犬の「下痢・吐く」の原因と対処法!同時にあらわれたら危険な病気?

犬に比較的よく見られる、下痢をする吐くという症状。

 

一時的な体調不良が原因の場合は様子見で問題ありませんが、中には大きな病気のサインとしてあらわれる場合もあるため、注意が必要です。

 

今回は、犬の症状「下痢」「吐く」の原因と対処法について、お話ししていきます。

 

犬の下痢は、異常がある場所によって症状が異なる

犬の下痢は、小腸に異常がある場合大腸に異常がある場合の2種類ありそれぞれ症状が異なります。

 

小腸性下痢

 

小腸には、食べ物を消化・吸収する役割があります。小腸に異常がある場合のウンチは、1回の量は多くなりますが回数はそれほど増えません。

 

ウンチの状態は、軟便から水っぽいものまでさまざまです。また、小腸に出血がある場合はウンチの色が黒っぽくなります。

 

小腸が原因の下痢が長期にわたって続くような場合は、嘔吐・脱水・体重減少などの症状も見られます。

 

大腸性下痢

 

大腸には、水分吸収を行う役割があります。大腸に異常がある場合のウンチは、1回の量はいつもと同じか少なめになりますが、回数は頻繁になります。

 

ウンチの状態は、軟便で粘液が混ざっていることが多く粘り気があります。また、大腸に出血がある場合は、血便が出ることがあります。

 

大腸性下痢の場合は栄養はすでに体内に吸収されているため、体重の減少はあまり見られません

犬が下痢をする原因

犬が下痢をする原因は、食べ過ぎ・ストレスといった些細なものから感染症などの深刻な病気まで、幅広く見られます。

 

一番多い原因は「食べ物」

 

犬の下痢の原因で一番多いのが食べ物です。愛犬が下痢をしたら、まずは食べたものを振り返ってみましょう。

 

ドッグフードのパッケージに記載されている給餌量は、ひとつの目安だと思ってください。

 

与え方(給餌量や回数など)は、愛犬の犬種・年齢・体質、季節やその日の運動量に応じて、日々調整してあげる必要があります。

 

ドッグフードの切り替え

 

ドッグフードを違うものに切り替えるときも、下痢を起こしやすくなります。いきなり切り替えると胃腸に負担がかかってしまいますし、食べ慣れないドッグフードに警戒してストレスを感じる子もいます。

 

愛犬の様子やウンチの状態を見ながら、2〜3週間かけて新しいドッグフードの割合を増やしていき、ゆっくり慣らしてあげるようにしましょう。

 

手作り食

 

手作り食は、ドッグフードと違いウンチの状態が安定しにくいという問題があります。愛犬に与えるご飯の材料や調理方法によって、軟便・便秘・下痢の症状を引き起こすことがあります。

 

体を冷やす食材もありますので、愛犬の食事内容を今一度見直してみてください。

 

拾い食い

 

拾い食いのクセがある子は、お散歩中に拾い食いをしたもの(腐ったもの・異物など)が下痢の原因になっているかもしれません。

 

中毒症状を引き起こす植物やたばこの吸い殻など、道端には危険なものがたくさんあります。愛犬の安全のためにも、拾い食いのクセはやめさせましょう。

犬はデリケート!「ストレス」が原因となることもある

犬は私たちが思っているよりもずっとデリケートで、環境の変化に弱い生き物です。愛犬が下痢をするような出来事がなかったか、ここ数日の生活環境を振り返ってみましょう。

 

飼い主さんと長時間離れるトリミングやお留守番・イベント・来客・長距離のお出掛けが、愛犬にとってストレスになっているかもしれません。

 

気温・気圧の変化や、体を冷やしたことが原因で下痢をすることもあります。子犬や高齢犬はとくに体温調節が苦手で体力も弱いため、日ごろから気をつけてあげたいですね。

「寄生虫・ウイルス感染・細菌感染・内臓疾患」が原因の下痢

 

寄生虫・ウイルス感染・細菌感染が原因で、犬が下痢をすることがあります。

 

寄生虫(回虫症・鞭虫症・瓜実条虫症・鉤虫症・ジアルジア症など)

 

慢性的な下痢・食欲不振・体重減少・嘔吐・お腹をさわると痛がる、などの症状が見られます。

 

ウイルス感染・細菌感染(大腸菌・サルモネラ菌・犬パルボウイルス感染症・犬ジステンパーウイルス感染症など)

 

血や粘膜が混じったウンチ・元気喪失・発熱・嘔吐などの症状が見られます。放っておくと命にかかわることもある怖い病気です。

 

日ごろから、愛犬の食材・食器・専用スペースなどの衛生面には気を配ってください。幸いにもワクチン接種で予防できる病気が多いので、年1回のワクチン接種は必ず受けるようにしましょう。

 

ほかにも、ガン・潰瘍・肝炎・膵炎・腎炎・過敏性腸症候群など、内臓疾患が原因となることもあります。

愛犬が下痢をしたときの対処法

犬の下痢の原因が分かったところで、次は緊急かどうかの見極め方と対処法について、お話ししていきます。

 

様子見でOK

 

  • 元気がある
  • 食欲がある
  • 食べ過ぎや食べ慣れないものを食べたなど、飼い主さんが原因を把握している
  • 下痢以外に気になる症状が見られない場合

 

下痢をしていても元気があるようなら、それほど心配する必要はありません。愛犬が比較的元気で、下痢以外にとくに気になる症状が見られないときは、一過性の下痢だと考えられます。

 

食事の量はいつもの1/3か1/4程度にし、消化の良いものを胃腸に負担をかけないように、何回かに分けて与えてあげましょう。

 

ドッグフードをお湯でやわらかくして与えるのも良いですね。水分補給にもなります。その場合は、熱湯はドッグフードに含まれる栄養素を壊してしまうので、ぬるま湯を使うようにしてください。

 

食事と同じように、水分もいつもより少なめに回数を分けて与えるようにしましょう。

 

診察の必要あり

 

  • 元気がない
  • 食欲がない
  • 下痢が2日以上続く
  • 下痢以外に気になる症状が見られる場合(血便を伴う下痢や嘔吐など)

 

愛犬が2日以上下痢をしている場合は、早めに受診するようにしましょう。下痢が続くと体力を消耗します。脱水にも注意が必要です。

 

元気がなく食欲もないような場合や、血便を伴う下痢・嘔吐などの症状が見られる場合は、深刻な病気にかかっている可能性があります。がんばってご自宅で治そうとせずに、できるだけ早急に受診してください。

 

胃腸を休めるために24時間絶食・12時間絶水をするという方法がありますが、注意点があります。

 

生後3か月以内の子犬・小型犬・老犬や糖尿病を発症している場合は、飼い主さんの判断で絶食をしないでください。6〜12時間の絶食でも低血糖症になることがあるため、とても危険です。

 

下痢をしている場合は脱水症状を起こしやすくなっていますので、絶水もあまりおすすめできません。絶食・絶水は、獣医師の指導のもとで行うのが安全だと言えるでしょう。

 

※動物病院では、輸液を行ないながら安全に絶食・絶水させます

 

人間用の整腸剤やサプリメントを与えるという情報もありますが、いきなり情報をうのみにせず、まずは獣医師やペット栄養管理士にご相談ください。

 

愛犬に乳製品のアレルギーがなければ、日ごろから腸内環境を整えるために、ヨーグルトを与えてあげるのがおすすめです。

犬の「吐く」は3種類ある

犬吐く

犬が吐くのは、体内の異物を押し出そうとする生理的な現象ですが、空腹やストレスといったあまり心配のないものから内臓疾患まで、吐く原因はさまざまです。

 

犬の「吐く」症状は、「嘔吐」「吐き出し」「嚥下困難(えんげこんなん)」の3つに分類されます。まずそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

吐き出し

 

  • 症状・・・元気がある
  • 吐き方・・・勢いよく前に飛ばすように吐く・吐いたものを口にしようとする
  • 吐物・・胃や小腸に達するまえに食べ物が吐き戻されるため、消化されていない

 

嘔吐

 

  • 症状・・・元気がない
  • 吐き方・・・下を向いて吐く・吐いたものを口にすることはあまりない
  • 吐物・・・・胃や小腸まで食べ物が達してから吐き戻されるため、吐物はある程度消化されている

 

嚥下困難(えんげこんなん)

 

  • 症状・・・咳き込む・食べにくそうな様子が見られる
  • 吐き方・・・食べ物を飲み込むことができず吐き戻してしまう・ヨダレを伴うこともある
  • 吐物・・・飲み込む前に食べ物が吐き戻されるため、消化されていない

 

嚥下困難は嚥下性肺炎を引き起こすこともあるため、注意する必要があります。愛犬に嚥下困難の症状が見られたら、早めに受診しましょう。

3つの「吐く」の中で要注意は「嘔吐」

「嘔吐」「吐き出し」「嚥下困難(えんげこんなん)」は原因が別のところにあるため、それぞれ対処法も違います。愛犬が吐いた場合は、どの「吐く」なのかを見極めることが大切です。

 

「吐く」の中でも、「嘔吐」の場合は要注意です。嘔吐の主な原因には以下のようなものがあります。

 

一番多い原因は「食べ物」

 

犬の嘔吐の中で一番多い原因は、食べ物です。愛犬が嘔吐した場合は、まずは食べたものを振り返ってみましょう。

 

  • 食べ過ぎ
  • 食べ慣れないものを食べた
  • 傷んでいるものを食べた

 

ほかにも、お散歩中に拾い食いをしたもの(腐ったもの・異物・中毒症状を引き起こす植物・たばこの吸い殻など)が嘔吐の原因になっているかもしれません。

 

「胃拡張」や「胃捻転」が原因の嘔吐

 

胃拡張と胃捻転は、大型犬が発症しやすい病気です。ジャーマン・シェパードやドーベルマンなど胸の深い大型犬にとくに多く見られますが、中型犬・小型犬でも発症する病気です。

 

胃拡張や胃捻転の予防には、食事やお水を一度に大量に与えないことが大切です。早食いや一気飲みをさせないためにも、回数を分けて与えてあげると良いですね。

 

食後すぐの運動も危険です。食後にお水を飲んですぐに運動すると、胃の中のガスが発酵し(胃拡張)、胃がねじれる胃捻転を起こしやすくなります。

 

胃捻転は命に関わる危険な病気ですから、食事・お水の与え方や食後の休息など工夫してあげて、日ごろから予防を心がけましょう。

 

嘔吐の原因はほかにも、アジソン病(副腎皮質機能低下症)や肝臓・脾臓などの病気、下痢と同じように、寄生虫・ウイルス感染・細菌感染などが考えられます。

愛犬が吐くときの対処法

犬吐く

犬の「吐く」の種類と、その中でも要注意の「嘔吐」の原因が分かったところで、次は緊急かどうかの見極め方と対処法について、お話ししていきます。

 

様子見でOK

  • 元気がある
  • 食欲がある
  • 食べ過ぎや食べ慣れないものを食べたなど、飼い主さんが原因を把握している
  • 吐く以外に気になる症状が見られない場合

 

愛犬が元気で食欲もあり、吐く以外にとくに気になる症状が見られないときは、それほど心配する必要はありません。

 

吐物が白い液体(胃液)・黄色い液体(胆汁)の場合は、空腹が考えられます。

 

この場合は、食事を小分けにして回数を分けて与えてあげるようにしましょう。食事の間隔を短くしてあげることで、改善できます。

 

診察の必要あり

  • 元気がない
  • 食欲がない
  • 吐く以外に気になる症状が見られる場合(血が混じった吐物・血便・下痢など)

 

吐く以外にも気になる症状が見られたリ、元気がなく食欲もないような場合は、深刻な病気にかかっている可能性が考えられます。吐物に血液が混じっているような場合、とくに吐物が茶色の場合は、深刻な病気が疑われます。

 

吐く症状が続くと体力が消耗しますし、急激な血圧低下を招きショック症状が起こることもあり危険です。ご自身で判断が難しいと思われたら、できるだけ早急に受診してください。

 

【愛犬が下痢をしたときの対処法】でもお話ししましたが、胃腸を休めるために24時間絶食・12時間絶水をするという方法がありますが、犬によっては低血糖症や脱水を引き起こす危険もあります。

 

愛犬の安全を考えて、絶食・絶水は獣医師の指導のもとで行うようにしてください。

「下痢」「吐く」の症状が同時にあらわれたら危険?

「下痢」「吐く」の症状が同時にあらわれる場合は、深刻な病気にかかっている可能性があります。

 

ガンや潰瘍などの内臓疾患・寄生虫・ウイルス感染・細菌感染など、考えられる病気はさまざまですが、なかでもウイルス感染・細菌感染の場合は、症状が急変しやすく一刻も早く受診する必要があります。

 

大腸菌・サルモネラ菌・犬パルボウイルス感染症・犬ジステンパーウイルス感染症などを発症すると、下痢・嘔吐・震え・高熱(39.5℃より高い熱が続く)といった重篤な症状があらわれます。

 

子犬や高齢犬など体力・抵抗力が十分でない犬は、症状が重症化しやすい傾向にあります。

 

「下痢」と「吐く」の症状が同時に見られるときは、そのまま放っておくと命にかかわる場合があります。愛犬にこのような症状が見られたら、早急に受診してください。

「下痢」「吐く」は、もしかしたらドッグフードが原因?

品質の問題

 

粗悪なドッグフードに含まれる原材料や添加物は、愛犬の健康を害します。愛犬が元気で長生きできるよう、安心して与えられる高品質のドッグフードを選んであげましょう。

 

原材料がアレルゲン

 

高品質のドッグフードを選んでいても、原材料が愛犬のアレルゲンとなり、「下痢」「吐く」の症状があらわれる場合があります。

 

「下痢」「吐く」の症状が続いているようでしたら、アレルギーを疑ってみてください。原因を特定するために、動物病院でアレルギー検査を受けてみるのも良いかもしれません。

 

愛犬が食物アレルギーであることが分かった場合は、獣医師の指導に従って食事管理をしていきましょう。

 

参考:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

まとめ

「下痢」「吐く」の症状は犬に比較的よく見られる症状ですが、大きな病気のサインとしてあらわれる場合もあるため、安易に考えるのは危険です。

 

日頃から注意深く観察して、愛犬の異変にできるだけ早く気づいてあげられるようにしたいですね。深刻な状態なのかそうでないのか判断が難しいと思われたら、迷わず受診しましょう。

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード