愛犬の年齢は人間の何歳?成長にともなう体の変化を理解してあげよう

犬年齢

やんちゃだった愛犬が、気がつけばもう高齢期に突入…犬の成長はとても早いですね。愛犬の年齢を人間の年齢に換算して、成長に伴う体の変化を理解してあげましょう。

 

今回は、私たち人間の何倍ものスピードで成長する犬の年齢について、お話ししていきます。

 

愛犬の年齢を人間の年齢に換算してみよう

「犬・猫と人間の年齢換算表」

小型犬・中型犬

大型犬

人間

1ヶ月

1ヶ月

1才

2ヶ月

2ヶ月

3才

3ヶ月

3ヶ月

5才

6ヶ月

6ヶ月

9才

1年

12才

9ヶ月

9ヶ月

13才

1年

1年

17才

2年

19才

1年半

1年半

20才

2年

2年

23才

3年

26才

3年

3年

28才

4年

4年

32才

4年

33才

5年

5年

36才

6年

5年

6年

40才

7年

7年

44才

8年

6年

8年

48才

9年

9年

52才

7年

54才

10年

10年

56才

11年

8年

11年

60才

12年

12年

64才

13年

9年

13年

68才

14年

14年

72才

15年

10年

15年

76才

16年

16年

80才

11年

81才

17年

17年

84才

12年

86才

18年

18年

88才

19年

13年

19年

92才

20年

20年

96才

引用元:獣医師広報板

 

※犬には個体差がありますので、あくまでも参考程度にお考えください

 

小型犬・中型犬と大型犬では成長のスピードが違うことが分かりますね。人間年齢に置き換えた愛犬の年齢を知って、ビックリされた飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

 

このように、犬は私たち人間の何倍ものスピードで年齢を重ねていきます。

 

幼犬期〜成犬期〜高齢期|犬はどのように成長していくの?

犬のライフステージ(成長段階)は大きく3段階に分けることができます。

 

  • 幼犬期(生後12ヶ月頃まで)

 

  • 成犬期(1歳〜7歳頃まで)

 

  • 高齢期(7歳以上)

 

犬は生後1年間で一気に成長する

 

幼犬期(生後12ヶ月頃まで)

 

犬は、最初の1年で人間の12〜17歳にまで成長します。生後1年間は、身体的にも精神的にも一番成長する期間です。

 

個体差がありますが、小型犬は周囲の環境に敏感で社会化が始まるのが早い傾向にあります。一方、大型犬はマイペースな性格の子が多く、精神面の成長は緩やかだと言われています。

 

ほかにも、日本犬は警戒心が強いぶん社会化が始まるのが早いなど、犬種によっても違いがあります。

 

生後3ヶ月は心も体もぐんぐん成長する大事な期間

生後1年間の中でもとくに大事なのが、生後3ヶ月までの期間です。とても感受性が強いこの期間に、母犬・兄弟犬・飼い主さんからさまざまなことを学んで、心も体もぐんぐん成長していきます。

 

ワクチン接種が完了するまでは、お外に出られません。お散歩デビューまでは、体を触られることに慣れさせるなど、お家の中でできる社会化トレーニングを実践していきましょう

 

生後3ヶ月からはお外に出られるようになり世界がグッと広がる

ワクチン接種が完了したら、いよいよお散歩デビューです。お外に出られるようになると、ご家族以外の人や動物と触れ合えるようになりますので、犬の世界がグッと広がっていきます。

 

色々なものに興味を持ち、いたずらやワガママが増えてくるときです。飼い主さんは、やって良いことと悪いことをその都度、愛犬にきちんと教えてあげてください。

 

幼犬期にしっかりと社会化トレーニングやしつけを行うことで、将来はきっと誰からも愛される成犬に成長してくれるはずです。

 

生後半年を過ぎると、性成熟が始まります。雌は初めてのヒート(発情期)がみられ、雄は足をあげておしっこするようになります。

 

1歳〜7歳頃までの成犬期は心も体も充実している期間

 

成犬期(1歳〜7歳頃まで)

 

成犬期は心も体も充実しているときです。毎日のお散歩はもちろんですが、思いっきり走り回れるような大きな公園などに連れて行ってあげて、エネルギーを発散させてあげてください。

 

お家の中でおもちゃやボールなどを使って遊んであげるなど、飼い主さんと愛犬が一緒に楽しむ時間を積極的に作ってあげましょう。

 

2歳前後は社会化成熟期と言われていて、その頃になると飼い主さんに対して反抗的な態度をとることがあります。これは、飼い主さんがリーダーになりきれていない場合に多く見られます。

 

幼犬期の頃から、しっかりしつけを行い信頼関係を築いて、成犬期までに飼い主さんがリーダーだということを認識させておくことが大切です。

 

犬の高齢期は7歳から!愛犬の老化のサインを見逃さない

 

高齢期(7歳以上)

 

体にさまざまな老化のサインが見られるようになります。愛犬が高齢期に入ったら、健康管理にはより気配りが必要です。

 

様子を見ながら、食事や運動の内容を少しずつ調整してあげるようにしましょう。肥満は老化を早める原因となりますので、適正体重を保つことも大切です。

 

適度な運動は必要

高齢期になると、若い頃と比べて自分から積極的に運動したがらなくなってきます。

 

体に負担がかかるような激しい運動をさせる必要はありませんが、筋肉を衰えさせないためにも、毎日のお散歩は欠かさないようにしましょう。

 

お散歩には、適度な運動効果のほか心を刺激する効果もあります。お外に連れ出してあげるのはとても大切なことです。

 

ときには大きな公園などに連れて行ってあげて、のんびりと歩かせてリフレッシュさせてあげるのも良いですね。

 

幼犬期・成犬期に早足で通り過ぎた風景を、今度はゆっくりと楽しみながら愛犬と歩いてみてください。

 

犬の老化は、私たちが思っている以上に早く進みます。ある日を境に急に弱ってしまうケースもあるということを念頭において、愛犬のちょっとした変化も見逃さないようにしたいですね。

 

犬の平均寿命は年々伸びてきている

獣医学のめまぐるしい進歩や、飼い主さんの愛犬に対する健康意識が向上したこともあり、犬の寿命は確実に伸びてきています。

 

小型犬・中型犬と大型犬では平均寿命が違う

 

一般社団法人 ペットフード協会の調査によると、国内で飼われている犬全体の平均寿命は、14.85歳(平成27年度)という結果が出ています。

 

小型犬・中型犬の方が大型犬より長生きする傾向にあり、小型犬・中型犬は約14歳、大型犬は約10歳が平均的な寿命だと言われています。

 

もちろん持って生まれた体質や生活環境などで変わってきますので、一概に決めることはできません。中には20歳を超える長寿犬もいます。平均寿命に関しては、あまりナーバスにならないようにしましょう。

 

愛犬が高齢期に入ったら安全で快適な生活環境を整えてあげよう

 

愛犬が高齢期に入ったら、生活環境を見直すタイミングです。筋力や視力の低下などでケガをしやすくなりますので、安全で快適な生活環境を整えてあげましょう。

 

お家の中でケガをさせないための工夫をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

高齢になると足腰が弱ってきます。つまずきやすくなりますので、お家の中の段差はできるだけなくしてください。

 

滑りやすいフローリングには滑り止めのワックスを塗るのも良いですが、できればカーペットやコルクマットを敷いてあげましょう。ジョイント式のものを選ぶと、汚れた場合もお手入れが簡単です。

 

階段・ソファー

足腰が弱ってくる高齢犬にとって、階段はとても危険な場所です。踏みはずして転げ落ちると、骨折など思わぬケガをさせてしまうかもしれません。

 

階段前にはフェンスを取り付けて階段を昇り降りさせないようにし、事故を未然に防止しましょう。

 

ソファーへの飛び乗り・飛び降りも、足腰に大きな負担がかかるのでやめさせたいところですが、長年の習慣になっているとやめさせるのは難しいかもしれません。その場合は、ペット用のスロープやステップがあると便利です。

 

家具

年齢とともに視力が衰えてきます。中には白内障を発症する子もいます。視力が低下するとぶつかりやすくなりますので、愛犬目線でお家の中の家具の配置を見直してみてください。

 

犬は見えにくくなっても、自分が記憶している家具の位置を頼りに行動しようとします。愛犬ができるだけ見えるうちに家具の配置換えを行ってあげると、愛犬も順応しやすくストレスになりませんね。

 

ほかにも、家具やドアの角などをクッション材でガードしてあげるなど、愛犬がぶつかっても危なくない工夫をしてあげましょう。

 

犬の寿命が延びてきているのはとても喜ばしいことですが、肥満・糖尿病・腎臓病などの生活習慣病や、認知症を発症する犬が増加しています。

 

体の変化を感じて不安になり、寂しがったり甘えん坊になる子もいるようです。縁あって我が家に迎え入れたかわいい愛犬が、健やかにそして安心して生涯を過ごせるように、最善のサポートをしてあげたいですね。

 

ドッグフード選びは大切!毎日の食事で健康な体を維持してあげよう

 

犬は、ライフステージ(成長段階)ごとに必要な栄養バランスや摂取カロリーが異なります。愛犬を健康で長生きさせてあげるためにも、ドッグフード選びはとても大切です。

 

幼犬期(生後12ヶ月頃まで)のドッグフード選びのポイント

 

幼犬期は、犬の一生の中で体がもっとも成長する期間です。この時期に必要な栄養が摂れていないと、骨や筋肉の形成が不十分で発達障害を起こしたり、免疫力が弱い体になってしまいます。

 

授乳期・離乳期を終えて、生後3ヶ月からはドッグフードを与えるようにしましょう。最初のうちは胃腸に負担がかからないように、1日4?5回に小分けにして食べさせてあげてください。

 

生後6ヶ月からは、1日の食事回数を2回にしても問題ありません。急成長する幼犬期には、たんぱく質は成犬期の4倍、カロリーは2倍必要だと言われています。

 

とはいえ、幼犬は成犬の2倍も4倍もドッグフードを食べることはできません。幼犬期には、栄養価の高い高品質ドッグフードがおすすめです。

 

成犬期(1歳〜7歳頃まで)のドッグフード選びのポイント

犬の一生の中で、半分以上の時間を占めるのが成犬期です。この期間にどのようなドッグフードを愛犬に与えるかで、その後の高齢期の健康が大きく変わってきます。

 

現在市場に出回っているドッグフードは数えきれないほどありますが、安全性において信用できないドッグフードが数多く存在しています。

 

ドッグフードを選ぶときは、パッケージのイラストや写真、魅力的なキャッチコピーに惑わされないでください。原材料をしっかり確認して、安全性の高い高品質ドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

高齢期(7歳以上)のドッグフード選びのポイント

高齢期になると、基礎代謝が低下し運動量も少なくなってくるため、食べる量が徐々に減ってきます。

 

ほかにも、歯が抜けたり噛む力が弱くなって硬いものを食べなくなってきますし、消化機能が低下するため便秘・下痢・嘔吐をしやすくなります。

 

ドッグフードをふやかす

高齢期の「食べやすさ」と「消化吸収」の問題は、ドッグフードをふやかしてあげることで解決できる場合があります。

 

熱湯はドッグフードに含まれる栄養素を壊してしまうので、ぬるま湯を使いましょう。ぬるま湯のかわりに、温めた無塩の野菜ジュースや肉・魚・野菜を茹でて茹で汁ごとあげるのも良いですね。

 

ドッグフードの水分含有率は10%程度で、ドッグフードから摂れる水分はほとんどありません。水分補給という意味からも、ドッグフードをふやかしてあげるという方法は、おすすめです。

 

最近、ライフステージごとのラインナップを揃えたドッグフードが増えてきていて、高齢期のためのシニア用ドッグフードもよく見かけるようになりました。皆さんは、高齢期のドッグフード選びのポイントが「高たんぱく質・低炭水化物」だということを知っていますか?

 

シニア用ドッグフードの中には、コストダウンのために穀物でかさ増しした「低たんぱく質・高炭水化物」の粗悪なドッグフードが数多くあります。

 

ドッグフードを購入するときは、原材料を必ず確認するようにしましょう。消化されやすい動物性たんぱく質がメインとなっていて、少量でもしっかり栄養が摂れる、高品質ドッグフードを選んであげてください。

 

全ライフステージ共通!ドッグフード選びで大切なポイントは3つ

 

1)消化されやすい「動物性たんぱく質」がメインとなっているドッグフードを選ぶ

 

2)「人口添加物・保存料・着色料・香料」などが含まれていない安全なドッグフードを選ぶ

 

3)グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選ぶ
(穀物はアレルギーや消化不良の原因になることが分かっていて、世界的にもグレインフリーのドッグフードが主流になりつつあります)

 

犬の病気は先天的な要因もありますが、粗悪なドッグフードによって引き起こされることも少なくありません。元気で長生きさせてあげるためにも、愛犬の体に合った良いドッグフードを見つけてあげましょう。

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

まとめ

犬は人間よりもはるかに早く年をとります。かけがえのない愛犬と一緒に過ごせる一瞬一瞬を、大切にしたいですね。

 

適切な健康管理を行い惜しみない愛情を注いであげて、愛犬に幸せな犬生を送らせてあげてください。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事