犬にりんごは大丈夫!毎日与えたい果物です

犬にりんごを与えても大丈夫

りんごは犬に食べさせても大丈夫です。

 

りんごは、水分と栄養価が高く、疲労回復、生活習慣病(糖尿病、動脈硬化)予防、整腸作用など様々な効果が期待できます。

 

特に、りんご独特の「りんごポリフェノール」は、抗酸化力が高く、優れた成分として注目されています。

 

1日量を守り、消化に良い工夫をして与えることで愛犬の健康増進に一役かってくれる頼もしい果物です

 

そんなりんごが犬にもたらしてくれる効果と与える際の注意点についてご紹介していきますので参考にしてください。

 

「1日1個で獣医いらず」りんごの栄養価はすごい!

クエン酸とリンゴ酸で疲労回復

りんごに含まれるクエン酸とリンゴ酸には、疲労物質である乳酸を分解し、疲れをとる働きがあります。ビタミンCと同時に摂取すると、より疲労回復効果がアップします。

 

他にも、リンゴ酸には胃腸の働きを活性化、消炎効果もあります。

 

りんごポリフェノールで糖尿病予防や動脈硬化対策に

「りんごポリフェノール」はリンゴの皮に特に多く含まれるポリフェノール総称です。

 

りんごポリフェノールは「プロシアニジン」「カテキン」「エピカテキン」「クロロゲン酸」「ケルセチン」など様々なポリフェノールが含まれています。

 

強い抗酸化力を持っていて、体の酸化を防ぎ、糖尿病、動脈硬化の予防に効果が期待できる優れた成分として注目されています。

 

豊富な食物繊維で腸内環境を整える

りんごには、「ペクチン」や「セルロース」などの食物繊維が豊富です。ペクチンには腸内環境を整え、便秘を解消する効果があります。

 

腸内環境を整えることで、疲労回復や体力の増強なども期待することができます。

 

 

おやつにりんごは最高だワン!

 

栄養価の高さは果物の中でもトップクラスだワン!


犬にりんごを与える時の注意点と与え方

糖分が多いので肥満に注意

りんごは、ブドウ糖や果糖など糖分が多い果物です。肥満気味でダイエット中のわんちゃんは特に注意しましょう。

 

喉に詰まらないように「細かく切る」か「すりおろす」

りんごの皮は消化しにくいですが、栄養価が高いので工夫して食べさせましょう。

 

甘いりんごは好きな犬が多く、与えれば勢いよく食べてしまい、喉につまらせてしまうことも多々あります。

 

食べやすく消化しやすいように、皮付きのまま細かくスライスしたり、すりおろして与えましょう。

 

りんごの種は取り除く

りんごの種には「アミグダリン」という成分が含まれていて、多量に摂取すると嘔吐、痙攣、呼吸困難などを引き起こす可能性があります。消化にも悪いので取り除いてから食べさせましょう。

 

アミグダリンは、りんご以外にも桃や梅など多くの果実の種に含まれています。うっかり、散歩中に拾い食いしてしまったり、りんごを丸のまま食べて種も食べたということにならないように注意が必要です。

 

中型犬で1日20gまで

りんごの量は、中型犬で4分の1個(20g)までにしましょう。

 

りんごは甘い為、犬は次々欲しがるかもしれませんが、糖分が多く、食べすぎは消化に悪い為、体調を崩しかねません。量に注意して、おやつやご褒美、料理のトッピングに食べさせましょう。

 

りんごジュースは成分が異なるので基本的にNG

人間用のりんごジュースは、糖分が多いこと、犬にとって危険な物質が含まれている場合があるので飲ませてはいけません。

 

飼い主さんがすりおろしてジュースにして与えるのはOKです。犬用のりんごジュースを購入することもできますが、基本的にりんごは糖分が多いので、肥満気味の犬などには飲ませすぎないよう注意して与えましょう。

 

アレルギーに注意!初めて与える場合は少量ずつ様子をみて!

りんごに限らず、初めての食材を与える場合は注意が必要です。

 

食後に、体のかゆみや下痢・嘔吐、元気がないなどの症状があらわれた場合は、果物(食物)アレルギーの可能性があります。

 

また、犬によっては、りんごに含まれている食物繊維により下痢やおう吐を起こす可能性もあるので注意してあげましょう。

 

 

与えすぎには注意してほしいワン!

 

テーブルの上にあったら、勝手に食べてしまうから見つからないところに隠すワン!


りんごは愛犬のおやつに最適

栄養のあるおやつ&食欲が無い時の水分補給にも

りんごの85%は水分です。夏バテや風邪などで食欲のない時の水分補給にも役立ちます。

 

甘いりんごは、好きな犬も多く、ご褒美として与えても良いですし、おやつにも最適です。

 

胃腸が弱っているときにも

人間と同じように、お腹の調子が悪く、胃腸を休ませたいときなどは、水分補給と整腸効果を兼ねて消化の良いりんごをすりおろしてあげると良いとも言われています。

 

りんごを使ったご飯レシピ

「豚肉とりんごのトマト煮」―りんごのカテキン+ビタミンB群の豊富な豚肉で生活習慣病予防―

<材料>

玄米ご飯、トマト、しいたけ、ブロッコリー、キャベツ、豚肉、りんご

<作り方>

  1. 豚肉、野菜はフードプロセッサーでみじん切りにする。
  2. 鍋に1と食べやすい大きさに切ったりんご、ごはんを入れてひたひたの水を加えて煮る。

引用元:愛犬のための 食べ物栄養辞典 講談社

 

まとめ

 

人間に限らず、りんごは犬にとっても栄養価が高くおすすめの果物です。

 

毎日、サプリメント感覚で与えるととても良いですよ!

 

なんでもそうですが、いくら栄養価が高くでも食べ過ぎ、与えすぎは”毒”でしかありません。今回紹介した注意点は必ず守るようにしてくださいね。


 

パン君のドッグフードよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

関連ページ

犬がチョコレートを食べたら危険?|中毒症状、応急処置【保存版】
犬がチョコレートを食べていいのか?ダメなのか?結論は、絶対に犬のチョコレートを食べさせてはいけません。ここでは、中毒症状と応急処置について詳しく解説していますので参考にして下さい。
犬に「バナナ」は大丈夫?食べれるけど注意点もある?!
バナナと言えば、栄養満点の果物ですね。そんなバナナを犬に食べさせても大丈夫なのか?またその効果と注意点とは?詳しくまとめているので参考にして下さい。
犬は「みかん」を食べられる?がん予防や免疫力アップに良い?
犬はみかんを食べても大丈夫なのか?結論から言えば、大丈夫です。むしろ、犬にとってみかんはとても健康への効果が期待できます。ここでは、みかんの働きと与える際の注意点などをご紹介しています。
犬が玉ねぎ、ネギ類を食べたら危険?|中毒症状、応急処置【保存版】
犬に玉ねぎは食べさせてはいけません。ここでは、犬が玉ねぎを食べてしまった際の、中毒症状と応急処置について詳しく解説していきます。
犬にいちごは大丈夫!皮膚病や歯周病予防にも◎
犬に「いちご」を与えてもいいの?結論としては、犬に「いちご」を食べさせても大丈夫です。むしろ、犬の健康によい栄養素をたくさん含んでいます。ですが、注意点もあるのでここでしっかり確認しておきましょう。
犬にぶどうは大丈夫!?腎不全や中毒症状の危険性がある!
犬にぶどうを食べさせてもいいの?結論としては、絶対にダメです。ここでは、なぜ犬にぶどうを食べさせてはいけないのか?食べてしまった際の対処方法などをご紹介しているので参考にして下さい。
犬にヨーグルトは大丈夫!口臭予防や腸内環境を整える効果も◎
犬はヨーグルトを食べても大丈夫なのか?ここでは、ヨーグルトが犬にもたらす効果と与える際の注意点などをご紹介していきます。
犬にキャベツは大丈夫|免疫力アップ!ダイエットにもおすすめ
犬にキャベツを与えてもいいの?大丈夫です。犬にとってキャベツは栄養満点の食材です。ここでは、その効果と注意したいことなどをご紹介しています。
犬にブロッコリーは大丈夫!ガン予防や糖尿病対策に◎
犬はブロッコリーを食べても大丈夫です!ガン予防や糖尿病予防など様々な働きが期待できます。ここでは、ブロッコリーが犬にもたらす効果と与える際の注意点をご紹介しています。
犬に桃を食べさせてはいけないって本当なの?!
犬に桃を食べさせてはいけないのでしょうか?ここでは、犬に桃を食べさせる際の注意点と桃の栄養価について詳しくご紹介しています。
犬にトマトは大丈夫?!食べさせる際の注意点は?
犬にトマトは食べさせて大丈夫です。栄養価も高くとってもおすすめできる食材でもあります。ただ、トマトを食べさせる際には、注意すべきことがあります。犬にトマトと与える際の参考にして下さい。
犬に納豆は大丈夫!|納豆が犬にもたらす効果と注意点について
納豆は犬に食べさせても大丈夫です。栄養価も高いのでおすすめです。ただし、与える際の注意点もあります。ここでは、納豆が犬に与える効果と注意点について詳しく解説していますので参考にして下さい。
犬にチーズは大丈夫?!注意したい3つのこととは?!
犬にチーズを与えても大丈夫ですが、与える際に注意したいことが大きく3つあります。チーズは栄養価も高くおやつには最適です。注意点を理解して与えましょう。
犬にさつまいもは大丈夫!栄養価も高くおやつにピッタリ!
犬にさつまいもは与えても大丈夫ですよ。栄養価も高くおやつにもぴったりです。でも、犬にさつまいもを与える際の注意点もあるので、こちらを参考にして下さい。
犬に大根は食べさせて大丈夫!嬉しい効果もいっぱい!
大根は犬に食べさせても大丈夫です。犬に嬉しい効果もたくさんあるので、手作りご飯には是非入れてあげてください。ただ、注意点もあるのでしっかり確認してくださいね。
犬にきゅうりは大丈夫?!|与える際に注意したい3つのこと
きゅうりは犬に与えても大丈夫です。ただ与える際に注意したいことが大きく3つあります。犬にきゅうりを与えるまえに確認してくださいね。
犬にパンは大丈夫!?|与えたくないパンと注意点とは?
犬にパンを与えることは基本的には大丈夫です。ただ、パンの種類や原材料をしっかり確認することが大切になります。ここでは、犬にパンを与える際の注意点などをまとめご紹介していますので参考にしてください。
犬にお餅は危ない!与える際に注意することとは?
犬にお餅を与えても成分的には問題ありません。ただ、お餅は喉に詰まることがあるので注意して与える必要があります。また、老犬の場合、飲み込む力が弱くなっているので与えない方が良いです。
犬にメロンを食べていい?|その効果と注意点まとめ
犬にメロンは食べさせても大丈夫です。メロンはビタミンなどの栄養価も高いので犬の健康にもプラスになります。ただ、糖分が多いので注意も必要。犬にメロンを食べさせる際の参考にして下さい。
卵はアレルギーが心配?犬に卵を食べさせても大丈夫?
卵は栄養価の高い食品ですが、犬に食べさせても良いのでしょうか?ここでは、卵のアレルギーの危険性から与える際の注意点をご紹介しています。
ジャガイモには毒がある??犬に与えてはいけないの?
じゃがいもは犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にじゃがいもを食べさせる際の注意点などをご紹介しています。
ニンジンは生のまま食べても大丈夫?犬に与えるときの注意点とは?
犬ににんじんを与えても問題はありません。栄養価も高く積極的に与えたい食品です。ただし。にんじんを与える時に注意したい点もありますのでご紹介します。
犬に牛乳は絶対ダメって本当?なぜ与えてはいけないの??
栄養価も高い牛乳ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?良いという意見と悪い意見がありどっちか迷ってしまいますよね。ここでは、牛乳の成分から犬に与えても良いのか詳しく説明します。
犬はイカを食べても大丈夫?猫は腰を抜かすっていうけれど・・・
犬はイカを食べても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にイカを与える際の注意点やちょっと気になる猫とイカについてもご紹介していきます。
豆腐を犬に与えるときに注意することは?食べさせても大丈夫?
犬に豆腐を食べさせても大丈夫なのか?また、与える際の注意点はあるのか?詳しくご紹介しています。