愛犬がご飯を食べない時の原因と対策方法をご紹介!

 

「食欲は健康のバロメーター」とよく言います。愛犬の食欲がないと、心配になりますよね。犬がご飯を食べない原因は、わがままから病気まで実にさまざまです。

 

好き嫌いで食べないのか体調不良で食べられないのか、飼い主さんは見極めてあげなければいけません。今回は、犬がご飯を食べないときに考えられる4つの原因と対処法について、お話ししていきます。

 

犬がご飯を食べない原因その1 「ご飯の量が多い」

愛犬が元気なのにご飯を食べない場合、どうしたものかと悩んでしまいますよね。健康な犬がご飯を食べない場合、まず単純に「お腹が空いていない」という理由が考えられます。

 

運動量が足りていない

運動量が足りていないと、当然ですがお腹は空きません。愛犬が満足できる運動をさせてあげていますか?犬にとって毎日のお散歩タイムは、運動だけでなく気分転換にもなる、とても大切な時間です。

 

大好きな飼い主さんと一緒のお散歩タイム。お日様の光や風や匂いを感じながら歩くことが、犬にとってはとても良い刺激になります。

 

犬種や年齢のほか健康状態によっても運動量は違ってきますので、一概には言えませんが、愛犬の様子を見て、運動不足・刺激不足が原因でご飯を食べないようなら、お散歩の回数や時間を見直してあげることで解決できます。

 

おやつを与えている

ご飯のほかに、おやつを与えていませんか?おやつでお腹が膨れてしまうと、主食のドッグフードを食べられなくなってしまいます。

 

おやつでは、犬にとって十分な栄養を摂ることは出来ません。ドッグフードよりもおやつの方が好きになり、ドッグフードを食べなくなる心配もあります。

 

栄養面からもしつけの面からも、おやつは毎日ではなく「時々・小量」を与えてあげるようにしましょう。

 

年齢とともに食欲は低下していく

私たち人間と同じように、犬も年齢とともに基礎代謝が低下し運動量も少なくなってくるため、食べる量が減ってきます。愛犬に、何年も同じ量の食事を与えていませんか?

 

犬は人間の何倍ものスピードで年をとっていくため、飼い主さんが認識している以上に老化は早く進みます。愛犬が高齢の場合は、この機会に食事内容を見直してみてください。

 

高齢になると、歯が抜けたり噛む力が弱くなったりして、硬い食べものを食べようとしなくなることがあります。消化機能も低下し下痢や嘔吐をしやすくなりますので、消化吸収しやすようドライフードをふやかすなどの工夫をしてあげることも大切です。

 

愛犬の適量を見極める

犬の食欲は、毎日一定というわけではありません。そして、年齢とともに食べる量が減ってくるということも覚えておいてくださいね。

 

ドッグフードのパッケージに記載されている給餌量をそのまま与えるのではなく、愛犬の犬種・年齢・その日の運動量に応じて、適量を見極めて給餌量を調整してあげるようにしましょう。

 

犬がご飯を食べない原因その2 「好き嫌い・わがまま」

犬がご飯を食べない原因で、意外と多いのが「好き嫌い・わがまま」です。飼い主さんが何気なく行っている習慣が、愛犬の好き嫌い・わがままを助長させているケースがあります。

 

どのような例があるのか、見ていきましょう。

食器を出しっぱなしにしている

ご飯の入った食器をいつも出しっぱなしにしていると、犬は安心して「いつでも食べられる=いつ食べても良い」と認識してしまいます。

 

長時間放置しておくとご飯が傷みますので、それを愛犬が口にするのも心配ですよね。愛犬がご飯を食べない場合は、20分程度を目安に食器を片付けるようにしましょう。

 

食器を出しっぱなしにすることが習慣化している場合は、愛犬がご飯を食べるようになるまで時間がかかるかもしれません。根気がいるかもしれませんが、あきらめないでくださいね。

 

犬はとても賢い生き物です。飼い主さんが食器を片づけることで「食べたいときに食べられる」ではなく「出されたときに食べないと片づけられてしまう」と分かり、出されたときにきちんとご飯を食べてくれるようになります。

 

簡単にドッグフードを変えたりトッピングを増やしたらダメ!

一度でも美味しいものを食べてしまったら、犬はその味を忘れません。飼い主さんが次々と違うドッグフードに切り替えたり、おやつやトッピングなどを与えていると、犬は勘違いをして「待っていれば、もっと美味しいもの・もっと豪華なものが出てくる!」と学習してしまいます。

 

愛犬が主食のドッグフードを食べなくなるような習慣は、見直さなくてはいけませんね。このような場合は、先ほどもお話ししたように、ご飯の入った食器を出しっぱなしにしないことが大切です。

 

本当にお腹が空いて我慢できなくなれば、自分から進んでドッグフードを食べてくれます。習慣が長ければ長いほど、ハンガーストライキが頑固に続くことが予想されますが、健康な犬の場合1〜2日食べなくても問題はありません。

 

新鮮なお水はいつでも飲めるように、いつもどおり用意しておいてあげましょう。ハンガーストライキには注意点があります。長時間食べない場合、低血糖症を発症する可能性があります。

 

愛犬に元気がなくなるなどの体調の変化が見られたら、できるだけ早く受診するようにしてください。

 

わがままを助長させない程度に、美味しく食べられる工夫をしてあげる

毎日の食事の基本は、あくまでもドッグフードです。とはいっても、たまにはドッグフード以外の食材も食べさせてあげたいですよね。

 

ドッグフードに手作り食をプラスするときは、毎食ではなく「時々・小量」を与えてあげるようにしましょう。その場合は、犬が食べても問題がない食材を、味付けなしで調理して与えてあげてください。

 

ドッグフードの食いつきが良くなるおすすめの方法も2つご紹介します。どちらも簡単な方法ですので、ぜひお試しください。

 

電子レンジやフライパンで温める

 

ドッグフードは温めることで香りが強くなります。電子レンジやフライパンのほか、ドライヤーの熱風でも温められます。温めすぎるとドッグフードの栄養素を壊してしまいますので、ほんのり人肌程度に温めてあげてください。

 

お湯やスープなどでふやかす

 

ドッグフードをふやかして、いつもと違う食感にしてあげるのもおすすめです。熱湯はドッグフードに含まれる栄養素を壊してしまうので、ぬるま湯を使うようにしましょう。

 

ぬるま湯でも良いのですが、さらにもうひと手間かけて、温めた無塩の野菜ジュース・肉や魚や野菜を茹でて茹で汁ごとあげるのも良いですね。

 

ドッグフードの欠点は、水分量の少なさです。水分含有率は10%程度で、ドッグフードから摂れる水分はほとんどありません。ぬるま湯などでふやかすことで、水分補給にもなります。

 

犬がご飯を食べない原因その3 「ストレス」

犬はとてもデリケートな生き物です。退屈だったり寂しかったりイライラしたり・・・飼い主さんにしてみれば「そんなことで?」と思うようなことが、ストレスになっているかもしれません。

 

ストレスが原因の場合、落ち着いてしばらく経ってからご飯を食べなくなることもあります。愛犬がストレスを感じるようなことがなかったか、ここ数日を振り返ってみましょう。

 

犬は飼い主さんに褒められることが大好きです。愛犬がご飯を食べたら、毎回ほめてあげましょう。ほめてもらえることが嬉しくて、自分から進んで食べるようになってくれる場合もあります。

 

ご飯のことだけでなく、どんなにささいなことでも、日頃から愛犬をほめてあげる機会をたくさん作ってあげたいですね。愛犬がゆっくり休める静かなスペースを確保してあげていますか?お留守番ばかりさせていませんか?

 

お散歩や遊びの時間など、愛犬と過ごす楽しい時間をいっぱい作ってあげることも大切です。

 

犬がご飯を食べない原因その4 「病気」

ご飯を食べない以外に、元気がない・下痢・嘔吐・発熱など気になる症状が見られたら、病気の可能性を疑ってみましょう。

 

様子見で症状が悪化する場合もありますので、できるだけ早く受診するようにしてください。

 

ヒート(生理)が原因で食欲が低下する

病気ではありませんが、メス犬の場合はヒート(生理)の前後に食欲が低下することがあります。ヒート中のメス犬と出会って興奮してしまい、食欲が低下してしまうオス犬もいます。

 

愛犬がご飯を食べない原因がヒートだとはっきり分かっている場合は、時間が経てば落ち着きますので心配はありません。

 

口腔内の病気を見逃さない

愛犬のお口の中をチェックしてみてください。歯周病や口内炎など口腔内の病気を発症していて、ご飯を食べたくても食べられなくなっているのかもしれません。

 

犬の口腔内の病気を安易に考えるのは、危険です。ほかにも、犬の口腔内の病気には、口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)という皮膚がんがあります。

 

黒い色の腫瘍ができることがほとんどですが、まれに黒くない腫瘍ができることもあります。口臭が以前よりもきつくなっていたりよだれが多くなっているようなら、口腔内に何らかの異常があると考えられます。

 

ご飯を食べないという症状は、病気のサインかもしれません。愛犬が元気に見えても、ご飯を食べない日が続くようなら、念のため一度受診されることをおすすめします。

 

ドッグフードで愛犬の健康管理と食欲アップ

基本の食事はドッグフード

 

毎日同じドッグフードばかりではかわいそうだと思われるかもしれませんが、愛犬の健康を考えるなら、基本の食事はドッグフードを与えるよう心がけてください。

 

犬に必要な栄養素がバランスよく配合されているドッグフードは、犬にとっては理想的な食事だと言えます。

 

高品質のドッグフードを選んであげよう

 

ドッグフードならなんでも良いというわけではありません。現在数えきれないほどのドッグフードが市場に流通していますが、愛犬に安心して与えられるドッグフードは限られています。

 

パッケージの写真やイラストやキャッチコピーなど、見た目でドッグフードを選んでいませんか?愛犬の健康を守るためにも、購入するときは必ず原材料を確認して、品質が良く安全性の高いドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

新鮮かつ良質な素材から作られている高品質ドッグフードは、どれも食いつきが良いのが特徴です。また、少量でしっかり栄養が摂れますので、もともと食が細い子や食が細くなる高齢犬にはピッタリのドッグフードだと言えます。

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

ドッグフードの保管方法に気をつけよう

ドッグフードは、開封した瞬間から酸化が始まります。開封して初めのうちは食べてくれたのに徐々に食べなくなってきたような場合は、ドッグフードに飽きたのではなく、酸化した臭いが嫌でドッグフードを食べなくなっているのかもしれません。

 

ドッグフードは、直射日光を避けて冷暗所で保存するようにしてください。未開封の場合も同じです。季節によっても変わってきますが、開封後は1か月以内を目安に使い切るようにしましょう。

 

食べやすい工夫をしてあげよう

お口の大きさに合ったドッグフードを与えてあげる

 

ドッグフードを選ぶときは、愛犬のお口の大きさに合ったドッグフードを選んであげてください。食べにくいことが、ご飯を食べない原因になっているかもしれません。

 

愛犬が超小型犬・小型犬の場合は、超小粒タイプや小粒タイプのドッグフードを選ぶようにしましょう。超小粒タイプや小粒タイプがないドッグフードを与える場合は、食べやすい大きさに砕いてあげるのも良いですね。

 

砕いてあげるときは小さくなり過ぎないように気をつけましょう。犬にとって「噛み砕く」行為には歯磨き効果も期待できます。とくに、歯垢や歯石のトラブルが比較的多い超小型犬・小型犬にとって、噛み砕くという行為はとても大切です。

 

食べやすい高さに食器を置いてあげる

床など低い場所に食器を置いている場合は、食べにくいことがご飯を食べない原因になっているかもしれません。かがんだ姿勢での食事は、首・前足・背中・腰に大きな負担がかかります。

 

食べものがスムーズに流れませんし、飲み込みが難しいため不要な空気を吸い込んでしまいます。そのせいで、嘔吐・ゲップ・むせるといった症状を引き起こします。

 

市販のペット用テーブルや台になるようなものを活用して、愛犬が楽な姿勢でご飯を食べられるよう工夫してあげましょう。

 

まとめ

愛犬がパクパクご飯を食べている姿を見るのは嬉しいですし、なにより安心できますよね。食が細い子や食べるスピードが遅い子など、食べ方にも個性があらわれます。

 

愛犬がどのようにご飯を食べているのか、日ごろから観察しておきましょう。ご飯を食べなくなったり食べ方に変化があった場合、早く気づいてあげられるようにしたいですね。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事