老犬に必要な栄養素と特徴とは?|老犬におすすめドッグフードもご紹介!

 

幼犬から成犬にかけて、いかに高たんぱくのドッグフードが重要かということがお分かりいただけたと思います。では、老犬についてはどうでしょう。これまでと同じ高たんぱくのドッグフードで良いのでしょうか??

 

老犬になると活動も少なくなり、食欲も落ちてきます。ホームセンターなどのドッグフードは、シニア専用のドッグフードも多数ありますね。

 

老犬に必要な栄養素などをふまえて、最適なドッグフードはどういったものか、調べてみました。

 

老犬におすすめできるドッグフードを先に見たい方はこちら!

 

老犬に必要な栄養素とは?

イメージとして、老犬は走り回ったりせず、穏やかに過ごす、食欲もさほどないといった感じですよね。

 

これまでのシニア用ドッグフードは、それまでより少ないたんぱく質が良いとされ、7歳以上になったら当たり前のように低たんぱくフードへの切り替えをしていました。

 

その根拠として、筋力が落ちていくため、多くのたんぱく質を必要としない、また、内臓機能も弱ってくるため、腎機能などに負担をかけないためにも低たんぱくが望ましいというものがありました。

 

しかし、実はこれが大きな間違いで、老犬には成犬の2倍のたんぱく質が必要ということが分かったのです。

 

そもそも、卵が先かひよこが先かといった話になるのですが、筋力が衰えてくるから低たんぱく、ではなく、筋力を衰えさせないためにしっかりとたんぱく質を与えるといったことなのです。

 

足腰が弱くなり、運動できなくなるのは、実は良かれと思って切り替えたその低たんぱくフードに原因があったともいえるのです。

 

たんぱく質摂取と腎機能、肝機能との関係

老犬ドッグフード

長い間、老犬には低たんぱくの食事が良いとされた理由として、内臓機能の低下が挙げられます。特に、腎機能や肝機能は、年齢が上がるにつれて高たんぱく食に耐えられないといった意見が常でした。

 

しかしながら、昨今の研究で、「高品質なたんぱく質」は、腎臓の細菌などを除去する働きがあり、尿路感染症などの予防に役立つということがわかりました。

 

また、肝機能についても、末期の肝硬変など重篤な状態でなければ、むしろ低たんぱくのドッグフードが肝機能に悪影響であることもわかりました。

 

獣医師からの指示や特別な事情がない限りは、低たんぱくフードにする必要はありませんし、ましてや老犬になったからというだけで低たんぱくにする意味はどこにも見当たらないということになります。

 

老犬にこそ、高品質のたんぱく質を!

低たんぱく質のドッグフードは、言い換えれば高炭水化物のドッグフードといえます。高炭水化物は、人間でもそうですが肥満につながりますし、関節などにも悪い影響があります。

 

また、消化器官にも非常に負担が大きいですから、老犬には適さないフードであるといえます。もちろん、少量の、適正に処理された低GI食品をつかったものであれば、炭水化物や穀物が含まれていても問題視する必要はありません。

 

要は、炭水化物や穀物の量、種類や調理方法が問題となるのですね。筋力が衰えてくる前から、高たんぱくの食事で健康な体を維持し、老齢になっても元気で走れるように、日々の食事には高品質なたんぱく質を十分に摂りいれましょう。

 

ただし、粗悪なたんぱく質は老廃物となりやすく、非常に危険な物質となってしまいます。原材料表示やメーカーの理念などを詳しく吟味して、あなたの大切な愛犬の健康を守ってあげてくださいね。

老犬に最適なおススメドッグフードランキング

老犬にこそ、高たんぱくで低炭水化物のドッグフードが良いことはご理解いただけたと思います。では、その中でもどのようなフードが老犬に適しているのでしょう。

 

メーカーの理念なども踏まえて、おすすめ商品をお伝えします。

 

 

オリジンシニア

オリジン シニアの特徴

原材料に穀物類は一切使用せず、たんぱく質に関しても植物性は使わないという徹底ぶり。

食用の骨を使用することで、最適なバランスで天然ミネラルを摂取できるのも良いですね。

原材料もトップ10が動物性たんぱく質であり、ジャガイモなどの高GI食品は使用されていません。

エネルギーはそれほど必要としない老年期ですから、必要なエネルギーはたんぱく質から変換することで十分なのです。

また、オリジンの特徴として低温調理法を提唱している点があります。

この低温調理は、従来の高温高圧製法よりも格段に栄養素の破壊が少なくて済むのです。

たんぱく質も、低温調理で製造されることにより、劣化が少ないといえますね。

高品質なたんぱく質を求める老犬には最適なドッグフードといえます。

価格 2.27s 5049円
評価 評価5
備考
オリジン シニアの総評

高齢の犬に対しても、オリジンのドッグフードは自信を持ってすすめられます。

良質なたんぱく質を多く摂取させることで、体内phが酸性に保てることで、膀胱内の細菌増殖を防ぎ、下部疾患のリスクを抑えます。

老犬の筋力を保ち、内臓機能を健康に保つためにも、ぜひ高たんぱく低炭水化物のオリジンシニアをおすすめします。

 

 

 

カナガンドッグフード缶詰

カナガン ウエットタイプ 缶詰の特徴

老犬の場合、口腔内のトラブルや歯が弱くなったためにドライフードはうまく食べられない場合もありますね。

そんな時には、このカナガンのウェットフードをトッピングで使ってみてはどうでしょうか。

これだけではたんぱく質が足りませんが、通常与えている高たんぱくのドライフードに混ぜて、少しでも食べやすくしてあげると思いのほか完食してくれるかもしれませんよ。

缶詰も、もちろん穀物類不使用の商品です。

価格 3960円
評価 評価4.5
備考 定期コース10%オフ|最大20%オフ
カナガン ウエットタイプ 缶詰の総評

ウェットの缶詰は、老犬には非常に助かるドッグフードです。

本来なら、常用で与えるのはデメリットもあるためおすすめ出来ませんが、老犬は柔らかく消化の良い状態のものが必要なことが多いです。

その点で、数ある缶詰の中でもこのカナガンの缶詰は、原材料や品質が保証されているので安心して与えられます。

 

 

 

FINEPET'S

ファインペッツ 極(KIWAMI)の特徴

このファインペッツをあえて老犬のドッグフードに選んだ理由として、その吸収率の高さがあります。

肉類の配合率は90%、そのうえ吸収率は87%という高さです。

老犬になるとどうしても食欲が落ちることが多いですから、少しの量でも十分に栄養がいきわたってくれる方がより安心ですよね。

粒も8mmと小粒ですので、歯が弱った老犬にも十分食べられるサイズですね。

価格 お試しパック 1000円
評価 評価4
備考 1.5s5278円⇒1000円でお試しできる!
ファインペッツ 極(KIWAMI)の総評

このドッグフードは他のドッグフードに比べて高たんぱくとはいえません。

しかし、老犬の中には高たんぱくをすすめられない状態の犬もいます。

これまで高たんぱくは良くないとされてきたため、病気でなくても飼い主さん自身に抵抗がある場合もありますよね。

そういった場合には、ぜひこのファインペッツ 極(KIWAMI)を試してみてください。

 

 

ネルソンズドッグフードもおすすめ!

ネルソンズドッグフード

こちらのフードも、安全で安心な材料を使用し、高タンパク質穀物類不使用を実現しています。

 

ジャガイモの使用はありますが、量的にかなり少ないですので低炭水化物のドッグフードといえます。粒も小粒で、老犬にも優しいですね。

 

ネルソンズドッグフードの公式サイトはこちら

 

まとめ

高齢犬には、あえて高たんぱくのしっかりしたドッグフードを与えるべきです。たんぱく質が欠乏すると、免疫力も低下しますし、アレルギーの発症にも関係します。

 

老犬だからと、低たんぱく質のものを与えることが、かえって犬の体を衰えさせてしまってはかわいそうですよね。もちろん、重度の腎臓障害や肝機能障害がある場合、獣医師から指導がある場合はそちらに従うべきです。。

 

体を作っているものですから、良質の材料で製造されている安心なフードを与えましょう。

 

TOP⇒パン君のドッグフード