犬の花粉症を甘くみない!皮膚症状に注意が必要!

花粉症は、私たち人間だけでなく犬も発症する病気です。

 

最近、犬の花粉症が急増していていることをご存知でしょうか?犬の花粉症は、決して他人事ではありません。

 

愛犬が花粉症を発症したときのために、知っておきたい治療と対策方法について、今回はお話ししていきます。

 

犬の花粉症は、かゆみを伴う皮膚症状があらわれる

私たち人間で一般的に言われている花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりです。

 

一方、犬の花粉症は、口や目のまわり・耳・脇・下腹部・四肢の先端や屈曲部などに、かゆみを伴う皮膚症状があらわれるのが特徴です。

 

犬は加減ができないので、皮膚がかゆくなると無我夢中でかき続けます。そのため、犬が花粉症を発症した場合は、脱毛・炎症・化膿といった、ひどい状態になってしまうこともあります。

 

犬の花粉症のサインは?
  • 口や目のまわり、耳を気にするような仕草をする
  • 口や目のまわりの毛が抜けたりただれる
  • 壁や床や家具などに体をこすりつける
  • 顔や体をかきむしる
  • 発疹
  • 色素沈着
  • 外耳炎
  • 目の充血、涙が出る

犬の花粉症の原因になりやすい植物と花粉飛散時期は?

人間の花粉症の主な原因はスギ・ヒノキですが、犬の花粉症の主な原因は、イネ科系植物(カモガヤ・オオアワガエリなど)やキク科植物(ブタクサ・ヨモギなど)などの雑草です。

 

【犬の花粉症の原因となる主な植物の花粉飛散時期】

※お住まいの地域により、花粉飛散時期は若干ずれます

原因となる植物 花粉飛散時期
スギ 2月〜4月
ヒノキ 3月〜5月
イネ科系植物(カモガヤ・オオアワガエリなど) 5月〜8月
キク科植物(ブタクサ・ヨモギなど) 8月〜10月

 

毎年同じ時期に、愛犬に花粉症のような症状があらわれていませんか?

 

犬の花粉症は認知度が低く、私たち人間と症状が異なるため、愛犬の花粉症に気づいていない飼い主さんも少なくありません。

 

花粉症は、人間だけでなく犬にとってもつらい病気です。愛犬が花粉症を発症した場合は、早く気づいてあげられるようにしたいですね。

犬の花粉症の検査方法と治療について

犬治療

愛犬に花粉症のような症状がみられたら、動物病院で受診する

アレルギー反応を起こす原因となる物質のことを「アレルゲン」と言います。花粉症の場合、花粉がアレルゲンとなるわけですが、アレルゲンはほかにもあります。

 

皮膚のかゆみや炎症といった症状は、ハウスダスト・食べ物などによるアレルギー性皮膚炎や、膿皮症・アカラス(ニキビダニ)などの皮膚の病気のほか、内臓疾患も考えられます。

 

皮膚の症状すべてがアレルギーによるものとは限らないので、愛犬に花粉症のような症状がみられたら、まずは動物病院へご相談ください。

 

飼い主さんが伝える愛犬の情報や診察の内容などにより、獣医師が必要だと判断した場合は、血液採取によるアレルギー検査が行われます。

 

これはどの病気でも言えることですが、病気の原因を高い精度で突き止めるためには、飼い主さんからの情報が欠かせません。日ごろから、愛犬の様子をよく観察する習慣をつけておきましょう。

犬の花粉症は、アレルギー検査でアレルゲンを特定する

 

犬の花粉症のアレルゲンを調べるために行われるのが、血液採取による「IgE抗体検査」です。

 

IgE抗体検査のメリット【アレルゲンが特定できる】

この検査を行うことで、アレルギーの原因となるアレルゲンの種類と重症度が分かります。原因となる植物が特定できれば、花粉の飛散時期が分かり、予防対策もしやすくなります。

 

アレルギー検査で特定できるアレルゲンは、花粉だけではありません。

 

環境アレルゲンを調べるIgE抗体検査と、食物アレルゲンを調べるIgE抗体検査+リンパ球反応検査を合わせると、花粉・食品・真菌・ハウスダスト・食器・おもちゃ・タオルの素材などナント92項目!

 

日常生活で関係するほとんどのアレルゲンを、特定することができるんです。アレルゲンを特定することで予防対策ができ、今よりもっと愛犬に快適な生活を送らせてあげることができます。

 

IgE抗体検査のデメリット【費用は安くない】

検査の費用は、IgE抗体検査・リンパ球反応検査それぞれ20,000円〜30,000円程度かかります(検査項目の数により変わります)。

 

花粉症のアレルゲンだけを調べる場合は、IgE抗体検査だけでOKです。とはいえ、ちょっと高いと感じてしまう金額ですよね。

 

しかし、花粉症をはじめとするアレルギーは、一度発症すると生涯を通して、その症状と付き合っていくことになります。

 

愛犬にとって最善の環境を整えてあげられると考えれば、一概に高い金額とも言えないのではないでしょうか。

犬の花粉症は、ステロイドを用いた治療が一般的

人間の花粉症と同じく、犬の花粉症も完治はとても難しいものです。

 

そのため、治療は根本的な治療ではなく、投薬治療による対症療法が行われるのが一般的です。

 

犬の花粉症の治療では、症状が重症である場合を除き、症状を抑えるためにステロイド剤抗生剤などが処方されます。

 

ステロイド剤には、メリットとデメリットがある

ステロイド剤のメリット

ステロイド剤を使用する最大のメリットは、即効性があり効果が期待できるということです。犬の花粉症は、かゆみを伴う皮膚症状があらわれるのが特徴です。

 

ステロイド剤の強力な抗炎症作用は、かゆみに対して絶大な効果を発揮してくれます。大きなストレスを抱える愛犬と飼い主さんにとっては、とても心強いお薬です。

 

ステロイド剤のデメリット

ステロイド(副腎皮質ホルモン)は、本来は副腎で作られている物質です。長期間ステロイド剤を使用していると、副腎がなまけてしまいステロイドを作らなくなってしまいます。

 

それにより、さまざまな全身疾患を引き起こすことが分かっています。

 

ステロイド剤を使用した場合、短期間だと、食欲増進・胃腸障害・多飲多尿などの副作用があらわれることがあります。

 

長期的に使用する場合はさらに、糖尿病・肝障害・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・医原性クッシング症候群などの重い副作用があらわれることもあります。

 

花粉症は季節性があるアレルギー性疾患ですので、短期的な使用で済むことが多く、副作用に関してはそれほど心配する必要はありません。

 

ステロイド剤による治療を行う場合は、愛犬の様子を獣医師と相談し、用量をコントロールしながら治療を進めていきます。

 

ステロイド剤の投薬を急に中止すると、体内のステロイド(副腎皮質ホルモン)が急低下し、アジソン病という病気を発症します。

 

症状が落ち着いてきたからといって、投薬の中止を飼い主さんが判断しないでください。必ず獣医師と相談して、指示に従って徐々にステロイド剤の量を減らしていくようにしましょう。

花粉症の症状が重度の場合は、減感作療法という治療法もある

時間をかけて徐々に原因となるアレルゲンに慣れさせ、アレルギーが起こりにくい体質に変えていく、減感作療法という治療法があります。

 

一般的な治療法ではありませんが、花粉症の症状が重度でステロイド剤が効きにくい場合は、この治療法を行うこともあります。

 

減感作療法の基本的な方法は、アレルゲンの量を増やしながら体に投与していき、徐々に投与する間隔を伸ばしていきます。

 

様子を見ながら治療を続けていき、1〜2年続けたのち終了します。

 

減感作療法は、強い副作用や一時的に症状がひどくなることがあります。治療期間も長期にわたりますので、費用のことも含めて、獣医師とよく相談してから治療するかどうかを決めてください。

犬の花粉症におすすめしたい対策方法

犬毛並みブラッシング

愛犬が花粉症を発症してしまった!そんな飼い主さんにおすすめしたい、花粉症対策をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

犬の花粉症対策【お散歩編】

花粉の飛散が多い時間帯を避ける

花粉の飛散が多い時間帯を避けて、愛犬をお散歩させるようにしましょう。

 

お昼の12時前後と夕方の6時前後は、一日の中でもっとも花粉が多く飛散する時間帯です。

 

雨が降った翌日は、注意が必要です。雨で落ちた花粉が乾いて再び飛散するため、花粉の飛散量が多くなることを覚えておきましょう。

 

帰宅後は、体についた花粉を落とす

お散歩から帰ったら、お家に入る前に愛犬についた花粉を落としてあげましょう。

 

濡れタオルで体をキレイに拭いてあげるだけで、体についた花粉を落としてあげることができます。

 

顔・お腹・手・足は花粉がつきやすい場所なので、とくに念入りに拭いてあげるようにしてくださいね。

 

つい忘れてしまいがちですが、飼い主さんの髪や服などについた花粉も、しっかり落としてからお家に入ってください。

 

服を着せる

花粉が体につかないように、服を着せてお散歩させるのもおすすめです。花粉がつきにくいツルツルした素材の服を選べば、より効果的です。帰宅後は、服を脱がせてくださいね。

 

お散歩コースの見直し

毎日のお散歩コースに生えている植物にも、注目してください。愛犬のアレルゲンになるような植物が生えている場合は、思い切ってお散歩コースの変更を検討してみてください。

犬の花粉症対策【室内編】

シャンプーで花粉を落とす

花粉を落とすために一番効果的なのはシャンプーですが、頻繁にしすぎると逆に皮膚に刺激を与えてしまいます。

 

できるだけ優しい成分で作られたものを選んであげたいですね。

 

シャンプーは週1〜2回を目安に、刺激の少ない保湿系のシャンプーを選んで、優しく洗ってあげるようにしましょう。

 

すすぎが足りないと、皮膚トラブルの原因になります。指の間も1本1本丁寧に、シャンプー剤が残らないようすすいでください。

 

洗濯物や布団に花粉をつけない

天気が良い日は洗濯物や布団を外に干したくなりますが、愛犬が花粉症の場合は注意が必要です。

 

花粉はまず、お家の中に侵入させないことが大切!外に干した洗濯物や布団には、空気中の花粉が大量に付着します。

 

外に干す場合は、花粉をしっかり払い落としてから、お家の中に持ち込むよう心がけてくださいね。

 

「洗濯物目隠しカバー」「浴室乾燥機」「布団乾燥機」を活用する

洗濯物を外に干すときは、洗濯物目隠しカバーがおすすめです。花粉だけでなく、雨よけや黄砂・鳥のフン対策にもなる便利アイテムです。

 

浴室乾燥機を設置されている場合は、外に洗濯物を干さないで、浴室乾燥機を活用するようにしましょう。

 

お布団の場合は、布団乾燥機があると便利ですね。外に干さなくても、いつでもふかふかのお布団で気持ち良く寝ることができます。

 

「空気清浄機」を活用する

花粉の飛散の多い時期は、できるだけ窓・戸を閉めて花粉の侵入を防ぐことが大切です。

 

それでも完全に花粉の侵入を防ぐことはできません。そこでおすすめしたいのが、空気清浄機です。

 

エアコンや扇風機とセットで使うことで、室内の空気がさらに循環しやすくなります。

 

空気清浄機の効果を最大限に活かすためにも、ぜひ空気清浄機とエアコン・扇風機をセットでお使いください。

 

お掃除は、ほこりを舞い上がらせない

掃除機は、ほこりを舞い上がらせてしまいます。床掃除はまず、ドライシート・モップ・濡れたフキンなどでほこりを拭き取ってから、掃除機をかけるようにしましょう。

 

花粉が気になる時期は、いつもよりこまめにお掃除するよう心がけてくださいね。愛犬のベッドやブランケットなども、こまめに洗ってあげるようにしましょう。

ドッグフードは皮膚の健康を配慮したドッグフードを選ぶ

犬の花粉症は、かゆみを伴う皮膚症状が特徴です。

 

花粉症を発症した子には、皮膚の健康を配慮した「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」を豊富に含むドッグフードを与えてあげるのが効果的です。

 

粗悪なドッグフードに含まれる原材料や添加物は、花粉症の症状を悪化させる原因となります。愛犬の健康のためにも、安心できる高品質のドッグフードを選んであげてくださいね。

 

アレルギーに負けない健康な体作りを、毎日のドッグフードでサポートしてあげましょう。「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」を含むドッグフードなら「NDF ナチュラルドッグフード」がおすすめです。100%無添加の安心のドッグフードです。

 

参考:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

まとめ

犬の花粉症は、主に皮膚に症状がみられることが分かりましたね。

 

体のかゆみが続くと大きなストレスがかかります。また、症状が悪化すると治療期間が長引いてしまいます。

 

毎年同じ時期に愛犬がかゆがっていませんか?愛犬に花粉症のような症状がみられたら、早めに動物病院で受診するようにしましょう。

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード