犬の食物アレルギー、皮膚トラブルには『魚』が良い理由って?

 

アレルギーを持っている犬には『魚』のドッグフードがいいって本当なの?


 

絶対的に『魚』じゃないとだめ!というわけじゃないんだけど、『魚』のドッグフードは、健康を保つうえで大切な栄養素がいっぱい含まれているんだ。

 

高たんぱくて低カロリー、それに消化も良いから胃腸トラブルがある犬や高齢犬も安心して食べることができるんだよ。


 

パンはお肉がいいな・・・お肉がいいワン!


 

こんにちは。パン君の飼い主、ゆうです。

 

今回は、犬のアレルギーの対策として、『魚』のドッグフードが良い言われますが、それはなぜなのか?

 

本当に『魚』のドッグフードは良いのか?またデメリットはないのか?について解説していきます。

 

『うちの子、食物アレルギーで魚のドッグフードを検討しているの』という方にはとても参考になると思います。

 

なぜ?犬のアレルギーには『魚』のドッグフードなのか?

犬の食物アレルゲンとなるものは、主に牛肉、豚肉、乳製品、小麦、子羊肉、鶏肉、鶏卵、大豆、とうもろこし、そして添加物などになります。

 

すごくシンプルに言えば、それら食物アレルゲンを含んでいないのが『魚』のドッグフードだからです。

 

ドッグフードの材料は主に穀物や副産物としての肉なので、『魚』を使用しているドッグフードは少ないですね。

 

このことから、『魚』に免疫を持っている可能性が低いためアレルギー症状の原因にならない可能性が高く、『魚』のドッグフードが選ばれているのです。

 

もちろん、『魚』のドッグフードが選ばれる理由はこれだけではありません。これからその魅力についてご紹介していきます。

 

魚のドッグフードは栄養素が豊富で、さらに犬にやさしい

魚のドッグフードには、健康を保つために欠かせない栄養素が豊富に含まれています。特に注目したいのが「カルシウム」「タンパク質」「タウリン」「ω-3脂肪酸(DHA、EPA)」です。それぞれの働きについてみていきましょう。

 

カルシウム

カルシウムについてはご存じですね。骨や歯を丈夫にしてくれます。またわんちゃんのストレスを解消させる働きも期待できます。

 

タンパク質

体の動きをよくしてくれます。また魚は高タンパク質で犬のガン予防にもなると言われています。

 

タウリン

胆石予防、心臓疾患、動脈硬化などの予防に役立ってくれます。

 

ω-3脂肪酸

ω-3脂肪酸の代表的なものは「EPA」や「DHA」です。食物アレルギーや皮膚トラブルの対策に効果が期待できると言われています。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

血管の血栓予防、抗炎症作用、高血圧予防などに効果が期待できます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

脳の発達、痴呆の予防、視力の低下などの予防に効果が期待できます。

 

魚のドッグフードの栄養面をみただけでも、魅力がいっぱいだということがわかりますね。

 

魚のドッグフードの高タンパクで低カロリー、消化が良いので胃腸が弱い犬や高齢犬にも安心して食べさせることができます。また丈夫な皮膚をつくり、、厚く艶のある健康な被毛のサポートまでしてくれます。

 

魚のドッグフードは完璧?!悪いところやデメリットはない?

デメリットはない!と言いたいですが、『魚』のドッグフードにもデメリットがあります。

 

食べてくれないかもしれない

犬はやはり魚よりもお肉が好きです。『魚』のドッグフードの場合、嗜好性が低くなることがあります。

 

ここは飼い主さんの工夫が大切になります。臭いを強くしてあげると食べてくれたりしますので、レンジでちんしてみたり、ふかしてあげたりしてみて下さい。

 

また、好物のものを混ぜ込ませたりするのも有効な手段です。トッピングはわからないようにしないと、好物のトッピングだけ食べられて終わりなんてことがありますから注意して下さいね(笑)

 

すぐにお腹が空いてくる

腹持ちがよくない印象があります。魚のドッグフードは主に白身魚を使っていることが多く腹持ちはよくありません。大食いのわんちゃんにはつらいかもしれません。

 

魚のドッグフードなら、どのドッグフードでも良い!は大間違いだよ!

魚のドッグフードを謳って販売されているドッグフードの、主成分は魚だ!なんて安易に信じないで下さいね。

 

絶対に配合している原料、成分の確認は必須です。

 

⇒Yahoo!知恵袋でこんな質問を見つけました。

 

安心したものを食べさせたいから、魚のドッグフードにしたけどこれでいいの?っていう質問です。

 

原材料は↓

トウモロコシ、コーングリッツ、コーングルテンミール、小麦粉、アジパウダー、大豆オイル、食物繊維、オメガ3、オメガ6、DHA、EPA、大豆蛋白、ビール酵母、レシチン、トマトリコピン、紅麹、リジン、フラクトオリゴ糖、乾燥全卵粉、緑茶カテキン、ビタミン(A・C・D3・E・K・B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・コリン・葉酸・ビオチン)、ミネラル(リン酸カルシウム・ナトリウム・亜鉛・鉄・銅・マンガン・カリウム・ヨウ素・コバルト・セレン)

 

結論から言えば、これは『魚』のドッグフードではなく、『穀物』のドッグフードです・・・。原材料の1番左上に表記されているのが、1番配合量の多い原料になります。つまり、とうもろこしの穀物が1番多いってことです。

 

『魚』のドッグフードに限らずですが、ドッグフードを選ぶなら穀物不使用なものを選ぶようにして下さい。穀物は価格が安いため、安いドッグフードの主原料として使われていますが、そもそも犬の本来の食事には適していません。

 

犬は腸が短いので消化しきれず、消化不良を起こしてしまうことが多いのです。そして穀物は犬の食物アレルギーの原因であることが非常に多いのです。『魚』のドッグフードを選ぶなら、原材料の1番最初は魚の名前が書いてあること、そして穀物不使用のドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

 

パン君のドッグフードランキング

 

 

ドッグフード参考記事

 

 

 

魚のドッグフードって栄養満点だワン!アレルギーの犬には本当おすすめだと思うワン!


 

たまにはまともなこと言うんだね


 

いつもまじめだし、まともだワン!


 

TOP⇒パン君のドッグフード