犬が玉ねぎ(ネギ類)を食べてはいけない理由

犬玉ねぎ

「犬に玉ねぎを食べさせてはいけない」ということを知っている飼い主さんは多いようですが、「玉ねぎ以外のネギ類、たとえばニンニクや長ネギなども食べさせてはいけない」ことや「加熱した玉ねぎやネギ類も食べさせてはいけないということ」まで知っていましたか?

 

私たち人間にとっては、年中口にするといっても良い玉ねぎやネギ類は、血液サラサラ効果があり、健康維持にも良いとされていますが、犬にとっては「毒入り野菜」といっても良いほど危険な食べ物で玉ねぎ中毒を起こし、最悪の場合死亡することもあります。

 

では、なぜ犬が玉ねぎ中毒になってしまうのか、どのような症状が出る可能性があるのか、食べてしまった場合の対応策など具体的に紹介します。

 

 

ネギ類は犬にとって本当に危険なんだワン!気をつけて欲しいワン!


 

 

犬の玉ねぎ中毒症状とは?

「玉ねぎ中毒」とは、犬や猫などが玉ねぎ(ネギ類)を食べることで発症する食中毒のことです。

 

玉ねぎ中毒は、玉ねぎを含むネギ類(長ネギ、ニンニク、ニラなど)に多く含まれている「アリルプロピルジスルファイド」という成分が、赤血球の中に含まれるヘモグロビンを破壊し溶血性貧血(赤血球が破壊されることで起きる貧血のこと)を起こします。

 

アリルプロピルジスルファイドは人間にとっては無害ですが、犬や猫などにとっては‘毒’ともいえる危険な成分なのです。

 

玉ねぎ中毒の具体的な症状としては

  • 心臓の鼓動が早くなる
  • 歯茎が白くなる
  • 血色素尿(赤ワインの色のような尿)
  • 下痢
  • 痙攣、嘔吐
  • 貧血(フラフラ、元気がない)
  • 黄疸(眼球の白目部分が黄色)

などがあり、「目」「心臓の鼓動」「排泄物」に異常が出やすいので注意して観察しましょう。慢性症状(長引く症状)としては「肝臓機能の低下」があります。

 

特に赤ワインのような色のおしっこがでたら玉ねぎ中毒による溶血性貧血の可能性が高いので要注意です。最悪の場合、死亡したケースもあるので、犬にとっては大変危険な食べ物と言えます。

 

玉ねぎ(ネギ類)を加熱しても、アリルプロピルジスルファイドの毒性は消えない為、加熱調理済であっても食べさせてはいけません。玉ねぎの入ったハンバーグ、カレー、肉じゃが、ネギの入ったすき焼きなども毒性は変わらないので食べさせない、食べられないよう注意が必要です。

 

 

少しでも玉ねぎを使った料理は、一切犬に食べさせてはいけません。体質によっては、玉ねぎが入ったスープを一舐めしただけで中毒になる子もいます。


 

犬が玉ねぎを食べてから症状が出るまでの時間は?

玉ねぎ中毒は、誤食してから発症まで1日〜3,4日程度かかります。

 

すべての犬が必ず玉ねぎ中毒を起こすということではなく、玉ねぎを食べてしまっても何ともなかったという犬もいます。

 

すでに玉ねぎやネギ類を食べてしまって時間がたっている場合は慌てずに、犬の体調の変化をみて動物病院へ相談してみましょう。

 

特に症状がでていない場合は、そのまま様子をみてくださいと指示されることが多いようです。

 

数日後に症状がでることが多い為、犬が勝手に食べてしまっていた場合などは玉ねぎ中毒のと思わず、何故かわからないけれど具合が悪いという状況になってしまいます。

 

このことからも、日頃から玉ねぎや、ネギ類を食べられないよう管理しておくことは愛犬を玉ねぎ中毒から守る予防法としてとても大切なことです。

 

玉ねぎ中毒の致死量|少量でも気を付けて!

人間が食中毒になるときも、10人中10人が全く同じ症状が出ないように、玉ねぎ中毒も、犬の体質によって症状に違いがあります。

 

どのくらい食べると危険なのかはあくまでも目安であり、致死量などもはっきり示すことは難しいとされています。

 

大量に食べると危険度は増しますが、少量でも中毒症状を起こすことがある為、量に関係なく、食べさせないことが重要です。

 

どれだけ食べると症状がでるのか?

体重1kgあたり15〜20gを超えると危険です。しかし、上記したようにタマネギのだし汁をなめただけでも中毒を起こしてしまう子もいます。

 

※個体差があるので、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけでも重篤になってしまう子もいます。
引用元:山田動物病院

 

生の玉ねぎを犬が勝手に食べてしまったというのは少ないようで、大抵は調理した料理の盗み食いや飼い主さんがあげてしまうケースが多いようです。

 

玉ねぎ中毒の応急処置、対処方法とは?

玉ねぎ中毒の危険性ついて知ってからは、愛犬が玉ねぎを食べてしまった!どうしよう死んでしまうの!?といざという時心配が大きく、パニックになるかもしれません。

 

落ち着いて対応する為に応急処置や対処方法を知っておく必要があります。

 

  • 玉ねぎを食べた直後(食べるところを見た)でしょうか?
  • 玉ねぎを食べた様子はみてないが、中毒症状かもしれない(誤食から時間が経過している)のでしょうか?

 

この2つのケースが考えられます。どちらのケースでも、まずは動物病院への連絡をしましょう。獣医からの指示で食べた直後であれば、吐かせてから来院する場合もあります。

 

に誤食したものを吐かせる方法としては、

 

食塩で吐かせる方法(若い健康な犬で行える方法)

食塩をスプーン1〜7杯くらい舌の上にのせて飲ませます。辛さで水を沢山飲み、その後嘔吐する可能性が高です。

 

オキシドールで吐かせる方法

オキシドールは胃酸と反応して水と酸素になります。その酸素ガス(泡)が胃内に大量に溜まることで吐き出させます。

 

オキシドールは刺激性がありますので、もし胃に傷があった場合は、胃の損傷を悪化させる可能性があります。

 

このような方法があります。実際に獣医の指示に従って行ってください。慌てて‘「吐かせなくては!」と素人判断で犬に処置を行うと大変危険です。

 

犬の玉ねぎ中毒まとめ

犬に玉ねぎ(ネギ類)を絶対に食べさせてはいけません。

 

犬が玉ねぎ(ネギ類)を食べると、玉ねぎ(ネギ類)に含まれる「アリルプロピルジスファイド」という成分が赤血球のヘモグロビンを破壊することによって玉ねぎ中毒を起こすことがあるからです。

 

加熱調理しても毒性は消えない為、玉ねぎ(ネギ類)を使用した料理も食べさせてはいけません。症状が出るまで1日〜3,4日かかることが多く、犬の体格、体質によって致死量や中毒症状も違います。多量に食べると危険度(毒性)が増しますが、少量でも中毒症状が強く現れる犬もいるので油断は禁物です。最悪の場合 死亡することがあるということも頭に入れておきましょう。

 

玉ねぎを食べた直後であれば吐かせることが症状を軽減させる処置となりますが、無理に吐かせようとせずに、動物病院へ連絡して適切な指示をうけることが大切です。

 

今まで玉ねぎやネギ類を食べさせていて、特に症状がなかったという場合も、今後は予防として食べさせないように飼い主さんが注意してあげましょう。

 

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード

関連ページ

犬がチョコレートを食べたら危険?|中毒症状、応急処置【保存版】
犬がチョコレートを食べていいのか?ダメなのか?結論は、絶対に犬のチョコレートを食べさせてはいけません。ここでは、中毒症状と応急処置について詳しく解説していますので参考にして下さい。
犬に「バナナ」は大丈夫?食べれるけど注意点もある?!
バナナと言えば、栄養満点の果物ですね。そんなバナナを犬に食べさせても大丈夫なのか?またその効果と注意点とは?詳しくまとめているので参考にして下さい。
犬は「みかん」を食べられる?がん予防や免疫力アップに良い?
犬はみかんを食べても大丈夫なのか?結論から言えば、大丈夫です。むしろ、犬にとってみかんはとても健康への効果が期待できます。ここでは、みかんの働きと与える際の注意点などをご紹介しています。
犬にいちごは大丈夫!皮膚病や歯周病予防にも◎
犬に「いちご」を与えてもいいの?結論としては、犬に「いちご」を食べさせても大丈夫です。むしろ、犬の健康によい栄養素をたくさん含んでいます。ですが、注意点もあるのでここでしっかり確認しておきましょう。
犬にぶどうは大丈夫!?腎不全や中毒症状の危険性がある!
犬にぶどうを食べさせてもいいの?結論としては、絶対にダメです。ここでは、なぜ犬にぶどうを食べさせてはいけないのか?食べてしまった際の対処方法などをご紹介しているので参考にして下さい。
犬にヨーグルトは大丈夫!口臭予防や腸内環境を整える効果も◎
犬はヨーグルトを食べても大丈夫なのか?ここでは、ヨーグルトが犬にもたらす効果と与える際の注意点などをご紹介していきます。
犬にキャベツは大丈夫|免疫力アップ!ダイエットにもおすすめ
犬にキャベツを与えてもいいの?大丈夫です。犬にとってキャベツは栄養満点の食材です。ここでは、その効果と注意したいことなどをご紹介しています。
犬にブロッコリーは大丈夫!ガン予防や糖尿病対策に◎
犬はブロッコリーを食べても大丈夫です!ガン予防や糖尿病予防など様々な働きが期待できます。ここでは、ブロッコリーが犬にもたらす効果と与える際の注意点をご紹介しています。
犬はりんごを食べてもいい?|疲労回復や健康増進に◎
犬にりんごを与えても大丈夫!りんごには、疲労回復や健康増進の効果が期待できますよ。ここでは、リンゴが犬にもたらす効果と与える際の注意点をご紹介していますので参考にしてください。
犬に桃を食べさせてはいけないって本当なの?!
犬に桃を食べさせてはいけないのでしょうか?ここでは、犬に桃を食べさせる際の注意点と桃の栄養価について詳しくご紹介しています。
犬にトマトは大丈夫?!食べさせる際の注意点は?
犬にトマトは食べさせて大丈夫です。栄養価も高くとってもおすすめできる食材でもあります。ただ、トマトを食べさせる際には、注意すべきことがあります。犬にトマトと与える際の参考にして下さい。
犬に納豆は大丈夫!|納豆が犬にもたらす効果と注意点について
納豆は犬に食べさせても大丈夫です。栄養価も高いのでおすすめです。ただし、与える際の注意点もあります。ここでは、納豆が犬に与える効果と注意点について詳しく解説していますので参考にして下さい。
犬にチーズは大丈夫?!注意したい3つのこととは?!
犬にチーズを与えても大丈夫ですが、与える際に注意したいことが大きく3つあります。チーズは栄養価も高くおやつには最適です。注意点を理解して与えましょう。
犬にさつまいもは大丈夫!栄養価も高くおやつにピッタリ!
犬にさつまいもは与えても大丈夫ですよ。栄養価も高くおやつにもぴったりです。でも、犬にさつまいもを与える際の注意点もあるので、こちらを参考にして下さい。
犬に大根は食べさせて大丈夫!嬉しい効果もいっぱい!
大根は犬に食べさせても大丈夫です。犬に嬉しい効果もたくさんあるので、手作りご飯には是非入れてあげてください。ただ、注意点もあるのでしっかり確認してくださいね。
犬にきゅうりは大丈夫?!|与える際に注意したい3つのこと
きゅうりは犬に与えても大丈夫です。ただ与える際に注意したいことが大きく3つあります。犬にきゅうりを与えるまえに確認してくださいね。
犬にパンは大丈夫!?|与えたくないパンと注意点とは?
犬にパンを与えることは基本的には大丈夫です。ただ、パンの種類や原材料をしっかり確認することが大切になります。ここでは、犬にパンを与える際の注意点などをまとめご紹介していますので参考にしてください。
犬にお餅は危ない!与える際に注意することとは?
犬にお餅を与えても成分的には問題ありません。ただ、お餅は喉に詰まることがあるので注意して与える必要があります。また、老犬の場合、飲み込む力が弱くなっているので与えない方が良いです。
犬にメロンを食べていい?|その効果と注意点まとめ
犬にメロンは食べさせても大丈夫です。メロンはビタミンなどの栄養価も高いので犬の健康にもプラスになります。ただ、糖分が多いので注意も必要。犬にメロンを食べさせる際の参考にして下さい。
卵はアレルギーが心配?犬に卵を食べさせても大丈夫?
卵は栄養価の高い食品ですが、犬に食べさせても良いのでしょうか?ここでは、卵のアレルギーの危険性から与える際の注意点をご紹介しています。
ジャガイモには毒がある??犬に与えてはいけないの?
じゃがいもは犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にじゃがいもを食べさせる際の注意点などをご紹介しています。
ニンジンは生のまま食べても大丈夫?犬に与えるときの注意点とは?
犬ににんじんを与えても問題はありません。栄養価も高く積極的に与えたい食品です。ただし。にんじんを与える時に注意したい点もありますのでご紹介します。
犬に牛乳は絶対ダメって本当?なぜ与えてはいけないの??
栄養価も高い牛乳ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?良いという意見と悪い意見がありどっちか迷ってしまいますよね。ここでは、牛乳の成分から犬に与えても良いのか詳しく説明します。
犬はイカを食べても大丈夫?猫は腰を抜かすっていうけれど・・・
犬はイカを食べても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にイカを与える際の注意点やちょっと気になる猫とイカについてもご紹介していきます。
豆腐を犬に与えるときに注意することは?食べさせても大丈夫?
犬に豆腐を食べさせても大丈夫なのか?また、与える際の注意点はあるのか?詳しくご紹介しています。