肥満の原因はドッグフードの〇〇にあった!そのダイエット法、正しいですか?

ドッグフード肥満

 

最近、テレビなどで「デブ犬」「デブ猫」といった、肥満の犬や猫をかわいいものとして取り上げていることがありますね。

 

たしかに、コロコロと太った犬は動作も穏やかで、まん丸でかわいいとは思います。しかし、犬が肥満になるのは、飼い主として褒められるべきこととは言えません。

 

今回は、肥満の原因と改善、予防法をドッグフードの観点から見ていきます。

 

肥満対策におすすめのドッグフードもランキング形式でご紹介していますので参考にして下さい。

 

↑クリックするとショートカットしてランキングまでいきます↑

 

肥満はこんなに危険!

肥満は、人間同様さまざまな疾患を引き起こす要因となる、実際には恐ろしい状態です。その主なものを見てみましょう。

 

股関節への負担

犬種によっては、ブルドッグのようにもともと体重の割に足腰が弱いタイプの犬もいます。

 

また、ラブラドールレトリバーなども股関節に不具合が起こりやすい犬種ですから、そのような犬の場合は少しの体重増加でも症状を誘発する可能性が高いのです。

 

小型犬であっても、標準体重を大幅に超えた肥満体は、犬の股関節に多大な影響を与えてしまいます。

 

糖尿病

肥満だけが原因ではありませんが、ドッグフードの品質や食事の与え方などが肥満につながり、そして糖尿病に発展することも少なくありません。

 

糖尿病を発症してしまうと、短期で完治することは難しく、症状が進むと目に障害が出たり、昏睡、最悪の場合は命にかかわってしまいます。

 

参考記事:犬の糖尿病は初期症状を見逃さない!気になる症状と予防法・治療法

 

内臓疾患

肥満は内臓にも影響を与えます。特に、心臓は肥満によって大きな負担がかかりますし、腎臓や肝臓などもダメージを受けます。

 

いずれも死亡原因の上位にくる疾患ですから、障害を誘発しないためにも肥満にならないよう気をつけなければなりません。

 

肥満のメカニズムについて

野生の肉食動物は、その運動量も半端ではありませんが、肉や脂肪を主に食べます。でも、肥満体の野生肉食動物はあまり見かけませんね。

 

なんとなく、肥満=肉、脂肪というイメージがありますが、本当にそうでしょうか?

 

なぜ太るの?

体内で脂肪が増える要因は、血糖値が急激にあがることにあります。その血糖値を上げる成分は「糖質」で、糖質は、炭水化物に分類されます。

 

炭水化物の総量から食物繊維を抜いたものが糖質になります。糖質は、穀物類や根菜類に豊富に含まれていますので、それらを摂りすぎてしまうことが肥満につながります。

 

肉や脂肪にはその糖質がほとんど含まれないため、血糖値を上げる要因にはなりません。

 

間違ったダイエット法

ダイエットをすると、極端に食事の量を減らしたり、食事の量や内容はそのままで運動を増やしたりしがちですが、これらは効率の良い方法とは言えません。

 

少し太った、くらいならば効果が期待できますが、肥満になってしまうと運動しても痩せにくい体になっていますし、なにより食事内容を見直さなければ何をやっているのかわからない状態になってしまいます。

 

また、犬の体を維持するために必要な栄養素がとれない可能性があるため、食事の量を減らすことはおすすめできません。

 

ドッグフードと炭水化物

肥満の要因は炭水化物(糖質)にあることがわかりましたが、炭水化物はエネルギー源として重要なものではないのでしょうか??

 

炭水化物は必要なの?

犬は現在雑食化していますが、基本的には肉食といえます。犬の体を考えても、消化器官などは肉食に適したものになっています。

 

また、エネルギー源として、犬に限らず人間もですが、炭水化物が少なくてエネルギー源が足りない場合、新糖生という働きによって体内でエネルギー源を確保できます。

 

炭水化物を多く含む食材にも、ミネラルなど有益な成分が入っていますから、食べてはいけないものであるとは言えません。消化吸収も、適切な処理をされたものは問題なく吸収できます。

 

ですが、肥満を考えた時、『摂りすぎる』ことは避けなければなりません。

 

低炭水化物ドッグフードという選択

炭水化物の摂りすぎが意識し始められ、ドッグフードにも低炭水化物のものが作られています。

 

穀物類など、アレルギーの観点からも不使用とするドッグフードは、自然にたんぱく質の含有が多くなるため、犬にとって理想的な成分が配合されているといえます。

 

ドッグフードに使用される炭水化物は、ミネラルなどの補給目的というよりは「かさ増し」「つなぎ」の意味合いが強いと言わざるを得ません。

 

そういった、なくても良い成分が肥満の原因となるならば、積極的に摂る意味があるとは言えないでしょう。

 

肥満対策に最適なドッグフードランキング

さまざまなドッグフードの中から、肥満対策に最適なドッグフードを見つけました。

 

 

オリジンの特徴

カナダのチャンピオンペットフード社のオリジン。

こちらは、穀物類不使用はもちろん、炭水化物に関しても犬の負担になりにくい処理を施し、急激に血糖値をあげる食材は使わないということを掲げています。
炭水化物は全体の25%以下を実現しています。

価格 2.27s 5049円
評価 評価5
備考
オリジンの総評

原材料の生産から搬入、製造からパッキングまで一貫して自社管理をしている点から、品質には安心があります。

使用しいてる炭水化物も従来はポテトでしたが、血糖値を上げにくい豆類へ変更するなど、常に低炭水化物を意識した企業が製造しています。

 

 

 

ティンバーウルフの特徴

創業時より、低炭水化物の重要性に着目し、穀物類不使用のドッグフードのパイオニアであるティンバーウルフ。

野生の肉食動物のスタイルに近いドッグフードの提供を理念とし、高たんぱくのドッグフードです。

価格 1.36s 3024円
評価 評価4.5
備考
ティンバーウルフの総評

少し情報公開が少ない点が気になりますが、肥満対策には理想的なドッグフードといえます。

少しにおいが強い(ハーブ多用のためスパイシーな香りが強い)ので室内飼いなどの場合は気になるかもしれません。

 

 

 

ZiwiPeak(ジウィピーク)

ZiwiPeak(ジウィピーク)の特徴

原材料全体の90%が肉類という、非常に高たんぱく質のドッグフードです。

炭水化物は10%以下という超低炭水化物で、肥満の犬の食事としてはベストです。
トライプ(反芻動物の胃)などの内臓も含まれ、栄養価、嗜好面からも素晴らしいドッグフードといえるでしょう。

価格 5s 27636円
評価 評価4
備考 ※価格は楽天市場より参考
ZiwiPeak(ジウィピーク)の総評

市販されているドライフードの中では炭水化物量がトップクラスに低いドッグフードです。

アレルギーになりにくい肉類を使用し、関節サポートの効果がある緑イ貝も配合されています。
肥満の犬の悩みのひとつである関節への負担にも配慮されており、肥満状態にある犬にぜひ食べさせたいドッグフードですね。
ただ、2.5キロで20,000円という高額なドッグフードであるため、大型犬のパン君に与えると1か月10万円を超えてしまいます…
高品質なのは十分わかりますが、全ての犬種に対応できる現実的な価格とは言えないため、3位です。

 

 

その他おススメドッグフード

カナガン

 

高品質な原材料にこだわり、添加物についても厳選された安全なものを使用しています。

 

炭水化物も低く抑えてあり、健康的な犬の生活を支えるためのたんぱく質も人間が食べられるレベルの原材料を使用しています。肥満にいたる要素が少なく、健康的なドッグフードといえます。

 

総合ランキングで1位のドッグフードです。ドッグフード選びで迷ったらまずカナガンのお試しをおすすめします。

 

>>カナガン詳細|お試しはこちら<<

 

ネルソンズ

 

通常、炭水化物は成分分析値に表記されていないことが多いです。しかし、低炭水化物を理念とするネルソンズのドッグフードは、メーカー側が公表しています。

 

肥満が気になる場合、低炭水化物であるかどうかの判断が難しいドッグフードも多いですので、このような企業姿勢は非常に評価できます。

 

>>ネルソンズ詳細|お試しはこちら<<

 

オリジンが肥満対策に最適なドッグフードといえる理由

 

評価★★★★★
原材料★★★★★

 

それぞれの原材料は、カナダ自社農場の天然素材のみを厳選して使用されるヒューマングレードです。

 

添加物についても、合成の保存料や着色料、その他不安要素は使用されていません。もちろん、穀物類は不使用です。

 

製造過程

一貫して製造から販売まで責任を負う姿勢も企業として評価が高いですね。

 

肥満対策としても、低炭水化物ドッグフードであり、調理法も低温調理を用いて製造過程での品質劣化を防ぐ努力をしています。

 

まとめ

肥満対策を考えるとき、必要な栄養素は摂取しつつ、いかに太る要素を減らすかは非常に頭を悩ませますね。

 

カロリーの低いものは、たんぱく質や脂肪などを削っているものもあり、それでは健やかな筋肉が育ちません。

 

重要なのは、じゅうぶんなたんぱく質を補給出来て、さらに、関節ケアにも役立つ成分が配合され、肥満の要因となる炭水化物は非常に低く設定されていることです。

 

せっかく穀物類不使用のドッグフードを与えるのなら、炭水化物もなるべく少ないものを選びましょう。肥満の大敵は、肉や脂肪ではなく、「糖質」です。

 

 

>>オリジンドッグフードの詳細と購入はこちらから<<

 

 

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事