飼い主さんが知っておくべきドッグフードの気をつけたい原材料!

 

皆さんは、愛犬のドッグフードをどのような基準で選んでいますか?ドッグフードの安全基準は非常に甘く、粗悪な原材料で作られているドッグフードが少なくありません。

 

愛犬を元気で長生きさせてあげるためにも、ドッグフードを購入するときは原材料をしっかり確認する必要があります。

 

今回は、ドッグフードに含まれている気をつけたい原材料について、お話していきます。

 

愛犬に与えてはいけない危険なドッグフードがある

「ペットフード安全法」によりドッグフードの安全は守られている?

2009年6月1日に「ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)」が施行されたことにより、ペットフードに関するさまざまな基準・規格が設定され、犬・猫の食の安全について見直されるようになりました(対象となるのは、犬と猫のペットフード)。

 

【愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律】

 

URL:http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/index.html

 

引用元:環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室

 

「ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)」の主な概要
  • ペットフードの製造基準・表示基準・成分規格を設定し、基準・規格に合わないペットフードの製造・輸入・販売を禁止
  •  

  • ペットフードの名称・賞味期限・製造業者名・輸入業者名・販売業者名および所在地・原産国の表示の義務化
  •  

  • ペットフードに含まれるすべての原材料(添加物を含む)の表示を義務化 など

 

では、ペットフード安全法により、ドッグフードの安全は守られていると安心して良いのでしょうか?残念ながら、そうではありません。

 

ドッグフードの安全基準は非常に甘いため、人間が摂取することが禁止されている廃棄寸前の肉原料や、有害な酸化防止剤・保存料・着色料・香料が平気で使用され、原材料欄に堂々と記載されています。

 

パッケージの魅力的な写真やイラストやキャッチコピーなど、見た目だけでドッグフードを選んでいる飼い主さんは要注意です。もしかしたら、危険なドッグフードを愛犬に与えている可能性があります。

 

今回ご紹介する「ドッグフードに含まれる気をつけたい原材料」の情報を、今後の愛犬のドッグフード選びにぜひお役立てください。

 

気をつけたい原材料 主原料 「肉」「小麦・とうもろこし・大豆」

 

ドッグフードの原材料欄には、原材料の割合の多いものから表示するという決まりがあります。

 

犬にとってもっとも必要な栄養素「動物性たんぱく質」が、原材料の一番先頭に表示されているか確認してください。

 

危険な肉 「副産物・家禽類・ミート・ミール・エキス・粉・肉類」

「副産物」「家禽類」「ミート」「ミール」「エキス」「粉(パウダー)」「肉類」。このような表示がある場合「4Dミート」を使用している可能性が非常に高いと言えます。

 

※「4Dミート」とは?

 

  • Dead(死骸)
  •  

  • Dying(死にかけている)
  •  

  • Diseased(病気)
  •  

  • Disabled(障害のある)

 

「4Dミート」とは、人間が摂取することが禁止されている廃棄寸前の危険な肉原料のことです。

 

肉以外の血液・脳・肺・脾臓・肝臓・腎臓・胃・腸など、もっとひどいものになると、糞尿・角・くちばし・羽・毛皮・爪などが使われていることもあります。

 

長期間放置されていた死骸が使われていたり、病気の家畜の場合は、投薬していた薬物が残存している可能性もあります。愛犬にこのようなものを食べさせているとしたら・・・ゾッとしますよね。

 

安全なドッグフードには「鶏肉」「牛肉」「鹿肉」「羊肉」「馬肉」「豚肉」といったように、はっきりと何の肉なのかが表示されています。

 

何の油?危険な「動物性脂肪・動物性油脂・家禽脂肪・油脂類」

「副産物・ミート・ミール・エキス・粉(パウダー)・肉類」同様、何の油なのか分からないような表示をしている場合は、4Dミートを使用している可能性が非常に高いと言えます。

 

安全なドッグフードには「鶏脂(鶏油)」「ラム脂肪」「サーモン油」といったように、はっきりと何の油なのかが表示されています。

 

犬の体に負担がかかる穀物 「小麦・とうもろこし・大豆」

犬にとって穀物は、消化不良やアレルギー(消化器官の異常や皮膚のトラブルなど)を引き起こす原因となることが分かっています。

 

にもかかわらず、穀物をメインにしたドッグフードが多いのはなぜでしょうか?それは、動物性たんぱく質メインのドッグフードに比べると、穀物メインのドッグフードは製造コストがかからないからです。

 

「コストダウンになるから」というメーカーの都合で製造されている、穀物でかさ増ししたドッグフードは選ばないようにしましょう。

 

気をつけたい原材料 添加物 「酸化防止剤」「着色料」「保存料」

危険な酸化防止剤 「エトキシキン」「BHA」「BHT」

エトキシキン

エトキシキンはゴムの固定剤として合成された化学物質で、除草剤や駆除剤としても使われています。日本では、人間用の食品添加物としての使用が認められていません。

 

皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こしたり、がんを発症する可能性があると言われています。

 

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

ガソリン用の酸化防止剤として合成された化学物質です。甲状腺がんや膀胱がんを引き起こす可能性があると言われています。

 

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

石油用の酸化防止剤として合成された化学物質です。甲状腺がんや膀胱がんをはじめ、脱毛・皮膚炎など、さまざまな異常を引き起こす可能性があると言われています。

 

安全なドッグフードには「ローズマリー抽出物」など、天然由来の酸化防止剤が使われています。

 

犬にとって危険で不要な着色料 「赤色○号」「青色○号」「黄色○号」

飼い主さん向けの「美味しく見せるアピール」に、だまされないようにしましょう。

 

ドッグフードの見栄えを良くするために使われる着色料(赤色102号・赤色106号・青色1号・青色2号・黄色4号・黄色5号など)は、犬にとっては全く意味がないどころか、アレルギー・染色体の異常・発がんなど、さまざまな健康問題を引き起こす原因となります。

 

ドッグフードに使われている危険な添加物はまだまだある!

亜硝酸ナトリウム(亜硝酸塩・亜硝酸ソーダ)

保存料として、またお肉を鮮やかな赤色に発色させる発色剤として使われます。肉類に含まれる物質アミンと化学反応を起こすと、強力な発がん性物質が発生する場合があります。

 

没食子酸プロピル

発がん性があると言われているBHAやBHTの、約2倍の抗酸化作用・防腐力があります。染色体の異常を引き起こす可能性があります。

 

プロピレングリコール

半生タイプのドッグフードの保湿剤・防腐剤として使われます。猫用のペットフードへの使用は禁止されています。皮膚障害・発がん性のほか、脳・肝臓・腎臓・心臓など、さまざまな深刻な障害が出ると言われています。

 

ソルビン酸カリウム

カビや細菌の繁殖を防ぐ効果があり、保存料として使われます。亜硝酸ナトリウムと化学反応を起こすと、発がん性物質が発生する場合があります。

 

香料(チキンフレーバー・チーズフレーバーなど)

ドッグフードの表面に吹き付けて、風味をアップします。穀物メインのドッグフードによく見られますが、香料を使っている場合は原材料の品質が粗悪なドッグフードだと考えてください。

 

気をつけたい原材料 「塩」「甘味料」

添加されている塩は塩分の過剰摂取を招く

塩分が添加されている場合は「塩」「食塩」「自然塩」「塩化ナトリウム」「海塩」「マリンソルト」などの表示があります。粗悪なドッグフードによく見られますが、塩分が足りていない・食いつきを良くするため・保存のために使われます。

 

塩分は犬にとって必要な栄養素ですが、犬は私たち人間ほど汗をかかないため、それほど多くの塩分を必要としません。塩分を摂りすぎると、心臓や腎臓の働きに負担をかけ病気のリスクが上がります。

 

食いつきを良くするために添加されている甘味料

コーンシロップ

弾力性や粘り気をアップし、食いつきを良くする目的で使われます。コーンシロップは、アレルギー症状を引き起こしたり、膵臓や副腎に負担をかけ、糖尿病を引き起こす可能性があると言われています。

 

ビートパルプ

サトウダイコン(甜菜)から砂糖を搾り取った後に残った、搾りかすです。少量の糖分が残っているので食いつきを良くするために使われたり、繊維質が多いので、かさ増しやウンチを固める目的でも使われます。

 

栄養価はほとんどなく、過剰摂取した場合は便秘になる可能性があります。

 

ピーナツの殻

糖分が含まれているので食いつきを良くするために使われたり、ビートパルプと同じく安価で繊維質が多いため、ウンチを固める目的でも使われます。与え続けていると、副腎の機能が低下することが分かっています。

 

グリシリジン・アンモニエート

人工甘味料の一種です。安全性が確認されていないため、人間用の食品添加物としての使用が認められていません。

 

原材料を必ず確認して安全なドッグフードを選ぼう

ドッグフードに使われている危険な原材料は、まだたくさんあります。すべてをご紹介することはできませんが、危険な原材料の中でもとくに気をつけたい原材料について、今回はご紹介しました。

 

商品として流通していても、ドッグフードに関しては十分注意が必要です。飼い主さんはしっかり原材料を確認して、ドッグフードの安全性を見極めなくてはいけません。

 

聞きなれない原材料の表示があった場合はそのままにせず、ネットで調べるなどして必ず納得してから購入するようにしましょう。

 

愛犬に安心して与えられるドッグフード選びのポイントは3つ!

愛犬には、この3つのポイントをすべてクリアしているドッグフードを、ぜひ選んであげてくださいね。

 

原材料表示の先頭にお肉(鶏肉・牛肉・鹿肉・羊肉・馬肉・豚肉)の表示がある

犬はもともと肉食動物です。良質の動物性たんぱく質が豊富に含まれているドッグフードを選んであげましょう。

 

有害な酸化防止剤・保存料・着色料・香料などが含まれていない

危険な添加物を使っていないドッグフードは、病気のリスクを軽減できるということが一番大きなメリットだと言えます。

 

グレインフリー(穀物不使用)

穀物はアレルギーや消化不良の原因になることが分かっていて、世界的にもグレインフリーのドッグフードが主流になりつつあります。

 

原材料に、4Dミート・穀物・体に害があると分かっている合成添加物を使っているドッグフードが、愛犬の体にとって良いはずがありませんよね。

 

犬の病気は、粗悪なドッグフードによって引き起こされることも少なくありません。皮膚や被毛にトラブルがあったりウンチの調子がイマイチなど、大きな病気とまではいかなくても体に何かしらの悪影響が出ます。

 

愛犬を健康で長生きさせてあげるために、高品質で安全性の高いドッグフードを選んであげてください。

 

高品質のドッグフードは「スーパープレミアムドッグフード」「プレミアムドッグフード」と呼ばれることもありますが、実は明確な基準はありません。

 

「スーパープレミアムドッグフード」「プレミアムドッグフード」と呼ばれているドッグフードの場合も、飼い主さん自身で原材料を必ず確認するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、ドッグフードに含まれる気をつけたい原材料について、お話ししました。当サイト【パン君のドッグフード】では、さまざまなドッグフードの情報(原材料など)をご紹介しています。

 

おすすめのドッグフードについてもご紹介していますので、ぜひ愛犬のドッグフード選びの参考にしてくださいね。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事