愛犬の血便に慌てない!犬の血便の種類と考えられる原因は?

犬血便

愛犬の血便を見て、慌てない飼い主さんはいませんよね。犬の血便の原因は、内臓疾患・異物の誤飲誤食・ウイルス感染症・寄生虫・食べ物などさまざまです。

 

今回は、いざというとき慌てず落ち着いて対処できるように、犬の血便の種類と原因についてお話ししていきます。

 

犬の血便の種類は3種類!愛犬の血便の状態を確認しよう

 

愛犬が血便を出した!そんなときは慌てずに、まずはウンチの状態を確認しましょう。

 

愛犬のウンチのどの部分に血が付着していますか?犬の血便は、体のどこで出血が起きているかによって血の混じり具合や色が異なります。

 

犬の血便の種類は「ウンチのまわりに鮮血が付着しているもの」「ウンチに血が混ざっているもの」「黒い血便」の3つに分類することができます。

 

では、それぞれの血便の特徴を見ていきましょう。

ウンチのまわりに鮮血が付着している血便

犬血便

ウンチのまわりに鮮やかな赤い血が付着している血便の場合、大腸の後半部分から肛門までの間で、出血が起きている可能性が高いと考えられます。

大腸の後半部分「結腸・直腸」で出血

 

  • 考えられる病気・・・過敏性大腸炎・突発性大腸炎・大腸ガンなど

 

過敏性大腸炎は、便秘や下痢、またはその両方を繰り返すことで発症する病気です。食後に便秘や下痢を繰り返していて血便が出るような場合は、過敏性大腸炎の可能性があります。

 

過敏性大腸炎は嘔吐を伴うことがあり、血便が出るまでに便秘や下痢を繰り返すといった症状があらわれますので、飼い主さんが早い段階で気づいてあげることができれば、症状の悪化を避けることができます。

 

突発性大腸炎は、過食・異物の誤飲誤食・寄生虫・アレルギー・精神的ストレスなど、さまざまな原因で発症する病気です。特徴としては、下痢を繰り返したり少量の血便が見られます。

 

ウンチの回数が増えて量が極端に減っている場合は、突発性大腸炎を疑って、できるだけ早めに受診するようにしてください。

 

ほかには、大腸ガンの可能性も考えられます。愛犬の血便は、飼い主さんが見つけやすい病気のサインのひとつです。

 

大腸ガンのように早期発見が大きなカギとなる病気は、飼い主さんが血便を見逃さないことが、その後の適切な早期治療につながります。

「肛門周辺」から出血

 

  • 考えられる病気・・・肛門嚢(こうもんのう)の炎症や腫瘍・肛門周囲腺腫・直腸脱など

 

愛犬のお尻を確認してみてください。便秘や下痢で肛門が傷ついて出血した血がウンチに付着するケースは、比較的よく見られます。

 

この場合は、血便の原因となっている便秘や下痢の改善に努めてあげてください。便秘や下痢が慢性化しないよう、日頃から予防を心がけてあげましょう。

 

肛門嚢は肛門付近にある臭いを出す場所ですが、炎症を起こしたり腫瘍ができると出血が見られることがあります。

 

肛門周囲腺腫は、肛門のまわりにある肛門周囲腺に腫瘍ができ、痛みや出血を引き起こす病気です。ほとんどが良性ですが、悪性の場合もあります。

 

直腸脱は、肛門から直腸が飛び出してしまう病気です。直腸内の粘膜だけが飛び出ることもあり、その場合出血と間違えやすいので注意が必要です。

 

肛門周辺から出血している血便の場合、原因が便秘や下痢だと確実に判断できれば、腸内環境を整えてあげることで血便は改善できます。

 

ですが、ご自身で判断が難しいと思われたときは、迷わず受診するようにしましょう。

ウンチに血が混ざっている血便

 

ウンチのまわりと内部にも血が混ざっている場合、大腸の前半部分から小腸にかけて出血が起きている可能性が高いと考えられます。

 

先ほど【大腸の後半部分「結腸・直腸」で出血】でお話しした突発性大腸炎が原因で、このような血便が見られることもあります。

 

ほかにも、異物の誤飲誤食で腸内が傷ついて出血しウンチに血が混ざるケースや、ウイルス感染症・寄生虫などが考えられます。

 

ウンチに血が混ざっている血便の場合は症状が深刻な場合が多いため、様子見ではなく、できるだけ早めに受診するようにしてください。

黒い血便

 

黒い血便の場合、小腸よりも前の部分である口腔内・食道・胃などで出血が起きている可能性が高いと考えられます。

 

ウンチが黒くなるのは、胃で消化酵素が働くよりも前の段階で出血しているため、消化酵素の影響を受けて血が黒く変色するからです

 

黒い血便が見られたら、まず愛犬のお口の中で出血が起きていないか確認してください。

 

黒いウンチをする前に食べさせたもの(血液の多いレバーを食べたあとはウンチが黒くなることがあります)や、下痢を伴っていないかなど振り返ってみて、愛犬に元気があるようなら、それほど慌てる必要はないでしょう。

 

ですが、胃潰瘍・胃がんのほか、気管・肺の病気で血痰が出てウンチに混ざり、黒い血便が見られる場合もあります。

 

黒い血便は症状が深刻な場合が多いため、愛犬の様子が落ち着いているように見えても様子見ではなく、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

 

口腔内・食道・胃などで相当量の出血がある場合は、ネバネバしたタール状の黒い血便が出ます。このような場合は状況がさらに深刻ですので、一刻も早く受診してください。

ウイルス感染症や寄生虫の可能性も疑ってみる

犬血便

犬の血便は、ウイルス感染症や寄生虫が原因となることがあります。犬の血便を引き起こす、主なウイルス感染症や寄生虫には以下のようなものがあります。

 

レプトスピラ症

 

レプトスピラ症は人獣共通感染症(ズーノーシス・人畜共通感染症)ですので、愛犬だけでなく飼い主さんにも注意してほしい病気です。

 

感染したネズミ・犬などの尿や、その尿に汚染された水たまりや土に接触したり、汚染された水・食べ物を口にすることで感染します。

 

レプトスピラ症は、レプトスピラという細菌が感染することにより、肝障害・急性腎不全などを引き起こします。

 

感染しても症状があらわれない場合もありますが、重篤になれば命に関わることもある怖い病気です。

 

重篤な症状には「出血型」「黄疸型」がありますが、出血型は、主に40℃前後の高熱・嘔吐・血便・食欲不振・結膜の充血などの症状が見られ、さらに症状が悪化すると脱水・尿毒症を引き起こして、死に至るケースも少なくありません。

 

黄疸型は、主に嘔吐・下痢・黄疸・口の粘膜の出血症状などが見られます。発病後わずか数時間から数日で亡くなるケースもあり、出血型よりも症状が重くなる傾向にあります。

 

レプトスピラ症はワクチン接種で予防することができます。年1回のワクチン接種を忘れずに受けるようにしましょう。

 

犬パルボウイルス感染症

 

犬パルボウイルス感染症は、パルボウイルスの感染により、激しい下痢と嘔吐を引き起こします。パルボウイルスはとても強く、半年〜1年はそのままの状態で自然界で生存することができます。

 

パルボウイルスに感染した犬の嘔吐物やウンチなどを、ほかの犬が舐めたり触れることで接触感染します。約4〜7日間の潜伏期間のあと、激しい下痢や嘔吐・元気喪失・食欲不振・発熱・脱水症状があらわれます。

 

悪臭をともなう水下痢は、トマトジュースのような赤くどろどろとした血便になることもあります。下痢・脱水の症状がさらに悪化した場合、ショック状態を引き起こし急死してしまうケースもあります。

 

犬パルボウイルス感染症は、体力や免疫力の弱い子犬・高齢犬に感染が多く見られますが、ワクチン接種で予防することができます。

 

子犬をお家に迎え入れたら、獣医師に相談してなるべく早めにワクチン接種を開始して、ウイルスに対する抗体をつけておくようにしたいですね。

 

犬コロナウイルス感染症

 

犬コロナウイルス感染症は、ウイルスが消化管に感染することで、主に腸炎を引き起こします。

 

成犬に感染しても症状があらわれることはあまりありませんが、子犬に感染した場合は下痢や嘔吐などの消化器症状があらわれます。

 

犬コロナウイルスは、感染した犬のウンチを口にしてしまうことで感染します。

 

例えば、道ばたのウンチの臭いを嗅ぐ・ウンチを踏んだ足を舐めるといったことが考えられます(経口感染)。

 

犬コロナウイルスは弱いため、成犬に感染しても症状があらわれることは少なく、症状があらわれたとしても、軽い下痢・嘔吐・食欲不振の症状が見られる程度です。

 

この場合の下痢は、軟便から水下痢までさまざまですが、血や粘液が混じることがあります。

 

子犬が感染した場合は症状がより強くあらわれることがあり、下痢が長引いてしまうと脱水症状を引き起こすこともあります。

 

また、子犬が犬コロナウイルスだけでなく、同時に腸炎を引き起こすほかの細菌・犬パルボウイルスなどにも感染した場合は、症状がさらに重くなり命に関わることがあります。

 

犬コロナウイルス感染症は、ワクチン接種で予防することができます。子犬と違い、成犬は感染しても症状がハッキリとあらわれないため、知らないうちに感染を広げてしまう恐れがあります。

 

愛犬のためだけでなく、ほかの犬のためにも年1回のワクチン接種を忘れずに受けるようにしましょう。

 

犬の鞭虫症(べんちゅうしょう)

 

犬の鞭虫症は、長さ5〜7cmほどの吸血性の寄生虫である犬鞭虫(べんちゅう)が、主に犬の盲腸に寄生することで、下痢や血便などの症状を引き起こします。

 

犬の鞭虫症は、感染した犬のウンチとともに排泄された虫卵を口にしてしまうことで感染します。

 

例えば、足などに付着していた虫卵を毛づくろいの際に飲み込む・虫卵が混じった水たまりの水を舐めるといったことが考えられます(経口感染)。

 

胎盤感染は起こらないため、親犬から子犬へ感染することはほとんどありません。無症状のケースがほとんどですが、犬鞭虫に多数寄生されると大腸が障害を受けて大腸性の下痢を生じます。

 

重度感染の場合、盲腸だけでなく、回腸・結腸といったほかの大腸部分や小腸の下部にも寄生することがあり、症状がひどくなる場合があります。

 

その場合、血や粘液の混じった下痢を少量ずつ何度もするようになります。また、吸血性寄生虫である犬鞭虫に寄生されると、下痢だけでなく貧血の症状も見られます。

 

犬の鞭虫症は、犬鞭虫の流行地域では感染が繰り返し起こりやすいため、発症予防として月1回の駆虫が勧められています。

 

毎日のお散歩や犬が集まるような場所へお出かけされるときは、ほかの犬のウンチに愛犬を近づかせないよう注意しましょう。

 

愛犬がウンチをしたときもすぐに回収するなど、飼い主さん一人一人が周囲の環境の衛生管理に努めるようにしたいですね。

ワクチン接種や駆虫薬の投与でしっかり予防しよう

犬血便

二次感染やウイルスの混合感染を予防するためにも、日頃から愛犬の飼育環境(食べもの・水・食器・寝床など)を清潔に保つよう心がけましょう。

 

犬が集まるような場所は、感染の危険性が高くなります。お出かけやお散歩の際は、愛犬から目を離さないようにしてくださいね。

 

帰宅したら、お顔を拭いたり足を洗うなどして、感染リスクを少しでも減らすようにしましょう。ウイルスや寄生虫に感染しても、症状がハッキリとあらわれない場合もあります。

 

不用意に感染を広げてしまうことがないように、ワクチン接種や駆虫薬の投与でしっかり予防を行いましょう。

食べものが血便の原因になることがある

ネギ類(玉ねぎ・ネギ・ニラ・ニンニク)は、犬に絶対食べさせてはいけない!

 

アリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を破壊して、急性の貧血・下痢・嘔吐・血便・血尿などの中毒症状があらわれます。

 

加熱しても毒性は残りますので、野菜炒めやハンバーグなど、ネギ類が入っている食べ物は絶対に与えないでください。

 

ネギ類を切ったまな板・ネギ類を調理した鍋やフライパンを洗わずに、愛犬用の食材を切ったり調理するのも危険です。

 

中毒症状は食後すぐではなく、1日〜数日経ってあらわれるということを覚えておいてください。重篤な場合は、死に至ることもあります。

 

血便を出すような状態の場合、状況はかなり深刻です。一刻も早く受診するようにしてください。

 

犬には個体差がありますので、命に関わらない場合もあるかもしれませんが、愛犬にとって危険な食べ物として「ネギ類」の食べ物は絶対に与えないようにしましょう。

 

ドッグフードが血便の原因になることがある

犬血便

粗悪なドッグフードの原材料や添加物はアレルギーの原因になる

 

粗悪なドッグフードに含まれる原材料や添加物がアレルゲンとなり、アレルギー症状のひとつとして血便が出ることがあります。

 

コストダウンのために、原材料を穀物メインにしたドッグフードが多く出回っていますが、このようなドッグフードは選ばないでください。

 

穀物は、アレルゲンになりやすく消化不良の原因になることが分かっていて、世界的にもグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードが主流になりつつあります

 

ドッグフードを購入するときは必ず原材料を確認して、飼い主さんが納得できる高品質のドッグフードを愛犬に与えてあげるようにしましょう。

 

愛犬に合ったドッグフードを与えてあげよう

 

安心できる高品質のドッグフードを選んでも、原材料がアレルゲンとなることがあります。

 

ドッグフードを食べると血便が出る・食べないと血便が出ないといった場合は、ドッグフードの原材料の中にアレルゲンがある可能性が高いと考えられます。

 

愛犬が食物アレルギーかもしれないと思われたら、まずは動物病院へご相談ください。

 

食物アレルゲンを調べる検査(IgE抗体検査+リンパ球反応検査)を受けることで、アレルゲンを特定することができます。

日ごろから愛犬のウンチ・おしっこの状態を確認しておこう

 

ウンチやおしっこは、愛犬の健康状態を教えてくれる大切な情報源です。

 

愛犬の体調の変化にできるだけ早く気づいてあげるためにも、日頃からウンチ・おしっこの確認をしておきましょう。

 

健康なときのウンチ(色・形・量)・おしっこ(色・量)の状態を知っておけば、愛犬の異常に早く気づいてあげることができますよね。

 

なかでも、愛犬の体調不良や大きな病気のサインとしてあらわれる血便や血尿は、見逃すことがないように注意が必要です。

まとめ

 

愛犬の血便を見たら、まずは慌てず落ち着いて、愛犬の様子とウンチの状態を確認しましょう。

 

血便の中には様子見で大丈夫なものもありますが、深刻な場合が多く安易に考えるのは危険です。愛犬の様子が落ち着いている場合でも、念のため一度受診するようにしましょう。


 

パン君のドッグフードよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード