犬にぶどうは食べさせてはいけない!

犬ぶどう大丈夫

犬に食べさせてはいけない食べ物の中でも最近知られるようになったのが「ぶどう」です。

 

中毒症状や急性腎不全を起こす危険性があることがわかっていますが原因はハッキリしていません。

 

急性腎不全を起こしてしまうと、病状の進行が早く、最悪の場合死に至ることもあります。

 

食べてしまった場合は、早く症状や異変に気が付いて対処してあげることが、必要となります。ぶどうによる中毒について知って、今後は避けるべき食べ物の1つとして管理を徹底していきましょう。

 

 

ぶどうは絶対に与えないでほしいワン!

 

テーブルの上とか届くところにあると食べちゃうこともあるから気をつけてほしいワン!


犬がぶどうを食べると中毒や急性腎不全を発症する危険性がある

犬にとってぶどうは‘毒’!急性腎不全になることも!

犬にぶどうは中毒症状や腎不全を起こす危険性がある為、食べさせてはいけません。急性腎不全は、腎臓の機能が低下し、働かなくなる病気で、死に至る場合もあります。

 

2001年にアメリカで10匹の犬がぶどうを大量に摂取した後、急性腎不全を起こしたことを紹介したことから、知られるようになりました。

 

中毒を起こすぶどうの種類や生産環境、原因物質などはまだわかっていません。しかし、数々の症例からぶどうは、犬にとって‘毒’になることは確かです。

 

 

ぶどうを食べてしまった際に起きる症状

ぶどうを食べてから2〜3時間後から中毒症状があらわれ、2〜4日後に急性腎不全を発症することがあります。早い段階での治療が必要です。

 

中毒症状

  • 嘔吐、下痢
  • 元気がなくなる
  • 食欲不振
  • 水をたくさん飲む
  • 腹痛

 

急性腎不全の症状

  • 脱水
  • 嘔吐
  • 意識低下
  • 呼吸が荒い
  • 尿が出ない
  • 気力がない
  • 腎臓の痛みで背が丸くなる

急性腎不全は命にかかわる危険な病気です。

 

ぶどうの‘毒’によって、腎臓が突然機能不全になり、有害物質を体外へ排出できなくなった状態です。尿の量が急激に減ったら症状が悪化する可能性があるのですぐに病院へ連絡してください。

 

症例

体重2.5kgのマルチーズが種なしぶどう約70gを食べた5時間後から嘔吐、尿がでなくなり、2日後に病院を受診。入院で治療を受けたもののその後死亡した。
参考:http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06311/c1.pdf

 

皮ごと食べるとより危険

ぶどうは皮つきで食べた方が危険だと言われています。実だけでも危険ですが、皮つきにはさらに注意が必要です。

 

胃で膨らむレーズンはさらに危険

レーズンは、成分が凝縮しているので、皮付きぶどうよりも中毒を起こす可能性が高くなります。また、水分を含むと膨らむ為、体内で量が増えて大変危険です。レーズンパンやレーズンクッキーなど加工食品は盗み食いしてしまうこともあるので管理を徹底してください。

 

どのくらいの量で中毒症状が起きるのか?少しなら大丈夫?

 

中毒症状が起きる可能性がある、目安量としては、

  • ぶどうは体重1kgあたり32g(小型犬ならぶどう1房くらい)
  • レーズンは体重1kgあたり11〜30g(1粒 約0.6g)

と言われています。

 

中毒を発症する量や致死量は、個体差があります。少しなら大丈夫という保証はありませんので、食べさせないようにするのが一番安全です。

 

犬がぶどうを食べてしまった際の対処方法

様子を見る

「レーズンを2粒(約1.2g)たべてしまった」など少量を食べた場合は慌てず様子をみましょう。

 

動物病院に連絡する

「大量のぶどう(1房など)やレーズンを食べてしまった」場合は、症状が出ていなくてもすぐに動物病院に連絡しましょう。すぐに吐かせるよう指示があるかもしれません。

 

病院へ連絡する際は、いつ、どのくらいの量を食べたのかできるだけ詳しく伝えましょう。

 

病院での対応例

病院では、胃洗浄や点滴、血液検査などを行います。腎臓がダメージを受けた場合は、医療技術では回復することができません。点滴治療や対処療法で回復を待つ長期通院になることもあります。

 

まとめ

犬にとってぶどうは危険な食べ物のひとつです。

 

ぶどうを食べると中毒症状を起こし、数日後に急性腎不全を起こす危険性があります。レーズン>皮付きぶどう>ぶどうの実の順で毒性が増すことがわかっています。

 

しかし、現段階では、ぶどうの何が中毒症状を起こしているかハッキリしていません。ぶどうによる致死量や中毒発症量も犬によって違いますので、少しでも大丈夫と考えてはいけません。

 

急性腎不全は命の危険に関わる病気で、急速に悪化する為、一刻も早い治療が必要になります。対応が遅れると、障害が残り、死亡することもあります。

 

大量のぶどうを食べてしまった場合は、症状の有無にかかわらず、病院へ連絡してください。

 

パン君のドッグフード|よく読まれている記事

 

TOP⇒パン君のドッグフード

関連ページ

犬がチョコレートを食べたら危険?|中毒症状、応急処置【保存版】
犬がチョコレートを食べていいのか?ダメなのか?結論は、絶対に犬のチョコレートを食べさせてはいけません。ここでは、中毒症状と応急処置について詳しく解説していますので参考にして下さい。
犬に「バナナ」は大丈夫?食べれるけど注意点もある?!
バナナと言えば、栄養満点の果物ですね。そんなバナナを犬に食べさせても大丈夫なのか?またその効果と注意点とは?詳しくまとめているので参考にして下さい。
犬は「みかん」を食べられる?がん予防や免疫力アップに良い?
犬はみかんを食べても大丈夫なのか?結論から言えば、大丈夫です。むしろ、犬にとってみかんはとても健康への効果が期待できます。ここでは、みかんの働きと与える際の注意点などをご紹介しています。
犬が玉ねぎ、ネギ類を食べたら危険?|中毒症状、応急処置【保存版】
犬に玉ねぎは食べさせてはいけません。ここでは、犬が玉ねぎを食べてしまった際の、中毒症状と応急処置について詳しく解説していきます。
犬にいちごは大丈夫!皮膚病や歯周病予防にも◎
犬に「いちご」を与えてもいいの?結論としては、犬に「いちご」を食べさせても大丈夫です。むしろ、犬の健康によい栄養素をたくさん含んでいます。ですが、注意点もあるのでここでしっかり確認しておきましょう。
犬にヨーグルトは大丈夫!口臭予防や腸内環境を整える効果も◎
犬はヨーグルトを食べても大丈夫なのか?ここでは、ヨーグルトが犬にもたらす効果と与える際の注意点などをご紹介していきます。
犬にキャベツは大丈夫|免疫力アップ!ダイエットにもおすすめ
犬にキャベツを与えてもいいの?大丈夫です。犬にとってキャベツは栄養満点の食材です。ここでは、その効果と注意したいことなどをご紹介しています。
犬にブロッコリーは大丈夫!ガン予防や糖尿病対策に◎
犬はブロッコリーを食べても大丈夫です!ガン予防や糖尿病予防など様々な働きが期待できます。ここでは、ブロッコリーが犬にもたらす効果と与える際の注意点をご紹介しています。
犬はりんごを食べてもいい?|疲労回復や健康増進に◎
犬にりんごを与えても大丈夫!りんごには、疲労回復や健康増進の効果が期待できますよ。ここでは、リンゴが犬にもたらす効果と与える際の注意点をご紹介していますので参考にしてください。
犬に桃を食べさせてはいけないって本当なの?!
犬に桃を食べさせてはいけないのでしょうか?ここでは、犬に桃を食べさせる際の注意点と桃の栄養価について詳しくご紹介しています。
犬にトマトは大丈夫?!食べさせる際の注意点は?
犬にトマトは食べさせて大丈夫です。栄養価も高くとってもおすすめできる食材でもあります。ただ、トマトを食べさせる際には、注意すべきことがあります。犬にトマトと与える際の参考にして下さい。
犬に納豆は大丈夫!|納豆が犬にもたらす効果と注意点について
納豆は犬に食べさせても大丈夫です。栄養価も高いのでおすすめです。ただし、与える際の注意点もあります。ここでは、納豆が犬に与える効果と注意点について詳しく解説していますので参考にして下さい。
犬にチーズは大丈夫?!注意したい3つのこととは?!
犬にチーズを与えても大丈夫ですが、与える際に注意したいことが大きく3つあります。チーズは栄養価も高くおやつには最適です。注意点を理解して与えましょう。
犬にさつまいもは大丈夫!栄養価も高くおやつにピッタリ!
犬にさつまいもは与えても大丈夫ですよ。栄養価も高くおやつにもぴったりです。でも、犬にさつまいもを与える際の注意点もあるので、こちらを参考にして下さい。
犬に大根は食べさせて大丈夫!嬉しい効果もいっぱい!
大根は犬に食べさせても大丈夫です。犬に嬉しい効果もたくさんあるので、手作りご飯には是非入れてあげてください。ただ、注意点もあるのでしっかり確認してくださいね。
犬にきゅうりは大丈夫?!|与える際に注意したい3つのこと
きゅうりは犬に与えても大丈夫です。ただ与える際に注意したいことが大きく3つあります。犬にきゅうりを与えるまえに確認してくださいね。
犬にパンは大丈夫!?|与えたくないパンと注意点とは?
犬にパンを与えることは基本的には大丈夫です。ただ、パンの種類や原材料をしっかり確認することが大切になります。ここでは、犬にパンを与える際の注意点などをまとめご紹介していますので参考にしてください。
犬にお餅は危ない!与える際に注意することとは?
犬にお餅を与えても成分的には問題ありません。ただ、お餅は喉に詰まることがあるので注意して与える必要があります。また、老犬の場合、飲み込む力が弱くなっているので与えない方が良いです。
犬にメロンを食べていい?|その効果と注意点まとめ
犬にメロンは食べさせても大丈夫です。メロンはビタミンなどの栄養価も高いので犬の健康にもプラスになります。ただ、糖分が多いので注意も必要。犬にメロンを食べさせる際の参考にして下さい。
卵はアレルギーが心配?犬に卵を食べさせても大丈夫?
卵は栄養価の高い食品ですが、犬に食べさせても良いのでしょうか?ここでは、卵のアレルギーの危険性から与える際の注意点をご紹介しています。
ジャガイモには毒がある??犬に与えてはいけないの?
じゃがいもは犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にじゃがいもを食べさせる際の注意点などをご紹介しています。
ニンジンは生のまま食べても大丈夫?犬に与えるときの注意点とは?
犬ににんじんを与えても問題はありません。栄養価も高く積極的に与えたい食品です。ただし。にんじんを与える時に注意したい点もありますのでご紹介します。
犬に牛乳は絶対ダメって本当?なぜ与えてはいけないの??
栄養価も高い牛乳ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?良いという意見と悪い意見がありどっちか迷ってしまいますよね。ここでは、牛乳の成分から犬に与えても良いのか詳しく説明します。
犬はイカを食べても大丈夫?猫は腰を抜かすっていうけれど・・・
犬はイカを食べても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にイカを与える際の注意点やちょっと気になる猫とイカについてもご紹介していきます。
豆腐を犬に与えるときに注意することは?食べさせても大丈夫?
犬に豆腐を食べさせても大丈夫なのか?また、与える際の注意点はあるのか?詳しくご紹介しています。