることになるのです。

 

こんなに悲しいことはないですよね。犬のアレルギー対策としてドッグフード選びはとても大切なのです。

 

アレルギー対策で考えたい|ドッグフードのこと

アレルギー対策で考えたいドッグフードは「お肉の種類」「グレインフリー」「無添加」の3つです
それぞれ詳しく解説していきます。

 

お肉の種類を変える

現実には、市販のドッグフードに記載されているのが「牛肉」だとしてもなにが入っているのかわからないというのがドッグフード業界です。

 

人間が食べれない、食べることができないお肉(4D)がドッグフードになっていると考えて下さい。犬によっては、牛肉、子羊肉、鶏肉が食物アレルゲンであることもあります。

 

実際には、牛肉そのものがアレルゲンであるケースは稀で、質が低く、添加物の豊富なお肉が原料のドッグフードを食べているということが1番の問題です。

 

または、お魚がメインのドッグフードに変えるのもおすすめです。「オメガ3」などを配合しているものであれば、アレルギー抑制効果があると言われています。

 

グレインフリーのドッグフードを選ぶ

小麦やとうもろこしは、犬がアレルギーを起こしやすい食材として有名です。ドッグフードに含まれる「穀物がアレルゲン」であることが非常多いということです。

 

そもそも、犬に穀物はあげるべきではないのです。というのも、人間と違い犬は穀物を消化するために酵素を持っていないからです。

 

消化することが困難な食事を毎日与えられれば、食物アレルゲンになってしまうというもの理解できますね。できるだけ、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

余計なものを含まない無添加

「べつに無添加じゃなくてもいいじゃん」そう思うかもしれません。僕も無添加が良いとは思っていません。

 

だけど、ドッグフードに含まれている添加物は本当危険なものばかりなので、無添加のドッグフードを選ぶのは正解です。

 

主に市販のドッグフードには下記のような添加物が含まれていることがほとんどです。

 

参考記事:パン君が選ぶ安心、安全のドッグフード比較はこちら

 

防腐剤  
エトキシキン 発ガン物質
BHA ガソリンの酸化防止剤
BHT 発ガン性
保存料  
ソルビン酸 発育不良、肝臓障害 他
パラオキシ安息香酸 発ガン性、肝炎、肝硬変
発色剤  
亜硫酸ナトリウム 発ガン性、アレルギー性
硝酸カリウム 発ガン性、アレルギー性

 

これらの添加物が含まれていることを避けるためにも、無添加のドッグフードを選ぶというのはとても重要なポイントです。

 

犬のアレルギー対策の効果は、2ヶ月〜3ヶ月は様子をみる

ドッグフードや周囲環境を変えたら、2ヶ月〜3ヶ月は様子をみるほうが良いでしょう。

 

ドッグフードを変えてすぐに効果がでないからといって、次々に乗り換えているとどれが食物アレルゲンを含まないドッグフードなのかわからなくなってしまうからです。

 

また、途中で「おやつ」を与えたり、人間の食事を食べてしまった場合は最初からカウントし直すようにします。途中でドッグフード以外を食べてしまうと、また最初から再スタートすることになるので注意してくださいね。

 

非アレルゲンでも注意したいこと

このドッグフードならアレルギーが起こらないと判断しても、その食材を長期的に食べさせることでアレルゲンになってしまうことがあります。

 

そこで、多くの安全なドッグフードを探し出し、ゆっくりのペースでローテーションさせることでアレルゲンの発生を抑えるなどの工夫が大切になります。

 

これは、かなり手間がかかることなので、ゆっくりあなたの愛犬にあったドッグフードを探していきましょう。

 

さいごに

犬のアレルギーと言っても、症状や原因はさまざまでしたね。

 

飼い主として、愛犬の変化(痒み、発疹などの症状)には、できるだけ早く気づくことができるようにしたいです。

 

食事を変えるだけでも、アレルギー症状が驚くほど良くなったという例はたくさんあります。

 

周囲環境はもちろん、あなたの愛犬にぴったりのドッグフードを選んで下さい。

 

 

パン君のドッグフードランキング

 

 

ドッグフード参考記事

 

 

 

なんか勉強になったワン!とりあえず、つまみ食いはやめとくワン!


 

昨日、俺の朝飯無くなっていると思ったら・・・やっぱりおまえか!!


 

TOP⇒パン君のドッグフード