犬が土や小石を食べるのはなぜ?!その原因と対処法

 

犬を飼っている人で、散歩途中などに犬が道路を舐め続けたり、土を食べたりして驚いた経験を持つ人は少なくないですよね。

 

なぜこのような行動をするのでしょうか?どこか病気なのでしょうか?今回は、犬が土を食べることで考えられる要因と、対処の方法をいくつかご紹介します。

 

どうして土を食べるの?考えられる原因とは

病気ではないケース

好奇心から口に入れてしまう

子犬にありがちですが、なんにでも興味津々な時期には、口に入らないものでもかじってしまったり、口に入れてその感触を楽しんだりします。

 

その際に、つい石ころや土も食べてしまうことがあります。実際に食べているわけではなく、口の周りについているだけの場合も多いです。

 

飼い主の興味を引きたい

遊びの一環であったり、飼い主の気を惹きたいがために、わざとやっている場合があります。

 

歯が生え変わる時期

人間と同じで、歯が生え変わる時期はむずむずするものです。それを和らげるために、手ごろな小石などをガジガジする場合があります。

 

しつけの逆効果

いけない!と言っているつもりが、犬から見れば遊びと勘違いしたり、逆にストレスになったりして土や小石を食べることがあります。

 

ストレスが原因のケース

環境の変化

引っ越しや家族の増減など、なんらかの出来事が引き金となり、土を食べる行為を始める場合があります。

 

不安感が強い

お留守番ばかりさせたり、一人ぼっちの時間が長すぎたり、飼い主との触れ合いが少なすぎる場合に寂しさから食べたりすることがあります。

 

特定の栄養素が不足している可能性

特定の場所の土を食べる

いつも決まった場所の土を食べる場合は、その場所の土の成分に不足している栄養分(塩分など)がたまたまあるということが稀にあります。

 

手作り食を常時与えている

ミネラル分が異常に不足している場合など、土などを食べることで補っている、ということもあります。

 

獣医師の診断が必要なケース

嘔吐や下痢を伴っている

土を食べることとの因果関係があろうがなかろうが、この症状が続くだけで獣医師に相談しましょう。

 

ありとあらゆる異物を食べる

寄生虫などがいる可能性があります。また、異食症遺伝の可能性もありますので、獣医師に相談しましょう。

 

しつけの面からの予防法

犬しつけ

どんな理由であれ、異物を食べていることに変わりはないので予防できるのであれば、予防したいですよね。いくつか方法をあげてみます。

 

「待て」を徹底して教える

コマンドとして、「待て」をしっかり教えることが大切です。なにかしようとしても、今はそれをする時ではない、ときちんと教えましょう。

 

土を口にする前に「伏せ」をさせる

土を食べようとする前に、伏せの体勢をとらせることで気持ちの切り替えをさせると、次第に土を食べることがなくなります。

 

「伏せ」が出来たことをほめる

そして、その伏せが出来たことをしっかりと褒める。イコール、土を食べなくても楽しい、嬉しい、と紐づけできれば、犬は飼い主の気を惹こうとして土などを食べる必要がなくなります。

 

食事を替えることで改善することも!

飼い主の気を惹きたい、しつけができていないことが原因ではない場合は、食事に問題があることも多いです。。

 

手作り食を与えている場合

手作り食を与えている方の中には、塩分などを一切加えない人もいます。加えすぎはいけませんが、一切与えないのもかえってバランスが悪くなります。

 

獣医師に相談し、少しの塩分やミネラルを添加することで、改善したという報告もいくつもあります。。

 

ドッグフードを与えている場合

こちらもミネラル不足の可能性をまず考え、ミネラルがきちんと添加されているものに切り替えてみてはどうでしょう。

 

いずれにせよ、自己判断で加えるのは危険ですので、獣医師になからず相談して行ってください。

 

まとめ

犬が草を食べるのは、胸やけや毛玉を吐き出すための行為で、さほど心配はいりませんが、土や石となると腸閉塞などの危険を伴います。

 

原因と思われるものの中から、思い当たるものがある場合は、一つずつ予防法などを試してみてください。多くはストレスが原因であるようですが、しつけや食生活の面からも合わせて考えてみてくださいね。

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事