犬も風邪ひくの?症状と対策方法とは?

犬風邪

愛犬が、咳やくしゃみをする・鼻水が出ている・呼吸が苦しそう・・・いわゆる人間で言うところの「風邪」の症状とピッタリ!

 

犬も人間と同じように風邪をひくのでしょうか?答えはNOです。

 

今回は、愛犬に風邪のような症状が出たときに考えられる病気や、その予防法・対処法について、お話ししていきます。

 

犬も風邪をひくの?

犬には「風邪」と呼ばれる病気はない

 

私たちは、咳・くしゃみ・鼻水・発熱などの症状が続く状態を「風邪」と言いますが、実は「風邪」は正式な病名ではありません。風邪とは、主にウイルスの感染により起こる、急性の呼吸器疾患の総称です。

 

犬にも人間の風邪と同じような症状が出ることがありますが、やはり犬にも、風邪という病気は存在しません。犬の風邪のような症状は、人間とは異なる特定のウイルスが原因となって起こります。

 

飼い主さんに分かりやすく説明するために、犬が風邪をひくという表現をされる獣医師さんもいらっしゃいますが、犬の場合は正式には「呼吸器感染症」と診断されます。

呼吸器感染症の原因になっているのは?

人間とは異なるウイルスや細菌が原因

犬に風邪のような症状が出る主な原因は、免疫力の低下です。免疫力は、気温や湿度の変化・生活環境からのストレスによっても低下します。

 

免疫力が低下することで、体内に侵入したウイルスに対する防御機能が上手く働かなくなってしまうのです。

 

寒くなると体力や免疫力が低下して、ウイルスに感染しやすくなるのは、人間も犬も同じです。とくに冬は空気が乾燥していますので、粘膜が弱くなり呼吸器疾患を引き起こしやすくなります。

 

呼吸器感染症の原因となるウイルスは乾燥や寒さに強いため、冬に発症した場合、症状が長引きやすい傾向にあります。

 

飼い主さんから愛犬、愛犬から飼い主さんへの感染はない

犬の風邪のような症状は、人間とは異なるウイルスや細菌が原因となって起こります。症状は似ていても、飼い主さんから愛犬、愛犬から飼い主さんへ感染するようなことはありません。

咳やくしゃみ・鼻水・発熱・・・風邪のような症状があらわれる怖い病気がある

犬風邪

愛犬の風邪のような症状が長引いている場合、疑ってほしい病気があります。

 

発症した犬からの接触感染(目やに・鼻水・痰・唾液・便・尿などに接触)や飛沫感染(咳・くしゃみで空中に飛んだウイルスを吸い込む)により伝染する、さまざまなウイルス性感染症です。

 

代表的なウイルス性感染症には、「ケンネルコフ」「犬ジステンパー」「犬アデノウイルスU型感染症」「犬パラインフルエンザ」などがあります。このほかにも、寄生虫が原因の「フィラリア症」も、風邪のような症状が出ます。

犬の風邪のような症状を引き起こす主な病気と症状

【犬ジステンパー】

鼻水・目やに・発熱・食欲不振といった症状が進行していくと、咳・くしゃみなどの呼吸器症状や、嘔吐・下痢などの消化器症状があらわれます。

 

さらに進行すると、脳にまで感染してさまざまな神経障害を起こす場合もあります。伝染性・死亡率がとても高く、回復後も麻痺やチック症状が残ることもある怖い病気です。

 

免疫力が低い幼犬や老犬、ほかの病気で免疫力が低下している犬が発症した場合、重症化しやすい傾向にあります。

 

【犬アデノウイルスU型感染症】

単独感染では、咳・くしゃみ・鼻水・扁桃腺炎など比較的軽い呼吸器症状を起こします。そのほかのウイルスや細菌と複合感染することで症状が重くなります。

 

【犬パラインフルエンザ】

単独感染では、咳・鼻水・扁桃腺炎など比較的軽い呼吸器症状を起こします。そのほかのウイルスや細菌と複合感染することで、症状が重くなります。

 

【ケンネルコフ】

「犬アデノウイルスU型感染症」や「犬パラインフルエンザ」などのウイルスのほか、気管支敗血症菌などの細菌に1つから複数同時に感染することにより発症します。

 

致死的な感染になるケースは少なく、発作性の咳が長く続くのが特徴です。

 

【フィラリア症】

初期段階や寄生虫が少ない場合は、ほとんど症状は出ません。

 

症状が進行していくと、咳が出るなど呼吸器症状がひどくなり、腹水でお腹が膨れたり四肢のむくみが見られるようになります。

 

フィラリアが多数寄生している場合には、血尿や呼吸困難によって倒れこむといった急性症状を起こすことがあります。

混合ワクチンと予防薬

発症すると重篤な症状を引き起こす、ウイルス性感染症や寄生虫が原因のフィラリア症。これらは、幸いにも予防することができます。

 

ウイルス性感染症の犬ジステンパー・犬アデノウイルスU型感染症・犬パラインフルエンザは、1年に1回混合ワクチンを接種するようにしましょう。

 

フィラリア症についても、投与期間を守って毎年きちんと予防薬を投与すれば、予防することができます。

愛犬が風邪のような症状を起こさないために『予防方法』

犬風邪

愛犬のために日ごろから飼い主さんがしてあげられること

清潔にする

多頭飼いのご家庭では、同じ食器で食事をさせることで感染する場合があります。普段から、食器や飲み水を別にするといった工夫もおすすめです。

 

犬が集まるような場所へのお出掛けは、感染のリスクが高まります。毎年のワクチン接種と予防薬を忘れないようにしましょう。

 

咳・くしゃみによる飛沫感染を予防するためには、室内の換気が大事です。できるだけこまめに、空気の入れ替えを行いましょう。空気清浄機を設置するのも良いですね。

 

愛犬が生活するスペースはこまめにお掃除して、普段から快適に過ごせる環境作りを心がけてあげましょう。

 

温度と湿度に気をつける

最近はどのご家庭でも冷暖房完備で、室内で飼われている犬は1年中快適に過ごせる環境下で暮らしています。

 

ですが、暖め過ぎたり冷やし過ぎると、外出時の急激な温度変化に体が対応できなくなってしまいます。愛犬の体に負担がかからないよう、温度設定には気をつけてあげてくださいね。

 

冬のお出かけの際は、寒さに弱い子はお洋服で防寒対策をしてからお出かけするようにしましょう。空気が乾燥する冬はもちろんのこと、エアコンの効いたお部屋では夏でも空気が乾燥しがちです。

 

ウイルスは乾燥に強いため、加湿器などを利用して、室内の湿度が適度に保てる工夫をしましょう。ウイルスの住みづらい環境作りを考える必要があります。

 

気管への負担をかけさせない

もともと呼吸器系が弱い子は、呼吸器疾患に感染しやすくなります。

 

ほかにも、普段から吠え癖がある子は、吠えるたびに気管に負担がかかっていますし、引っぱり癖がある子は、引っぱるたびに首輪が気管を圧迫して負担をかけています。

 

吠え癖は、吠えさせないようにしつける。引っぱり癖が直らない場合は、気管に負担をかけない胴輪を使用するのもおすすめです。

風邪のような症状が出た場合の対処法

犬の風邪のような症状には、咳やくしゃみ・鼻水・発熱・食欲不振・元気喪失など、実にさまざまな症状があります。

 

初期症状は、くしゃみをしたり水っぽい鼻水が出る程度です。初期段階で飼い主さんが気づいてあげるのは難しいかもしれませんが、見極めるポイントがいくつかあります。

 

「鼻水の色」と「目やに」に注目してください。水っぽかった鼻水が黄色く粘ついたものに変化していき、鼻に入った病原体が目まで広がって、目やにがたくさん出るようになります。

 

犬は嗅覚で食事を楽しんでいるので、鼻が詰まって匂いが分からなくなってしまうと、通常は食欲もなくなります。熱があれば、元気がなくなって動きたがらないはずです。

 

愛犬に風邪のような症状が見られたら、静かな場所を確保してあげて、体を冷やさないように暖かくして、ゆっくり休ませてあげてください。

 

食欲があるようなら、いつもと同じ食事内容で問題ありません。愛犬の様子を見ながら、状況に応じて栄養のある食事・消化の良い食事などに変更してくださいね。

病院に連れて行くタイミングは?

ご自身で判断が難しいと思われたら、迷わず動物病院へ連れて行きましょう。

 

犬の風邪のような症状には、命にかかわる大きな病気のサインが隠れていることがあります。安易に考えず、早めに受診してください。

 

動物病院では症状に応じて、「抗生物質」「消炎鎮痛剤」「気管支拡張剤」などが処方されます。

 

下痢や嘔吐で脱水症状になっているような場合は、水分や栄養分を補うため点滴の処置を行います。

 

また、原因を特定する必要があると判断された場合は、抗体検査やPCR検査を行うこともあります。これらの検査で、何のウイルスに感染したのかを判断することができます。

 

重篤な症状を除き、治療は投薬治療がほとんどになります。ご自宅では、愛犬が安静に休める環境を整えてあげましょう。

品質の良いドッグフードで健康な体を作る

市販のドッグフードの中には、犬の健康を考えて作られたとは到底思えないような、低品質のドッグフードが数多くあります。

 

ドッグフードを購入するときは、必ず原材料を確認するクセをつけましょう。

 

飼い主さんが与えるドッグフードで、愛犬の体は作られます。大事な愛犬のために、高品質で安心できるドッグフードを正しく選んであげてくださいね。

 

パン君が選ぶ安心安全のドッグフード|ドッグフードの選び方もご紹介

まとめ

日ごろから、愛犬にとって必要な食事内容や運動量を考えてあげて、免疫力を高めておくことが何よりの予防になります。

 

愛犬が快適に過ごせる環境を作ってあげることも、大事ですね。ウイルスに負けない元気な体を作ってあげましょう!

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード