愛犬の便が黒い?!その原因と考えられる病気、対処法まとめ

犬も人間と同じように、食べ物を消化して便として排出します。一般には濃いめの黄土色というのが多いですが、フードによって多少の差があります。

 

しかし、ある時いつもと違う黒い便が出ていたら、飼い主としては気になりますよね。たとえ元気そうにしていても、黒いというのはなにか悪い病気じゃないかと心配になります。

 

今回は、犬の便が黒い原因と、それから考えられる病気、対処法についてお伝えします。

 

そもそも、健康な便はどんな便?

人間もそうですが、食べるものによって若干色や硬さが変わってきます。正常の範囲といわれる便とは、どんな状態のものをいうのでしょうか?

 

健康な便と、そうでない便との違い

健康な便
  • 手で軽くつかんでも形が崩れない程度の堅さがある
  • 取り上げた時、地面に若干湿り気が残っている
  • 色は黄土色から黒に近い茶色(フードの種類によって差が出る)

 

病気の可能性がある便
  • 明らかな下痢
  • 下痢ではないけれど、つかむことが不可能な柔らかすぎる便
  • 硬すぎる便
  • 色が基準から大きく外れる色の場合
  • 粘膜状の物質がついている便
  • 血が混じっている便

 

便は健康のバロメーターというのは、人間だけの話ではないですよね。

 

普段からきちんと便の状態を把握し、いつもと違うな、と思った時は、念のためにその便を保管し、獣医さんに診せる際に持参すると良いでしょう。

 

黒い便が出る原因

色には許容範囲がありますが、イメージとしたら茶色とか、黄土色といった感じですよね。それが、黒っぽい便になってしまったら、驚いてしまう飼い主さんもいることでしょう。

 

何か病気だと大変ですね、次に、便の色が黒い場合に考えられることをあげてみます。

 

心配のいらないケース

先ほども書きましたが、人間と同じで食べるものによって便の状態や色にも違いが出てきます。黒っぽくても、特に心配のないケースもありますので、そちらからみてみましょう。

 

フードの原材料を見てみよう!

原材料表示には、比重の高い原材料から記載しなければならないという決まりがあります。

 

ホームセンターなどで売られている比較的安いドッグフードの場合、メインの原材料が「穀物類」であるものが多いですね。そういったフードの場合は、比較的黄土色から茶色といった便の色になるようです。

 

また、赤っぽいレンガ色のような便の場合は、もしかしたらドッグフードに発色剤や着色料の類が含まれている場合もあります。それ自体は、許可されているものではありますが必要ない薬剤であり、添加されていないドッグフードを選ぶのが賢明です。

 

そのメインの原材料が、「チキン正肉」「ラム」などの、肉類の表示だった場合、便の色は黒くなります。肉がメインの高タンパクドッグフードは、便の色はぱっと見、「黒に近いこげ茶」色になります。

 

肉メインのドッグフードを与えていて、正しい便の硬さ、湿り気があって、便の色が黒っぽいだけであれば、正常といえます。ちなみに、ペディグリーチャムを与えた時はレンガ色、ビタワンを与えた時は黄色に近い黄土色になりました。

 

獣医師の診察が必要なケース

次に、何かのトラブルを抱えている可能性があるケースをみてみましょう。

 

口の中のトラブル

口腔内で傷から出血し、ある程度の出血があった場合、犬の大きさにもよりますがその飲み込んだ血液が排出され、時間がかかっているために黒くなっている場合があります。

 

フードを変えていないのに、いきなり黒い便が出た場合は、一時的に口や鼻の出血があったかもしれません。念のために、獣医師に相談することをおすすめします。

 

消化器のトラブル

比較的赤い血液が混じっている場合は、出血があって間もないと考えられるため、排便する際に肛門が傷ついたとか、便が出る直前の出血と考えられます。

 

そうではなく、黒い場合は、先述した口腔内の出血、もしくは胃や小腸からの出血が考えられます。原因は一概に判断できませんので、必ず獣医師に相談してください。

 

また、粘膜状の物質がついている場合、腸の粘膜の一部が剥がれて出てきてしまった可能性があります。少し下痢気味の場合に起こりやすいので、こちらも獣医師に相談しましょう。

 

ドロッとした黒い下痢便は非常事態!

皆さんは、「タール」という物質をご存知ですか?道路工事などでアスファルトを敷く際に使われたりする、粘り気の強い真っ黒のてかてかした物質です。

 

この、「タール」とそっくりの便が出る場合があるため、そのまま「タール便」と称されます。私は過去に子猫のタール便を実際に見たことがありますが、海苔の佃煮というか、そういった状態でした。

 

病院に連れて行ったところ、非常に良くない状況と診断され、注射と投薬治療を受け、なんとか事なきを得ました。そういった、命取りになるタール便についてお伝えします。

 

タール便について

原因

胃、十二指腸からの大量の出血が起こっていることでタール便となります。危険の少ない出血では、タール便にはなり得ません。考えられる病気は、胃や十二指腸の潰瘍、または胃がんということも考えられます。

 

高齢の犬の場合は、腫瘍ができている可能性もあり、また、寄生虫が重度に寄生していることもあります。子犬の場合は消化器官の異常、異物の飲み込みなども考えられます。

 

すぐに病院へ!

とにかく、体内で大量の出血が起こっていることを表していますので、放っておいて改善することはまずありません。すぐに病院で診察してもらい、治療をしていただく必要があります。

 

便の状態を健康に保つためにできること

日ごろから、便を良い状態に保つために必要なことは何でしょうか。3つの点から考えてみましょう。

 

フードの見直し

冒頭部分でも少し触れましたが、実はドッグフードの種類によって、便の状態は大きく変わってきます。

 

フードローテーションを行って、複数のドッグフードを何か月かづつ変えて与えも、便の状態はほとんど変化がありません。ドッグフードを変えているのに、です。

 

なぜだと思いますか?それは、原材料レベルで与えるドッグフードを決めているからです。

 

メーカーが違っても、メインとなる食材がタンパク源であること、穀物を使用していないこと、栄養素、ハーブ、油以外の添加物を使用していないこと、これらを考えてドッグフードを選んでいるため、便の状態はほとんど変わりません。

 

コンパクトな量、黒っぽいつやつやした色、適度な硬さ、湿り気をもった、非常に健康な便が出ています。もしもあなたが、愛犬の便に疑問を抱いているとしたら、一度ドッグフードを見直してみるのも良いでしょう。

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

誤飲の予防徹底

子犬はもちろん、大型犬も誤飲の危険性が大きいので、口に入る大きさの異物を置きっぱなしにしないようにしましょう。飲み込むつもりがなくても、かじっているうちに割れたり欠けたりして、思わず飲み込んでしまうこともあります。

 

何事もなく便として排出されれば構いませんが、時として、腸などを傷つけることも。また、食べ物なども犬が食べてはいけないものがたくさんありますので、気をつけましょう。

 

参考記事:犬の異物誤食|食べてはいけない食べ物とその対処法【保存版】

 

口腔内のケア

口腔内に何らかのトラブルがあると、少しずつ出血が続いているということもあります。当然よくないことですから、定期的に動物病院でのケアを取り入れてきちんとみてあげましょう。

 

参考記事:犬の歯周病を甘く見ない!治療と今日から始められる予防法

参考記事:愛犬の口臭の原因は3つ!おすすめの対策は歯磨きとヨーグルト

 

まとめ

犬が黒い便をしても、タール便でなければ一概にあわてる必要はないということはお分かりいただけたでしょうか。フードを切り替えた時などは、便の変化が起こりやすいものです。

 

色だけではなく、状態やにおいなども非常に重要な要素ですので、日ごろから、どういった便が愛犬の「健康な状態の便」なのかをきちんと把握しておきましょう。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事