犬のリンパ腫は予防が困難な病気!知っておきたい早期発見のポイント

 

犬のリンパ腫は血液のがんに分類される全身性のがんで、リンパ球が集まった組織「リンパ節」ががん化したものです。

 

悪性リンパ腫またはリンパ肉腫とも言われます。犬のリンパ腫は、原因がはっきりしないため予防が困難な病気です。

 

今回は、早期発見が重要なカギを握る、犬のリンパ腫の症状や治療法についてお話ししていきます。

 

犬のリンパ腫は体内のリンパ節ががん化する病気

リンパ球が集まった組織「リンパ節」は体の至るところにある

リンパ球は白血球の一種です。免疫機能の中心的役割を担う細胞で、体内への細菌やウイルスを攻撃して排除するなどの働きがあります。

 

リンパ球は体の至るところに点在していて、リンパ球が集まった「リンパ節」という組織も形成しています。このリンパ節ががん化する病気が「リンパ腫」です。

 

犬のリンパ腫の原因ははっきりしていない

犬のリンパ腫は、原因がはっきりしないため予防が困難な病気です。進行スピードが速いのが、この病気の特徴です。

 

年齢や犬種に関係なく、どんな犬でも発症する可能性がある病気ですが、6〜8歳頃の中高齢犬に多く発症します。

 

好発犬種にはゴールデン・レトリーバーがあげられていますが、なぜ発症しやすいのかについてはまだ詳しいことは解明されていません。

 

犬のリンパ腫は発症した場所により症状が異なる

犬のリンパ腫は、体のどの場所のリンパ節ががん化するかによって症状が異なります。リンパ球は全身に点在しているため、体の至るところにリンパ腫を発症する可能性があります。

 

リンパ腫細胞は増殖しながら体中に広がっていきます。進行していくと、肺・腸・脾臓などに入り込み、さまざまな機能低下を招きます。

 

治療をせずそのまま放っておいた場合、余命は平均1〜2か月ほどとされています。

 

犬のリンパ腫「多中心型」「消化器型」「縦隔型」「皮膚型」の特徴

 

犬のリンパ腫は主に4つのタイプに分けられます。

 

多中心型

犬のリンパ腫は、多中心型が全体の約80%を占めます。

 

リンパ腫は痛みを伴いませんが、体の表面のリンパ節(脇の下・脚の付け根・股の内側・膝の裏・下あごなど)が何か所も腫れます。

 

リンパ節が大きく腫れあがり触るとコリコリするのが分かりますので、日ごろからこまめにボディチェックをして、見逃さないようにしたいですね。

 

症状が進行していくと元気喪失・食欲低下・嘔吐・下痢・体重減少といった変化が見られるほか、喉のリンパ節が腫れた場合は、呼吸がしづらくなるためいびきをかくようになります。

 

末期になると、身体が痩せてきます。免疫力が低下するため、肺炎や膀胱炎をはじめとするさまざまな感染症を発症しやすくなります。

 

消化器型

消化器型では、腸管などの消化器官のリンパ節にリンパ腫が発生します。そのため、食欲不振・嘔吐・下痢などの消化器症状が見られます。

 

縦隔型

縦隔型では、左右の肺・胸椎・胸骨に囲まれた胸腔内にリンパ腫が発生します。

 

そのため、食べにくい(飲み込みづらい)様子のほか、咳・頻呼吸(呼吸しづらいため回数が増加)やチアノーゼなどの呼吸器症状が見られます。

 

縦隔型の場合、高カルシウム血症を併発することがあります。高カルシウム血症を発症すると、多尿・便秘・嘔吐などの症状が見られるようになります。

 

皮膚型

皮膚型では、皮膚に脱毛・紅斑・できもの・かゆみ・発熱など、さまざまな症状があらわれます。まれに、口腔粘膜に発症するケースもあります。

 

アトピー性皮膚炎・脂漏症・膿皮症などの皮膚病と見分けがつかないことが多く、処方されたお薬(抗生物質など)が効かないことで、リンパ腫だと分かるケースもあるようです。

 

犬のリンパ腫は、発症した場所により症状が異なることがお分かりいただけたと思います。この病気は早期発見がとても重要なカギを握ります。

 

愛犬にこのような症状が見られたら、またちょっとでも気になることがあるようでしたら、できるだけ早く受診するようにしてください。

 

万が一リンパ腫と診断されたとしても、気づくのが早かった分、比較的軽い症状のうちに治療をスタートすることができます。

 

犬のリンパ腫の主な治療法は抗がん剤による化学療法

犬のリンパ腫の検査方法

犬のリンパ腫の検査方法には以下のようなものがあります。

 

  • 触診
  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 内視鏡検査
  • 超音波エコー
  • CT検査
  • 細胞診・病理組織検査

 

これらの検査を行い、その結果によって診断が確定されます。

 

抗がん剤による化学療法が一般的な治療法

犬のリンパ腫は全身性のがんであるため、全身に効く抗がん剤治療が行われます。治療法は2種類あります。

 

単剤療法

1種類の抗がん剤だけで治療する方法

 

多剤療法(プロトコール)

複数の抗がん剤を組み合わせて治療する方法

 

多剤療法は、寛解率がとても高く生存期間が延びることが期待できますが、複数のお薬を使用するため副作用が出やすく、単剤療法と比べて費用も高くなるというデメリットがあります。

 

最近では多剤療法が一般的になってきているようですが、獣医師に確認して納得できる治療法を選択してください。

 

リンパ腫の治療の目標は完治ではない

残念ながら、現在の獣医療ではまだ、犬のリンパ腫は不治の病です。

 

そのため治療は、まず寛解の状態に持って行くこと。そして、寛解の状態をできるだけ維持して再発を防ぐことを目標に行われます。

 

また、リンパ腫による痛みや苦しみを緩和して、上手にリンパ腫と付き合いながら生活の質(QOL)を維持することも、大きな目標のひとつとなります。

 

抗がん剤には、嘔吐・下痢・食欲低下・多飲多尿・脱毛など副作用が伴うことがありますが、いずれも比較的軽度なものです。

 

効果が見られリンパ腫が抑え込めたと獣医師が判断したら(寛解)、抗がん剤による治療をいったんストップして経過観察していきます。

 

※獣医師により判断が大きく分かれるところで、抗がん剤治療を継続するケースもあります。再発が認められた場合は、治療を再スタートすることになります。

 

一時的に症状が治まる「寛解」と「再発」

犬のリンパ腫は抗がん剤の反応が良く、約50%〜80%の犬はリンパ節の腫れが引いて、寛解の状態に至ります。

 

完治はできませんが、一時的に症状が治まりますので、その間は穏やかな時間を過ごすことができます。

 

治療により一時的に寛解する可能性はありますが、再発するケースが多く、ほとんどの場合は数週間〜1年以内に再発します。

 

抗がん剤は徐々に効かなくなりますので、再発後の治療はかなり困難になる傾向にあります。

 

無治療では余命が平均1〜2か月ほどとされているのに対して、抗がん剤治療を受けることで約1年の延命が期待できると言われています。

 

ステロイドの併用・放射線療法・外科手術(姑息手術)

リンパ腫の状態によっては、抗がん剤にプラスして、ステロイド剤を用いたり放射線療法が行われる場合があります。

 

また、リンパ腫が原因で大きな機能低下を招いているような場合は、外科手術(姑息手術)が必要となる場合もあります。

 

外科手術でリンパ腫細胞を完全に取り除くことは不可能ですが、症状を和らげるために行われます。

 

サプリメントは獣医師と相談して

抗がん作用が期待できるようなサプリメントもありますが、効果について詳しいことはまだ解明されていません。

 

サプリメントは副作用の心配がほとんどなく、体にも大きな負担がかからないため、愛犬に与えたい飼い主さんもいらっしゃると思います。

 

サプリメントの種類によっては抗がん剤の効果を妨げる可能性もありますので、必ず獣医師にご相談の上与えるようにしてください。

 

獣医師と飼い主さんのコミュニケーションはとても大切

「どんな状態になっても1日でも長く延命させたい」「治療効果よりも穏やかな治療を優先したい」など、どのような治療を希望するのか、本格的に治療をスタートする前に獣医師にきちんと伝えましょう。

 

リンパ腫にもっとも効果があるのは抗がん剤治療ですが、東洋医学・自然療法・先進医療などを代替療法として実践している動物病院があります。気になる飼い主さんは、獣医師にご相談ください。

 

これはどの病気にも言えることですが、とくにリンパ腫のような深刻な病気の場合、適切な治療を行うためには獣医師と飼い主さんの意思の疎通はとても大切です。

 

治療が始まってからも、疑問や不安などをそのままにせず、積極的に獣医師とのコミュニケーションを図っていきましょう。

 

免疫力を高めてくれるドッグフードの選び方

糖質はがん細胞のエネルギー源となる

皆さんは、犬のがん対策の食事の基本が「高たんぱく質・低糖質」だということをご存知ですか?

 

糖質はがん細胞のエネルギー源となるほか、高血糖になりさまざまな病気を引き起こすことが分かっています。愛犬の健康を考えるなら、糖質を多く含む炭水化物は控えるようにしたいですね。

 

炭水化物である穀物(小麦やとうもろこしなど)を主原料にしたドッグフードが数多くありますが、これはコストダウンを目的としたメーカーの都合によるもの。

 

穀物はアレルギーや消化不良の原因になることも分かっていて、世界的にもグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードが主流になりつつあります。

 

「高たんぱく質・低炭水化物」のドッグフードは、免疫力を高めてくれる

ドッグフードを購入するときは原材料をしっかり確認して、高たんぱく質・低炭水化物のドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

もともと肉食である犬にとって、動物性たんぱく質は一番大切な栄養素です。動物性たんぱく質には、健康な内臓・皮膚・被毛・骨格・筋力を作ってくれるという嬉しい効果もあるんですよ。

 

高たんぱく質に加えて、がん予防の効果があると言われているオメガ3脂肪酸を含むドッグフードならなお良いですね。

 

人口添加物・保存料・着色料・香料などが含まれていない安全な高品質ドッグフードを選ぶことも大切です。日頃から、愛犬の免疫力を高める食生活を心がけてあげましょう。

 

まとめ

スキンシップの延長で、日頃から愛犬のボディチェックをしてあげるようにしましょう。犬のリンパ腫は、早期発見・早期治療がとても重要です。

 

何かちょっとでも気になることがあれば、できるだけ早く受診するようにしてくださいね。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事