人が食べれるから、犬も食べれるは間違い|食べさせてはいけない食品と異物誤食の対処法

 

この卵焼きとっても美味しそうだワン。誰もみてないから食べちゃおっと!!


 

コラ!それ食べたら体壊しちゃうよ!


 

うわっ!びっくりした!なんでダメなの?美味しそうな臭いがするのに・・・。


 

その卵焼きには”ネギ”が入っているの。ネギ類には、「アリルプロピルジスルフィド」という成分が含まれていて、犬が食べると赤血球が破壊されちゃうんだ。


 

赤血球が破壊だとワン???絶対に食べないワン。


 

人間は食べれるけど、犬は食べれない食品は結構多いんだよ。これから詳しく教えるね。


 

人間の感覚で「犬」にご飯をあげてはダメ!

犬を飼っている家庭なら、「異物誤食」というのは日常的にいつどこであり得ても不思議ではありませんよね。

 

ボールペンのキャップから、子供のおもちゃ、広い意味で人間の食事や薬など、本来犬が口にするべきではないものを指しています。

 

犬は人間と同じほ乳類ですが、体の消化吸収システムには違いがあります。人ならふつうに分解できるものが犬にはできないということが多々あります。

 

無害であれば、一時的におなかを壊すぐらいで済みますが、人間には無害でも犬にとっては有害な食品が実はとても多いのです。

 

ここでは、異物誤食について、犬に与えてはいけない食べ物、そして万が一食べてしまった場合の対処方法について詳しく解説していきます。

 

ネギ類全般!ニラ、ニンニクもダメ!|真っ赤な尿がでて貧血を招く

犬ネギ

パン君も危うく食べるとこだった”ネギ”。

 

人間にはまったく無害ですが、犬には有害な食品になります。ネギ類には、「アリルプロピルジスルフィド」という成分が含まれています。

 

この「アリルプロピルジスルフィド」は人間には問題ないが、犬が食べしまうと赤血球が破壊されてしまいます。

 

だいたい2日くらいで発症して、真っ赤な尿がでてきて貧血を起こします。

 

発症には個体差が大きく、ネギを含むスープをひと舐めしただけで発症する犬もいれば、ネギ入りのハンバーグを食べても発症しない鈍感な犬もいます。

 

なので、「少しだから、大丈夫でしょ」という安易な考えも持たずに、ネギ類を食べてしまったら念のために動物病院に相談するようにしましょう。

 

参考記事:犬が玉ねぎ、ネギ類を食べたら危険?|中毒症状、応急処置【保存版】

 

鳥や大きな魚の骨には要注意!|消化器官に穴があくこともある

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキンを食べている時、甘えたかわいい顔して「ちょうだい!ちょうだい!」とパン君は寄ってきます。

 

そこで、フライドチキンを1本あげてしまったら、最悪死んでしまう危険性があるということを認識して欲しいと思います。

 

犬は、強力な胃酸で骨を溶かすことができます。ちゃんと骨が胃に届けば問題ありません。

 

しかし、とがった骨は食道や胃腸を傷つける恐れがあります。この消化器官には雑菌がたくさんいるので、もしとがった骨で穴が空いてしまったら、「急性腹膜炎」を起こして短時間で死に至るケースもあるのです。

 

ご存じかと思いますが、犬は本当に本当に食いしん坊です。「骨なんて大丈夫だよ」と言わんばかりの勢いで食べます。「鳥の骨は危ないから、ゆっくり食べよう」なんて考えません。

 

だからこそ、僕たち飼い主がしっかり守ってあげる必要があります。鳥の骨(鳥の骨は縦に裂けるから危ない)、大きな魚の骨には気をつけて下さい。

 

水を吸って膨らむものもダメ

干しアンズも犬にあげてはダメ

水を吸って膨らむもととは、食べる段階では乾燥していてかさが少ないものが、水を吸収してその何倍にも膨れてしまうものです。

 

干しアンズ、今はやりのチアシードなどもこれにあたります。犬が乾いた状態でおなかいっぱい食べてしまと、胃の中の胃液を吸って数倍に膨れてしまう危険があります。

 

これを「胃拡張」といい、ショックで死に至ったケースもあるので注意が必要です。

 

膨らむだけではなく、毒性もあるレーズン

胃の中で膨らむだけではなく、腎臓への毒性まで持っているのが「レーズン」です。糖分も多く味も濃いので胃炎も起こしやすく、体重1sあたり10g〜30gで中毒を起こします。

 

キシリトール入り製品も犬には毒性がある

虫歯予防で有名なキシリトールですが、犬にとっては「肝臓毒性」が確認されています。

 

本当に微々たる量であれば、あまり影響を及ぼさないこともあるようですが、人間の食べるガムの場合で言えば数枚で危険性があるという報告があります。

 

犬が届く範囲に、キシリトール製品を保管するのはやめましょう。誤って食べてしまうことは十分考えられます。

 

基本的に、人間が食べているものを安易に愛犬にあげない、食べさせないようにして下さい。

 

食べ物以外で注意したい異物誤食

犬薬飲む

食べ物以外でも、犬は何でも口に入れてしまう、舐めてしまう習性がありますね。

 

よくあるのが『薬』です。テーブルに置いておいた薬が飲もうと思った時には、消えていた。なんてことがあったという方も多いのではないでしょうか。

 

人間用の薬は成分的には問題がなくても、その量に大きな問題があります。

 

犬の体重が6キロ、人間の体重が60キロの場合、60キロの人を想定して作られた薬ならその作用は10倍になります。

 

薬というのは、有効な働き以外に少なからず副作用があります。犬のような人間より体が小さい動物が食べてしまった場合は、当然副作用が大きな問題となります。

 

お家のおしゃれ観葉植物にも危険が潜んでいる

犬観葉植物

散歩していて、雑草を食べてしまうことって多いですよね。

 

観葉植物が家にあれば、犬は当たり前のように食べようとします。猛毒ではなくとも、お腹を壊し何日も通院するわんちゃんが多いようです。

 

中には、スズランのように致命的な神経毒性を持つものもあるので注意が必要です。個別に毒性の有無を覚えるのは難しいですが、特に球根がある植物は全部だめという認識で良いでしょう。

 

また、すべての植物は高いところにつり上げたり、棚の上に置くなど誤食防止対策もしっかりしましょう。

 

もし、異物をたべてしまったらどうすればいいのか?

 

異物誤食をした際は、すぐに吐かせるという回答もありますが、これは正しくはありません。

 

誤食のケースとして、大きく2つのケースがあるかと思います。

 

  • 目の前で異物を誤食した
  • 誤食の瞬間は見ていないが、嘔吐が続いておかしい

 

「異物誤食」というのは、症状の程度や進行にもばらつきがあり、油断のできないトラブルです。

 

どちらのケースにせよ、まずすぐに獣医に相談して下さい。誤食の瞬間を見ていたから、自分で吐かせようとはせず、獣医の指示を仰ぐのが賢明です。

 

トイレ用の強酸性洗剤やカビ取り剤など、シンナーのような有機溶媒などは吐かせると気道に入ってしまい、かえって被害を拡大する恐れもあるからです。

 

  • 獣医の指示により、吐かせてから来院するケースもあります。

 

「催吐剤」(吐かせ薬)としては、食塩、オキシドール、または専門の医薬品などがあります。吐かせる場合は、その獣医の指示に従うことが先決ですが、簡単に吐かせる方法をご紹介しておきます。

 

食塩を使う場合

食塩を飲ませ、水を大量に飲むことを促し吐かせます。スプーン1杯〜5杯程度を舌にのせてあげると勝手に食べてくれます。

 

※吐かせた後は、食塩の影響で体調を崩すことが多いです。

 

オキシドール(過参加水素水)を使う場合

薄めたオキシドールを飲ませ、胃の中に酸素を発生させ吐かせます。オキシドールは、薬局などで購入することができます。

 

こちらも獣医の指示を仰いで用量は確認するようにして下さい。

 

異物誤食を防ぐには、どうしたらいいのか?

誤食させない対策方法は、非常にシンプルです。誤食しそうなものを犬の届く範囲に置かないことです。

 

犬が誤食しそうなものは、引き出しにしまうか絶対に届かない高さのところに置くようにしましょう。

 

異物誤食を防ぐには、先回りして誤食の候補を減らしておくことしかありません。

 

 

 

パン、わかった?変なもの食べないでね。


 

昔食べてことがあるものがいっぱい出てきてびっくりしたワン!


 

えっ・・・


 

ドッグフードについてよく読まれている記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード

犬の異物誤食|食べてはいけない食べ物とその対処法【保存版】記事一覧

なぜ犬にチョコレートを食べさせてはいけないのか?というと、チョコレートに含まれる成分を体の中で分解できず、中毒を起こすからです。私たち人間にとっては、甘くて美味しいチョコレート。つい愛犬にもあげたくなりますが、チョコレートに含まれる‘テオブロミン’は犬にとっては有害物質!毒とも言えるでしょう!犬の体内ではチョコレートに含まれる‘テオブロミン’を分解できず、中毒症状や最悪の場合死に至るケースもあるの...

犬にバナナをあげても大丈夫です!バナナは栄養豊富で健康的なおやつと言えます!ただし、食べさせる‘量’には注意が必要です!バナナは、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維など不足しがちな栄養がバランス良く豊富に含まれている果物で、体の働きをサポート整腸作用で便秘解消長時間のエネルギー源になるなどの効果が期待できます。ただし、バナナを食べさせる上で、注意したいのが肥満果物アレルギーの有無下痢です。特に初めて...

犬にとっても、みかんは健康への効果も期待できる栄養価の高い果物のひとつです。飼い主がみかんを食べていると、欲しがって寄って来る犬も多いようですが、ホイホイあげすぎには要注意!みかんは消化しにくい果物ですから、食べさせすぎると消化不良を起こすこともあります。みかんの健康効果、食べさせるときのコツを知って正しい量を食べさせるようにしましょう。パンもみかん大好きだワン!甘みもあって美味しいし、健康にもい...

「犬に玉ねぎを食べさせてはいけない」ということを知っている飼い主さんは多いようですが、「玉ねぎ以外のネギ類、たとえばニンニクや長ネギなども食べさせてはいけない」ことや「加熱した玉ねぎやネギ類も食べさせてはいけないということ」まで知っていましたか?私たち人間にとっては、年中口にするといっても良い玉ねぎやネギ類は、血液サラサラ効果があり、健康維持にも良いとされていますが、犬にとっては「毒入り野菜」とい...

私たち人間にとって、身近な果物のひとつである「いちご」は、あればついつい何個も食べてしまいます。そんなとき、ふと愛犬にいちごを食べさせて良いのだろうかと思った飼い主さんや、今まで何個もあげてきたという飼い主さんに、いちごについて知っていて欲しいことがあります。いちごは栄養豊富で、犬にとってもうれしい健康効果が沢山ありますが、食べさせすぎには要注意です。食べすぎてしまうと、中毒や結石など健康を害する...

犬に食べさせてはいけない食べ物の中でも最近知られるようになったのが「ぶどう」です。中毒症状や急性腎不全を起こす危険性があることがわかっていますが原因はハッキリしていません。急性腎不全を起こしてしまうと、病状の進行が早く、最悪の場合死に至ることもあります。食べてしまった場合は、早く症状や異変に気が付いて対処してあげることが、必要となります。ぶどうによる中毒について知って、今後は避けるべき食べ物の1つ...

ヨーグルトは、私たち人間にとっては健康や美容に良い効果があることが知られています。しかし、犬に食べさせるのは躊躇しているという飼い主さんも多いのではないでしょうか。その理由は、「牛乳で下痢をする」「乳糖不耐症」ではないですか?犬は牛乳に含まれる「乳糖」の消化が不得意なので下痢を起こすこと(乳糖不耐症)があります。ヨーグルトは、乳酸菌が乳糖の一部を分解しているので食べても大丈夫な犬が多く、腸を健康に...

キャベツは、免疫力をアップするビタミンCの含有量が、野菜の中でトップクラスです。他にも、ビタミンU、βカロテン、ビタミンK、カルシウムなど豊富な栄養と水分・食物繊維を含んでいます。沢山の健康効果が期待できるキャベツですが、「食物繊維」には少し注意が必要だったりします。ここでは、キャベツの栄養素が犬にもたらす効果とキャベツを与える際の注意点についてご紹介していきます。キャベツについて正しい知識を得て...

定番の彩り野菜であるブロッコリーにはビタミンやミネラル、食物繊維、水分が豊富で、犬にとっても嬉しい栄養素が沢山含まれています。犬にとってもブロッコリーはとても栄養価がたかく、餌として是非与えたい食材です。ただし、食べさせすぎると「グルコシノレート」が甲状腺機能低下に、「シュウ酸」が尿路結石症の原因になることも・・・。ここでは、ブロッコリーが犬にもたらす嬉しい効果と与える際の注意点について詳しくご紹...

りんごは犬に食べさせても大丈夫です。りんごは、水分と栄養価が高く、疲労回復、生活習慣病(糖尿病、動脈硬化)予防、整腸作用など様々な効果が期待できます。特に、りんご独特の「りんごポリフェノール」は、抗酸化力が高く、優れた成分として注目されています。1日量を守り、消化に良い工夫をして与えることで愛犬の健康増進に一役かってくれる頼もしい果物です。そんなりんごが犬にもたらしてくれる効果と与える際の注意点に...

「ワンちゃんに桃を食べさせてはいけません」こんな話を聞いたことはありませんか?桃は甘くておいしいので、ワンちゃんにも食べさせてあげたい、と思う飼い主さんも多いはずです。でも最初にも言った「ワンちゃんに桃を食べさせてはいけません」という情報があると、やはりワンちゃんに桃をあげるのは躊躇われてしまいますよね。実はこの情報は間違っているのです。桃はワンちゃんに食べさせても大丈夫な食材なのです。ではなぜこ...

夏野菜といえばトマト。赤く熟れたトマトはジューシーでとってもおいしいですよね。私たちがトマトを食べている横で愛犬が欲しそうに見ていたら、ついついあげたくなっちゃいませんか?そんな時ふと思うのが、トマトって犬に食べさせても良いのか?という事。もしワンちゃんにとって悪い成分が入っていたら・・・なんて不安になりますよね。でも安心して下さい。トマトは身体に良いとされている成分がたっぷりと入っているので、犬...

納豆は好き嫌いが大きく分かれる食材です。あのネバネバとニオイが好き!と言う人もいれば、そのネバネバとニオイが苦手!と言う人もいるでしょう。犬も同じで納豆が好きな犬もいれば苦手な犬もいます。苦手なワンちゃんにわざわざ無理をして食べさせる必要はありませんが、納豆好きなワンちゃんには食べさせてあげたい、と言うのが飼い主さんの気持ちですよね。でも納豆を食べさせることはワンちゃんにとってどのような影響がある...

お酒のおつまみにチーズを食べていると、ワンちゃんが近づいてきて欲しそうにしている・・・なんてことはありませんか?チーズのあの独特の香りが犬の食欲をそそるのです。人間でも同じですよね。あの香りは発酵させた食品から出る独特のものなんです。そう、皆さんご存じのようにチーズは発酵食品で、犬の大好物のひとつでもあります。元々、犬は自分が食べ残したものを土の中に埋めて、発酵させてから食べるという習性があります...

煮たりふかしたりして食べるとおいしいサツマイモ。秋から冬にかけては特にホクホクでおいしいですよね。そのまま丸ごとふかして食べるのが好き、と言う人も多いのではないでしょうか。私たちがサツマイモを食べているとそのおいしそうな匂いにつられて、食べたそうに近寄ってくるワンちゃん。食べさせてあげたいけれど、サツマイモをワンちゃんに食べさせても良いのか、また食べさせて良いとしてもどのくらいの量をあげても良いの...

毎日ドッグフードを食べている愛犬。同じものを食べていて飽きないのかなぁ?なんて思ったことはありませんか?ドッグフードには栄養素がたっぷり含まれていますが、水分はあまり含まれていません。それは長期保存を可能にするためです。となると水分は、水を飲むか、その他の食事から摂るかのどちらかになります。その他の食事から摂る場合は、人間と同じように野菜から摂るのが良いでしょう。野菜と言ってもたくさんの種類があり...

暑い時期になるとなんだか食べたくなるきゅうり。ひんやりシャッキとしていて火照った身体を冷やしてくれるので、夏になると頻繁に食べているという方も多いのではないでしょうか。しかし暑いのは人間だけではありません。犬だって同じです。もし犬もきゅうりが食べられるのであれば、食べさせて身体を冷やしてあげたいと思いませんか?でも犬には食べてはいけない食べ物がいくつかあります。もし食べさせて愛犬の身体に悪影響を及...

私たち人間にとってパンはお米と同じくらい主食としての役割を果たしてくれますが、犬にとっても同じような役割を果たしてくれるのでしょうか。またパンを食べさせるとしたらどのくらいの量を与えれば良いのでしょうか。このような疑問をお持ちの飼い主さんはたくさんいらっしゃいます。今回はそんな疑問にお応えするべく、犬とパンについて調べてみました。パンは犬にとって主食にはならない人間はお米の代わりにパンを食べること...

犬に食べさせてはいけないとされている食材はいくつかあります。今回その中からピックアップするのは、お正月などに大活躍するお餅です。お餅は焼いて食べたり、お雑煮やおぜんざいにして食べたりすると、とてもおいしいですよね。中にはお家でお餅つきをして食べる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。おいしい匂いがして来たらワンちゃんも寄ってきて欲しがりますよね。でもお餅は犬には与えてはいけない食材(食べら...

特別な時くらいしか食べない高級食材のメロン。私たちがおいしそうに食べていると、愛犬も横で欲しそうにしている・・・あげたいけれど犬にメロンって食べさせても大丈夫なの?犬に害のあるものは入っていない?食べさせても大丈夫ならどれくらいの量ならいいの?などの疑問が出てきますよね。結論から言えば、犬にメロンは食べさせても大丈夫ですが、注意点もあります。メロンの栄養価と注意点について詳しくご紹介していますので...

生のままで食べても焼いても茹でてもおいしい卵。私たち人間は卵をいろいろな調理方法で食べますよね。卵はとてもおいしいですが、犬に食べさせても大丈夫なのでしょうか。特に卵はアレルギーなども気になりますよね。今回は卵を犬に与えても良いのかどうかについてお話ししたいと思います。卵は基本的に食べさせても大丈夫!でも注意しなければいけないのは生の白身!卵は高タンパクで低カロリーなので、できれば愛犬に食べさせた...

フライドポテトやじゃがバター、これからの季節においしさを増してくるジャガイモ。おやつとしてもおかずとしても、たくさんの調理法があるので、毎日の献立に重宝している方もたくさんいらっしゃるでしょう。私たちがおいしそうにジャガイモを食べていると、横から欲しそうに見てくるワンちゃん、見てくるだけでなく横取りして食べてしまうワンちゃんもいますよね。でもふと、犬ってジャガイモを食べても大丈夫なの?と不安になる...

ニンジンは私たちの食卓には欠かせない食材ですよね。ビタミンやミネラルが豊富ですので、愛犬にも食べさせたいと感じている飼い主の方も多いのではないでしょうか。でもニンジンは固いし、成分的にも犬に与えて大丈夫なのかどうか心配ですよね。結論としては、ニンジンを与えても問題ありません。今回はニンジンを犬に与える際の注意点をご紹介します。ニンジンの成分と犬への影響!ニンジンの約90%は水分でできています。です...

カルシウムといえば牛乳を思い浮かべる人も多いと思います。骨を強くするために飲んだり成長期に飲むと背が伸びるなんて話もあったり・・・。そんな牛乳を愛犬にも与えたいと思っている方も少なくありませんよね。しかし犬に牛乳を与えてはいけません!という意見や、うちの犬は毎日牛乳を飲んでいるけど全く問題ないですよ!という話もあり、いったいどちらが本当のことなのか悩んでしまいます。なぜ牛乳を犬に与えてはいけないと...

「猫にイカを食べさせると腰を抜かす」という話を聞いたことがありませんか?このような話があると、猫ちゃんを飼っている人はもちろんですが、生体が似ている犬を飼っている人も、気になりますよね。なぜイカを食べると腰を抜かすと言われているのか、愛犬にイカを食べさせても大丈夫なのかご紹介します。パンはイカを食べたことないワン!スルメなんて美味しい臭いがぷんぷんするから食べたいのにくれないワン!イカって食べては...

夏は冷ややっこ、冬は湯豆腐にして食べるとおいしい豆腐。豆腐は高タンパクなので、私たち人間も積極的に食べたい食材となっていますが、犬にはどうなのでしょうか。高タンパクと聞くとやはり食べさせたいなぁ・・・と思いますよね。でも豆の耐性を持っていないワンちゃんがいると言う情報もあり、少し不安があるところです。そのあたりも併せて、犬に豆腐を食べさせても大丈夫なのかどうかを確認してみましょう。豆の耐性を持って...