アレルギー対策にグレインフリーのドッグフードを選ぶ

 

なんでグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードがいいんだワン?


 

犬は肉食動物だから「穀物」の消化がとても苦手なんだ。

 

苦手なだけならいいんだけど、アレルギーの原因になったり臓器に負担をかけてしまうんだよ。

 

なぜグレインフリーのドッグフードを選ぶべきかは大きく3つの理由があるから詳しく説明していくね。


グレインフリーのドッグフード選ぶべき3つの理由はこれ!

犬は本来、肉食由良の動物!『消化器官』が違う!

犬は肉食由来の動物であることから、「腸」が短く出来ています。そのため、穀物の吸収がとても苦手です。

 

また、穀物を消化分解するためには「アミラーゼ」という消化酵素が必要ですが、犬はこの消化酵素を持っていません。

 

消化できない穀物が主原料のドッグフードを毎日食べさせることは、思っている以上に犬の体に大きな負担を与えているのです。

 

穀物はアレルギー物質になりやすい

穀物は消化しづらいということをお伝えしました。消化分解できない食べ物はアレルギー物質として体に認識されやすくなります。

 

犬のアレルゲンとして「穀物」が多いのにこういった理由があったからです。

 

グレインフリーのドッグフードに変えると嬉しい変化いっぱい

グレインフリーのドッグフードは、犬の体の仕組み、消化器官に適しています。グレインフリーのドッグフードに変えることで下記のような嬉しい変化が期待できます。

  • 毛並みがよくなる
  • 皮膚病の予防
  • 異常行動がなくなる
  • 便の質がよくなる
  • 理想の体型に
  • アレルギー発症の予防

 

市販のドッグフードの原材料はトウモロコシなどの穀物です。なぜ、グレインフリーのドッグフードを選ぶべきか納得できたと思います。

 

愛犬のためにも、是非グレインフリーのドッグフードを選んであげてくださいね。

 

安心・安全のグレインフリードッグフード|評判おすすめ

 

カナガン ドッグフードの特徴

最高級のグレインフリードッグフード

ドッグフードに詳しい獣医師も推薦するドッグフードが「カナガン」です。
「穀物不使用」
「人口添加物不使用」
「全犬種・ライフステージ対応」
野菜やハーブも含まれ栄養価も抜群です。愛犬の健康維持に選ぶなら「カナガン」で間違い無いでしょう。

価格 2s 3960円
評価 評価5
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
カナガン ドッグフードの総評

100%のわんちゃんが食べた!という食いつきのよさも魅力!

ドッグフードを食べてくれない。そんな悩みも解決してくれますよ。

また、その高い栄養価から毛並みの改善、尿路結石の予防、抗酸化作用にも適しているドッグフードです。

 

 

 

ネルソンズ ドッグフードの特徴

皮膚、関節のケアならグレインフリーの「ネルソンズ」

ネルソンズもカナガン同様に獣医師が推薦しているドッグフードのひとつです。

グルコサミン・コンドロイチンで関節のサポート、サーモンオイルと海藻で輝く毛並み作りをサポートしてくれます。

ヒューマングレイド、人工添加物も不使用で、安心安全のおすすめできるドッグフードです。

価格 2s 3960円
評価 評価4.5
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
ネルソンズ ドッグフードの総評

バランス良く配合された様々な栄養素が、愛犬の健康をサポート。

小型犬でも食べやすい小粒タイプもあり、7ヶ月〜7歳までネルソンズひとつで与え続けることができます。

オリゴ糖も含まれているので、腸内環境を整え免疫力を高めてくれます。

便の質がよくない、関節のケアが必要なわんちゃんにおすすめです。

 

 

 

オリジンドッグフード

オリジン ドッグフードの特徴

全種類六つ星を受賞したドックフードの「オリジン」

生物学的に適正というコンセプトのドッグフード。多種多様なお肉と鮮度へのこだわり、フルーツと野菜で栄養価も抜群。

ペットオブザイヤーも3年連続受賞した最高レベルのドッグフードです。

「カナガン」「ネルソンズ」に比べるとと価格が高いというのがネック。

価格 2.27s 5049円
評価 評価4
備考
オリジン ドッグフードの総評

新鮮肉を使用した高タンパクなドッグフード。

オリジンの原材料中70%は肉原材料を使用した高タンパク食、超低炭水化物で作れています。

健康を促進するハーブや消化酵素も含まれており、自然なかたちで愛犬の健康をサポートしてくれます。

価格が少し高いということを除けば、1番おすすめしたいドッグフード。

 

 

犬の健康に良くない「穀物」なぜドッグフードに含まれるのか?

 

不思議だワン・・・。犬の体によくない「穀物」がなんでほとんどのドッグフードの原材料になっているだワン?


 

それは、簡単なことでね。「安いから」だよ。

 

ほとんどのペットフード業界は、儲けることを1番の目的として考えているからね。

 

動物性タンパク質をメインの原材料としてドッグフードを作るのはコストがかかる。だから、タンパク質の量を減らして(ほぼなくして)、安価な「穀物(炭水化物)」を増やしたんだよ。

 

それに、原材料を加工する段階での添加物の規制はないという最悪な状況。安価な市販のドッグフードは穀物云々よりも添加物で危険レベルなんだよ。


 

ドッグフードについて参考記事

 

パン君のドッグフードランキング

 

TOP⇒パン君のドッグフード