愛犬の目やにの色で病気が分かる!犬の目やにの原因とケア方法

犬目やに対策

犬の目やには珍しいことではありませんが、目の異常や病気のサインとして、目やにの色や量に変化があらわれることがあります。

 

目はとてもデリケートな部分なので、日ごろから注意深く観察するようにしておきたいですね。今回は、犬の目やにの原因と毎日のケア方法について、お話ししていきます。

 

犬の目やには正常な目やにと要注意の目やにがある

目やには、目に溜まったホコリ・老廃物・涙などが混じった目から出る分泌物のことを言います。

 

正常な場合は、まばたきすることで涙とともに目頭の涙嚢(るいのう)に洗い流されますので、本来ならさほど気にならない生理現象のひとつです。

 

注意したいのは、大量の目やにが出ている・色がおかしい・どろっとしているなど、愛犬の目やにがいつもと違う場合です。このような場合は、目の異常や何かしらの病気を発症している可能性があります。

 

愛犬の目やにの色は?黄色の目やに・緑色の目やには要注意!

白い目やに・グレーの目やに

白い目やに・グレーの目やには、とくに心配する必要はありません。涙にたんぱく質や脂質が混ざった、正常な目やにです。

 

黒い目やに・茶色の目やに

黒い目やに・茶色の目やには、とくに心配する必要はありません。涙にたんぱく質や脂質・ほこりや砂などの汚れが混ざっているため、変色してこのような色になります。

 

白い目やに・グレーの目やに・黒い目やに・茶色の目やには、基本的には問題ない目やにです。ただし、目やにの量が多い場合は注意が必要です。

 

そのままにしておくと雑菌が繁殖して臭いや涙やけの原因にもなりますので、こまめに拭き取ってあげるようにしましょう。

 

黄色の目やに・緑色の目やに

黄色の目やに・緑色の目やには、その色からも分かるように、目やにが膿状になっている状態です。このような場合どろっとした粘液状になっていることが多く、正常な目やにでないことがはっきりと分かります。

 

黄色の目やに・緑色の目やにが出ている場合は、細菌やウイルスに感染している可能性が高いため早急に受診するようにしてください。

 

犬の病気のサインは目やにの色だけではない

目やにの色・量のほか、充血や腫れや目を気にするような仕草からも、病気に気づいてあげることができます。言葉で伝えられない愛犬が発信する病気のサインを、見逃さないようにしたいですね。

 

目に気になる症状があらわれる犬の病気には、以下のようなものがあります。

 

透明な目やにや白くて水っぽい目やにが大量に出る・涙が止まらない
  • 考えられる病気⇒結膜炎・角膜炎・流涙症など

結膜炎・角膜炎は、「白目とまぶたの内側を覆っている結膜」や「黒目を覆う角膜」に炎症が起きる病気です。

 

アレルギーのほか、ゴミ・まつ毛・目のまわりの毛・シャンプーなどが目を刺激することが原因で、痛み・かゆみ・充血・まぶたの腫れなどの症状が引き起こされます。

 

流涙症は、涙が止まらず常に出ている状態で、目頭の毛が赤茶色に変色してしまう病気です。結膜炎・角膜炎により涙の量が多くなることで発症します。

 

いずれの場合も痛みやかゆみの不快感から、前足や後ろ足で目を擦ったりかいたり、床などに擦り付けるような仕草をします。症状を悪化させないためにも、飼い主さんが早く気づいてあげることが大切です。

 

黄色いどろっとした粘液状の目やにが出る・充血している
  • 考えられる病気⇒緑内障・ぶどう膜炎・細菌やウイルスの感染など

緑内障は、短期間で失明することもある怖い病気です。眼球の内側から外側に強い圧力がかかり眼圧があがるため、激しい痛みを伴います。

 

黄色いどろっとした粘液状の目やにが出る・目が飛び出しているように見える・充血などの症状が見られます。

 

ぶどう膜炎は、ほかの目の病気が進行して合併症として発症することが多い病気です。ウイルス感染や細菌感染による発症もあります。痛みを伴うほか、充血や大量の目やになどの症状が見られます。

 

ほかにも、結膜炎や角膜炎が悪化した場合や細菌・ウイルスに感染した場合も、このような症状が見られます。ウイルス性感染症の中には、犬ジステンパーという命を落とす危険性が高い病気もあります。

 

黄色いどろっとした粘液状の目やにが出ていて充血している場合は、かなり深刻な状況です。早急に受診するようにしてください。

 

犬の目の病気は早期発見・早期治療が大切!

犬の目やには、飼い主さんが比較的気づきやすい病気のサインです。目やにの色や量に変化がないか、充血していないかなど、日頃から愛犬を注意深く観察しておきましょう。

 

目の病気は視力に大きく関係しますので、早期発見・早期治療がとても大切です。飼い主さんが早い段階で気づいてあげることができれば、その後の治療で愛犬にかかる心と体の負担を軽くしてあげることができます。

 

知っておきたい目やにのケア方法

目やにをそのままにしておくと、雑菌が繁殖して臭いや涙やけの原因になります。また、時間が経つと目やにがカピカピに固まって簡単には取れなくなってしまうため、その分ケアが大変になります。

 

目やには溜めないようにしましょう。目やにのケアは短時間でスムーズに、そして毎日続けることが大切です。

 

準備するもの

  • ガーゼ、コットン

繊維が細かくお肌にも優しい、医療用ガーゼやお化粧用コットンがおすすめです。

 

  • ペット用スキンケアウォーター

無添加で刺激の少ないものを選んであげましょう。除菌効果や消臭効果もある優秀な商品がたくさんありますので、ぜひ活用したいですね。

 

目やにケアのポイント

 

1)ガーゼやコットンを、ペット用スキンケアウォーターで湿らせます。目のまわりは皮膚が薄くとてもデリケートですので、必ず湿らせた状態で使うようにしましょう。

 

2)動いていると、眼球を傷付けるなど思わぬケガをさせてしまう可能性があります。目やにのケアをしてあげるときは、愛犬のお顔を固定してください。顎の下を軽く包むように掴んであげても良いですし、後頭部に手を添えてあげるのも良いですね。

 

3)目やには、手でつまんで引っぱったり強く擦って取らないでください。湿らせたガーゼを人差し指にかぶせて、目頭から目尻に向かってひと拭きします。一度で取りきれない場合は、数回に分けて拭き取ってあげましょう。汚れを浮かせるようなイメージで、優しく拭き取ってあげてくださいね。

 

時間が経ってカピカピになった目やには、少々やっかいです。この場合は、湿らせたガーゼをしばらく目やにに押し当てて、ふやかしてあげると取れやすくなります。

 

無理矢理取るのは絶対にやめましょう。目やにで固まっている毛まで抜けてしまい、皮膚を傷つけてしまいます。また、愛犬が嫌な思いをして警戒心を持ってしまうと、明日からケアさせてくれなくなるかもしれません。

 

4)目やにを取ったら涙が溜まりやすい部分も優しく拭いてあげて、臭いや涙やけを予防してあげましょう。

 

5)終わったら、たくさんほめてあげてくださいね。飼い主さんにほめてもらうことで、愛犬にとって毎日の目やにケアがお楽しみの時間になります。

 

目やには予防も大切

犬のお顔は毛で覆われていて汚れが溜まりやすいため、飼い主さんはこまめにケアをしてあげる必要があります。お散歩から帰ってきたら濡れタオルなどでお顔を拭いて、汚れを落としてあげるようにしましょう。

 

目のまわりの毛が入ってしまう子は、伸びたらカットしてあげるようにすると良いですね。目やにが出ないための予防も大切です。

 

高品質ドッグフードで目やにが改善できる場合がある

粗悪なドッグフードは目やにの原因になる

愛犬の目やには、ドッグフードに対するアレルギー反応かもしれません。粗悪なドッグフードの原材料や添加物は、犬のアレルギーを引き起こす原因になります。

 

ドッグフードは慎重に選びましょう。愛犬の健康を考えるなら、安心できる高品質のドッグフード選んで与えてあげてください。

 

目やにがなかなか改善しないのはアレルギーが原因?

高品質のドッグフード選んでも、原材料がアレルゲンとなる場合があります。

 

愛犬の目やにがなかなか改善されない場合は、愛犬の生活環境(毎日与えている食べもの・花粉・真菌・ハウスダスト・食器・おもちゃ・タオルの素材など)の中に、アレルゲンがある可能性が高いと考えられます。

 

愛犬がアレルギーかもしれないと思われたら、まずは動物病院へご相談ください。アレルゲンを特定するために、食物アレルゲンの検査(IgE抗体検査+リンパ球反応検査)や環境アレルゲンの検査(IgE抗体検査)を受けるという方法があります。

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

まとめ

愛犬の目やにを気にかけていない飼い主さんも多いと思いますが、目やにの色や量は目の異常や病気のサインとしてあらわれることもあります。

 

目やにケアには、清潔を保つほかにも病気の予防・早期発見につながるというメリットがあります。ぜひ毎日の習慣にしてくださいね。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事