ドッグフードの総合栄養食とは?!一般の食との違いと注意したい落とし穴!

ドッグフード

ドッグフードには、大きく分けて「総合栄養食」と示されるものと、「一般食」と示されるものがあります。

 

総合栄養食を与えていれば本当に大丈夫なのか?ここでは、総合栄養食とはから始まり、その落とし穴的裏側についてもご紹介しています。

 

総合栄養食とは?

ひとくちに総合栄養食といっても、実際はよくわからない、そんな方もいるかもしれません。また、初めて犬を飼う方にとっても、知っておいてほしいことをまとめていきます。

 

総合栄養食の定義と種類

ペットフード公正取引協議会によると、総合栄養食とは、

 


「犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフード」

 

「新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持することができるように、理想的な栄養素がバランスよく調製」されたもの

 

(引用:ペットフード公正取引協議会)

 

と記載されています。

 

AAFCOと日本ペットフード協会

よく、ペットフードの外袋に、「AAFCO」という文字が記載されているのを見たことがありませんか?これは、(全米飼料検査官協会)の略で、ペットフードの安全性などに科学的な側面から一定の基準を示す機関です。

 

日本ペットフード協会は、そのAAFCOの示した基準を準用する形で、表示基準を設けています。そのうえで、日本の様々な法律の規制をクリアして日本国内のペットフードは製造されているとしています。

 

先に出てきたペットフード公正取引協議会も、このAAFCOの基準に準じています。いずれも、あくまで最低限の基準を示しているにすぎず、こうした表示があるだけで、安全安心なペットフードと言い切れるものでもありません。

 

またその逆で、表示がないからよくないフード、とも言い切れません。私は見たことがありませんが、中には、AAFCOの審査に「合格」といった表示をしているフードがあるそうですが、審査やテストなどは行われていないため、これは不当表示となります。

 

一般食とは?

一般職の定義と種類

総合栄養食とともに与えることで、いわゆるおかず的なものとされているところが多いですが、ちょっと違います。以下、一般食の種類ごとに見てみましょう。

 

  • 副食

缶詰タイプやレトルトタイプが多く、また主食の食いつきをよくするためのトッピングなどもこれに含まれるとみてよいでしょう。これらが、いわゆる「おかずタイプ」といったイメージのものに当たると考えます。

 

  • 目的食(療養食、サプリメント)

特別に獣医師などからの指示で、特定のドッグフードを与えなければならないとか、その他特定の栄養素を補充する目的で与えるものを指します。

 

  • おやつ・嗜好品

 

総合栄養食だけ与えていればいいの?

ドッグフード

総合栄養食の定義として、水とともに与えるだけで、必要な栄養素やカロリーが摂取できるとあるのなら、それだけを与えておけば良いのですが、本当にそれでよいのでしょうか?

 

答えからいうと、「YES」です。だからこそ、どの総合栄養食を選ぶかというのは大変重要なことになるのです。

 

選択するうえで重要なこと

原材料について

 

ドッグフードは、原材料の表示にいろいろな決まりごとがあります。まず、そのフードを製造するにあたって、割合の多い原材料から順位表示する決まりがあります。

 

なので、最初に記載されている原材料が、そのフードのメイン食材となります。多くは、肉、魚といったたんぱく質が主ですが、穀物類が最初に表示されているフードも少なくありません。

 

犬は良質なたんぱく質を豊富に必要とします。逆に、穀物類はもともと必要としていませんし、体もそのようにできていないので、時としてアレルギーを起こす犬もいます。

 

そういった点から、原材料にたんぱく質が多く含まれるものを選ぶことが望ましいですね。

 

添加物について

 

添加物というと、良くない印象を持つ方が多いでしょう。しかし、中には栄養素やハーブ、必須脂肪酸など添加した方が良いものもあるため、一概に無添加だけにこだわるのも危険です。

 

そもそも、無添加であることだけにこだわる人は、どのレベルの無添加を求めているのでしょう?基本的に、「ドッグフードを製造する過程で添加物を使用していない」ものは無添加と表示可能です。

 

しかし、その原材料が育つ過程で使われた添加剤があったら?それってもはや無添加ではないですよね。これを、キャリーオーバーといいます。

 

意図のあるなしは別にして、製造する側の理念が大きくかかわる部分ですので、サイトなどで確認する必要がありますね。

 

総合栄養食のメリットとデメリット

原材料や添加物をクリアしたとして、では総合栄養食のメリットとデメリットは何があるでしょうか。

 

犬に必要な栄養を確実に与えられる

これが最大のメリットといえます。少なくとも、生きていくために十分なカロリーは確保できますし、最低基準とはいえ、栄養素も確保できることは生命の維持という点だけで考えれば十分です。

 

しかも、その最低限の栄養素を人間がその都度調理して与えることは、かなり大変なことですから、ドッグフードを与えるメリットは大きいといえます。

 

手軽さと安定

手軽に与えられる、これも重要なメリットです。また、適した保存方法を守っていれば品質も保持されますし、栄養が異常に偏ることも防げます。

 

手作り食とドッグフード(総合栄養食)

ドッグフードと手作り食

15〜6年ほど前だと思いますが、一部の愛犬家、愛猫家の間で、残飯ではなくわざわざ自分で肉や野菜を用いた犬猫専用の手作り食をすすめる動きが始まりました。

 

一部の獣医師らの賛同もあり、レシピ本なども発売され、手作り食専用の肉などもネットで販売されるようになりました。そして、現在でも手作り食を支持する声は多く、ネット上でも様々なレシピ、食材販売が行われています。

 

ただ、一見素晴らしいことばかりに思える手作り食ですが、よくよく考えると大丈夫なのかな、と思うこともあります。

 

手作り食の難しさ

 

コストと手間は想像以上!

手作り食の良い所は、なんといっても原材料を自分で吟味できるという点です。愛犬のために、選りすぐりの食材で、愛情たっぷりのごはんを作ってあげる幸せ。

 

ですが、犬の体に合った食材を、栄養素を考えた上でカロリー計算もして、食材からは摂取できない栄養素をサプリメントで添加して・・・となると、相当のコストと手間がかかります。

 

手軽に手作り食が作れる食材のセット販売などを利用する手もありますが、中には1食あたり1000円近くになるものも多く、よくよく検討が必要です。

 

栄養素を完全に摂取できる手作りごはんとなると、小型犬ならまだしも、我が家のように50キロを超えるアラスカンマラミュートが2頭いたら、我が家は破産するでしょう。

 

愛情かけたつもりが栄養素が足りない!?

 

十分な量のたんぱく質は、手作り食では満たせない場合が多い

犬が必要とする栄養素を、手作り食で賄おうとしたらどうなるでしょうか。たとえば、成犬で20キロの犬がいたとします。その犬が1日に必要とするタンパク質は、最低でも25g 、十分な量になると、その倍の50gが必要とされています。

 

これは、肉の量ではなく、タンパク質の量である点に注目してください。50gのタンパク質を確保するために必要な肉、魚の量は、牛肉、鶏肉だと200〜300g 必要です。魚だと、イワシ丸ごとで約3尾ほど必要となります・・・

 

参考サイト:文部科学省 食品成分データベース

 

手作り食のサイトなども、多くはカロリー計算が主で、必要な栄養素を換算したものは少なかったです。

 

必要な栄養も、消化できなければ意味がない

犬は野菜の消化が得意ではありません。また、体のつくりとして、犬にとってはありがたくない野菜もあります。

 

なのに、手作り食のレシピをみると、幼稚園児のお弁当を作ったのか?と見間違うような、カラフルなかわいらしい手作り食がありますが、その型抜きした野菜をはたして犬は消化できるのかはなはだ疑問です。

 

きっと、かたちのまま便に混じって出てくるのではないでしょうか。それらをわかった上でのことであれば、それはもはや飼い主の自己満足以外のなにものでもありません。

 

まとめ

今回は、ドッグフードの種別と合わせて、手作り食についてお伝えしました。ドッグフードだけでも十分犬は生きていけます。しかし、お伝えした通り、どんなドッグフードを選ぶかは大変重要なことです。

 

これだ!というドッグフードに出会えなかったら、手作り食でも良いと思いますし、そもそも出会えなかったから皆さん自分でおつくりになってるんですよね。

 

ただ、手作り食にこだわりすぎると、必要な栄養素が摂り切れないこともあります。双方のメリットデメリットをよく理解して、フードを決めたいですね。

 

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフードよく読まれている記事