尿路結石の要因はドッグフードにあり?!安心なドッグフードを選ぼう!

 

犬の病気として昔から多い「尿路結石」。人間でもこの病気に悩まされている人は多いですね。その原因は、日々の食生活が大きく関わっています。

 

今回は、放っておくと死に至る恐ろしい病気でもある「尿路結石」についてまとめました。おススメドッグフードランキングも合わせてご覧くださいね。

 

尿路結石ってどんな病気なの?

尿路結石は、非常に痛みを伴う病気として知られます。その症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

病気の概要

 

腎臓、膀胱、尿管など、おしっこが溜まる場所に石ができて、その大きさによって尿道がふさがれてしまう病気です。

 

うまく排出されることもありますが、尿管などに詰まった場合は痛みを伴い、放っておくと尿が排出されずに毒素が体中に回って死に至ります。

 

初期段階では、尿の出が良くない、何度もトイレに行く、排尿時に悲鳴を上げるなどといった症状ですが、進行するにつれ、血尿が出る、尿が濁るといった状態になり、尿が出なくなると重篤な状態といえます。

 

犬はその症状を訴えることが出来ませんから、普段から尿が出ているかをきちんと確認することが大切です。また、雄雌関係なく発症しますが、尿道が長いオスの方がその割合は高くなっています。

 

結石が出来るのは何が原因?

では、結石はどうして出来てしまうのでしょうか?主な原因として、食事の内容が挙げられます。

 

ストラバイト結石

犬のほとんどがこのストラバイト結石です。通常、犬の尿は酸性よりですから、結石になる要因の物質を溶かすことが出来ます。

 

しかし、細菌感染や食事内容でその尿がアルカリ性に傾きすぎると、その物質を溶かせなくなって結石になってしまうわけです。

 

実際、獣医師から「安いドッグフードはダメだよ」と言われた経験がありますが、それは、良質な高たんぱくのドッグフードは安い値段では作りづらいためです。

 

たんぱく質が少ないと、どうしても尿のphがアルカリ性になり易いため、結石の要因となり得ます。

 

シュウ酸カルシウム結石

 

こちらは最近増えてきた病気で、尿が酸性に傾きすぎることによって症状が出ます。

 

ストラバイト結石の治療で食事療法をしている犬が発症することが多いことから、「ストラバイト結石治療の弊害」ともいわれます。

 

療法食を食べ続けなければならないの?

 

従来から、尿路結石を発症したらミネラル分を調整した療法食を与えることが一般的でした。

 

事実、療法食を食べている間は調子が良かったのに、市販されているフードに変えた途端、再び結石が出来たという話は少なくありません。

 

また、尿路結石を懸念するあまり、幼少時期からミネラル分を通常よりも抑えたドッグフードを与える人もいますが、これは良いことでしょうか?

 

答えはノーです。結石が出来る理由として、普段のミネラル不足が引き起こしているとも考えられるからです。

 

というのも、ミネラルは不足がちになると溜め込もうとします。それがミネラル過剰を招き、本来必要であるはずのマグネシウムやリンが悪影響を与えてしまうと考えられるのです。

 

日ごろから、バランスの良いドッグフードを与えることが非常に重要であるといえますね。また、療法食はたいてい食いつきが悪く、犬によっては断固拒否!という犬もいます。

 

獣医師の中にも、療法食を長く続けさせることの弊害(ストラバイト結石治療で療法食を食べ続けた犬が、シュウ酸カルシウム結石を発症すること)を指摘する声もあるため、成分などを獣医師と相談して療法食以外の選択肢を考えるのも大切ですね。

 

それ以外にも、療法食の一部には「たくさんの水を飲ませる」ことを前提としているものがありますから、いつも清潔な水を飲めるようにしておかなければなりません。これは、予防の観点からも大切なことです。

 

尿路結石を予防、再発防止に最適なドッグフードランキング

では、尿路結石を防ぐため、また再発防止に最適なドッグフードにはどのようなものがあるでしょうか。成分や原材料などに着目してランキングにしました。

 

 

カナガンの特徴

イギリスで製造された高品質、高たんぱく質のドッグフードです。

良質なたんぱく質を多く含んでいるため、尿のphを酸性に保てます。
また、必要なミネラルも、海藻などの天然素材から十分に配合されていて、普段のミネラル不足とは無縁といえるでしょう。

価格 2s 3960円
評価 評価5
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
カナガンの総評

高品質であることはもちろんですが、バランスが良いのが特徴的なドッグフードといえます。

たんぱく質は多めに配合しつつ、その他の栄養素も偏ることなく配合されているので、どなたでも不安なく与えられる点が良いですね。
高品質のドッグフードの中には、極端な配合のものもあるため、本当に良いのかどうかがわからない、そんな方もいるでしょう。
尿路結石については、食事がダイレクトに影響するため、なおさらですね。
カナガンのドッグフードは、ドッグフード初心者の方にもおすすめです。

 

 

 

オリジンの特徴

高品質のドッグフードの代名詞ともいえるオリジン。

尿路結石にも配慮され、phは5,0に設定されています。
マグネシウム必要最小限に抑えており、過剰な摂取にはなりません。
それ以外のミネラルもバランスよく犬の体を考えて配合されているため、尿路感染症予防にも良いドッグフードです。

価格 2.27s 5049円
評価 評価4.5
備考
オリジンの総評

ドッグフードを作り始めて四半世紀以上になるチャンピオンペットフード社は、数少ないラインナップを常に進化させながら、その品質を守ってきました。

自社一貫製造を貫いており、原材料の飼育方法や加工まで非常に細かいこだわりがあります。
若干高めの価格がネックではありますが、全てにおいて最高峰のドッグフードといえます。

 

 

 

アカナの特徴

オリジンと同じ、チャンピオンペットフーズ社のドッグフードです。

リンとカルシウムの配合比率も、1,3:1という計算された配合であり、良質のたんぱく質が犬の体をやや酸性に保ちます。
そうすることで、細菌感染や膀胱の健康に効果を発揮します。

価格 2.27s 3373円
評価 評価4
備考 ※価格は楽天市場より参考
アカナの総評

オリジンに比べてラインナップが豊富です。

アレルギーに配慮したタイプもあり、購入者にわかりやすい商品展開であるといえます。
また、低温調理法を取り入れ、たんぱく質や栄養素の劣化を最低限に抑える努力がされています。
尿路感染症や結石が出来にくい体を保つために、大変バランスの良いドッグフードですね。

 

 

その他おススメ

ナチュラル&デリシャス

イタリア製の穀物類不使用ドッグフードです。たんぱく質も37%と非常に多く含まれ、犬の体を酸性に保ちます。

 

非常に食いつきが良いドッグフードでもあるのと、ミネラルも適正に配合されておりおススメです。

 

カナガンが尿路結石予防、再発防止に最適なドッグフードといえる理由

カナガンは、最近多く扱われるようになったドッグフードではありますが、ヒューマングレードの高品質な原材料にこだわっており、同品質の他製品に比べると若干安価です。

 

また、定期購入の扱いがあるため、安定して犬に与えることが出来ます。そういった点も、気軽にフードを変えられない尿路結石の不安がある犬には良いのではないでしょうか。

 

極端な成分配合ではなく、バランスの面においても納得できる配合となっているため、日々の食事として安心して与えられるドッグフードです。

 

まとめ

尿路結石は、珍しい病気ではありません。しかし、判断を誤ると命を落としかねない病気です。

 

発症してしまったら、必ず早急に獣医師の判断を仰ぎ、ドッグフードについてもまず獣医師の指示に従いましょう。

 

そのうえで、犬の生活の質も考えてあげましょう。また、そうならないように、今回の記事を日々のドッグフード選びの参考にしてもらえると幸いです。

 

 

>>カナガンの詳細|お試し購入はこちら<<

 

 

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事