魚のドッグフードがある!アレルギーの犬におすすめしたい理由

 

ドッグフードといえばお肉のイメージがありますが、魚のドッグフードがあるのをご存知ですか?愛犬のアレルギー皮膚トラブルに悩む飼い主さんを中心に、最近人気が出ています。

 

今回は、魚を主原料にしたドッグフードの栄養素や嬉しい健康効果について、詳しくお話ししていきます。

 

犬にとってもっとも必要な栄養素は動物性たんぱく質!

犬がもともと肉食動物だということは、よく知られているお話です。犬にとってもっとも必要な栄養素は動物性たんぱく質です。動物性たんぱく質を豊富に含む「肉」と「魚」は、日頃から積極的に与えてあげるようにしたいですね。

 

一般的なドッグフードは肉を使ったものが多いため、魚のドッグフードに抵抗がある飼い主さんもいらっしゃるかと思いますが、高たんぱく質で低カロリー・健やかな皮膚や被毛を作ってくれるなど、魚のドッグフードにはメリットがたくさんあります。

 

健康な子はもちろんですが、アレルギーや皮膚トラブルで悩んでいる子にも、ぜひ与えてあげたいドッグフードです。アレルゲンとなる食材はさまざまですが、中には肉アレルギーを発症する子もいます。

 

愛犬が肉アレルギーで動物性たんぱく質を摂ることができなくなった場合、ドッグフード選びがとても難しくなります。そんなとき魚のドッグフードが選択肢の中にあると、飼い主さんも助かりますね。

 

穀物を含むドッグフードが原因で食物アレルギーの犬が増えている

最近、ドッグフードに含まれる原材料が原因で、食物アレルギーを発症する犬が増えてきています。アレルゲンになりやすい主な原材料は、小麦・とうもろこし・大豆などの穀物です。

 

穀物などの炭水化物は、犬の短い消化器官ではうまく消化することができません。また、犬にとってアレルギー(消化器官の異常や皮膚のトラブルなど)の原因となることも分かっています。

 

犬には「高たんぱく質・低炭水化物」の食事がベストだと言われているのに、一般的によく見られるのは穀物メインの「低たんぱく質・高炭水化物」のドッグフード・・・とても不思議ですよね。

 

犬にとって消化不良やアレルギーの原因となる穀物を、なぜわざわざドッグフードに入れるのでしょうか?答えは簡単です。製造するメーカーにとっては、穀物でかさ増しすることでコストダウンになるという大きなメリットがあるからです。

 

このようなドッグフードは、犬にとっては何のメリットもありません。犬の健康を無視して、必要のない穀物をコストダウンのために入れているようなドッグフードは、決して選ばないようにしましょう。

 

アレルギーや皮膚トラブルの犬に魚のドッグフードをおすすめする理由

魚は肉と比べると消化吸収が良くアレルゲンになりにくい

一般的にドッグフードに使用されている動物性たんぱく質は、鶏肉・牛肉・鹿肉・羊肉・馬肉・豚肉・魚の7種類あります。気をつけたいのが、同じものを食べ続けることで発症する遅延型食物アレルギー」です。

 

今まで何ともなかった肉の動物性たんぱく質が、ある日アレルゲンになってしまうことがあります。原材料に魚を使ったドッグフードがまだ少ないという点では、魚のドッグフードはアレルギーを引き起こしにくいと考えられます。

 

また、魚は肉より消化吸収に優れているため、健康な犬はもちろんですが、胃腸の弱い犬や高齢犬にも安心して与えることができます。

 

魚に含まれるオメガ3脂肪酸には皮膚の炎症を抑える働きがある

食物アレルギーと同様に、アトピー性皮膚炎・ノミアレルギー性皮膚炎・花粉症などのアレルギーを発症する犬も増えています。

 

アレルギーや皮膚トラブルの犬に、魚のドッグフードがおすすめされているもう一つの理由は、魚に豊富に含まれているオメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は、炎症やアレルギー症状の改善・緩和に効果があります。

 

魚に含まれる注目したい栄養素と嬉しい健康効果って?

魚は、私たち人間だけでなく犬にとってもさまざまな健康効果があることが分かっています。ドッグフード業界でも魚に含まれる栄養素が注目されていて、魚のドッグフードを製造するメーカーが徐々に増えてきています。

 

魚に豊富に含まれるとくに注目したい栄養素!

動物性たんぱく質

血液・筋肉・臓器・皮膚・毛並みなど、犬の健康な体を作るために必要不可欠な栄養素です。

 

カルシウム

骨や歯の形成をサポートしたり、筋肉の収縮を促す働きがあります。

 

タウリン

血液の流れを良くしてくれるので、動脈硬化・心臓疾患・胆石などを予防する効果があります。

 

オメガ3脂肪酸・・・DHA・EPA
  • EPA(ドコサヘキサエン酸)

血液をサラサラにしてくれます。血栓・動脈硬化・高血圧・高脂血症などを予防、または改善する効果があります。ほかにも、炎症やアレルギー症状の改善・緩和に効果があり、健康な皮膚や被毛作りをサポートしてくれます。

 

  • DHA(エイコサペンタエン酸)

脳の活性化に深くかかわっています。老化や認知症の予防・緩和に効果があることが分かっています。ほかにも、視覚機能アップや中性脂肪を低下する効果があると言われています。

 

グルコサミン・コンドロイチン

健康な骨・関節作りをサポートしてくれます。

 

高たんぱく質なのに低カロリー!魚のドッグフードで肥満予防

魚のドッグフードは、肉のドッグフードと同等レベルの高たんぱく質でありながら、低カロリーです。犬に必要な動物性たんぱく質をしっかり摂りながら、肥満の予防につなげることができます。

 

2つのデメリット 「好みが分かれる」「鮮度が落ちやすい」

魚のドッグフードは好みがわかれる?

これは魚のドッグフードに限ったことではありませんが、いつもと違うものが出ると警戒して食べない子もいます。普段魚を食べ慣れていない場合、最初のうちは食いつきが悪いかもしれません。

 

いきなり切り替えると下痢や軟便になる場合がありますので、魚の味に慣れさせるためにも胃腸に大きな負担をかけないためにも、少しずつ魚のドッグフードの割合を増やしていき、2〜3週間かけてゆっくり慣らしてあげるようにしましょう。

 

魚のドッグフードは鮮度が落ちやすいため保管方法には注意しよう

ドッグフードは、開封した瞬間から酸化が始まります。ドッグフードは、直射日光を避けて冷暗所で保存するようにしてください。未開封の場合も同じです。季節によっても変わってきますが、開封後は1か月以内を目安に使い切るようにしましょう。

 

魚に豊富に含まれるDHA・EPAと呼ばれるオメガ3系の油は、とてもデリケートな油です。鮮度が落ちやすいという問題点がありますので、保管方法にはとくに注意が必要です。

 

愛犬に安心して与えられる魚のドッグフードの選び方は?

ドッグフードを購入するときは、原材料を必ず確認するようにしましょう。原材料欄には、原材料の割合の多いものから表示するという決まりがあります。

 

原材料の一番先頭に、犬にとってもっとも必要な栄養素「動物性たんぱく質」が表示されているドッグフードを選んでくださいね。

 

愛犬に安心して与えられる魚のドッグフード選びのポイントは3つ!

原材料表示の一番先頭に魚(サーモン・ニシン・タラ・カレイ・ホワイトフィッシュなど)の表示があること

フィッシュミール・フィッシュパウダー・○○ミール・○○パウダーといった表示をしている場合は要注意です。安全性の高い高品質ドッグフードには、はっきりと何の魚なのかが表示されています。

 

有害な酸化防止剤・保存料・着色料・香料などが含まれていないこと

危険な添加物を使っていないドッグフードは、アレルギーなど病気のリスクを軽減できるという大きなメリットがあります。

 

グレインフリー(穀物不使用)であること

穀物はアレルギーや消化不良の原因になることが分かっていて、世界的にもグレインフリーのドッグフードが主流になりつつあります。

 

愛犬がアレルギーかもしれないと思ったら?

アレルゲンを特定するために、食物アレルゲンの検査(IgE抗体検査+リンパ球反応検査)や環境アレルゲンの検査(IgE抗体検査)を受けるという方法があります。

 

犬がアレルギーを発症した場合、皮膚や耳が赤い・かゆがる・手をひんぱんになめる・下痢や軟便が続くといった症状が見られるようになります。

 

飼い主さんがアレルゲンを間違って特定してしまうと、アレルギーをさらに悪化させてしまう可能性がありますので、愛犬がアレルギーかもしれないと思われたら、まずは動物病院へご相談ください。

 

まとめ

魚のドッグフードは、嬉しい健康効果がたくさんあるとても魅力的なドッグフードです。愛犬のドッグフード選びの選択肢の一つとして、ぜひ検討してみてくださいね。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事