愛犬が臭い!体臭の原因とは?!

毎日ブラッシングをし、適度な感覚でシャンプーも行っているのになんだか犬がくさい

 

犬種によって、体臭がきつい、少ないといったこともありますが、そのにおい、実はドッグフードが関係していることもあるのです。今回は、ドッグフードと犬の体臭についてまとめました。

 

ドッグフードによって便だけでなく体臭も変わる?!

皆さんは、ドッグフードを変えたら便の状態やにおいが変わった、という経験はおありだと思います。原材料や成分の割合によって、便は色や硬さ、においが変わります。

 

極端な下痢や色でなければ、病気などではないので心配することはありませんが、ドッグフードによっては体臭にまで影響することがあります。

 

犬の体臭の主な原因

では、その体臭の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

皮膚のトラブル

アレルギーや、ノミやダニなどのトラブル、ケガなどで皮膚が炎症をおこしたり、それを舐めたり掻いたりすることでにおいが広がる場合があります。

 

一時的なものが多いですが、中にはドッグフードが合わずに皮膚トラブルが起きている可能性があるので、しばらく続くようなら獣医師に相談した方が良いでしょう。

 

耳のトラブル

外耳炎や耳ダニなどのトラブルで耳がにおい、それが体臭となることがあります。

 

耳のトラブルのにおいは独特なので、一度経験していたらすぐに判断がつく場合がありますので、獣医師の診断を受けましょう。

 

犬の種類による個体差

一般的に、メスよりオス、長毛種より短毛種が体臭はきついと言われます。

 

また、アメリカンコッカースパニエルなど、独特のにおいがする犬もいますし、ブルドッグなどしわの多い犬はしわの間の汚れからにおいが出やすいということもあります。

 

その犬特有のにおいと違う体臭があるようなら、なんらかの原因があると考えてよいでしょう。

 

生活環境

多頭飼いなど、犬同士が舐めあったりする環境の場合、犬同士の体液が付着してにおうこともあります。また、シャンプーの頻度や室内飼いか屋外飼いかでもにおいは違います。

 

長毛種など、排泄時にお尻周りや尻尾に排せつ物がついてしまってにおうことがあります。その他、歯磨きが苦手な犬は、口臭が体臭となってにおっている可能性もあります。

 

ドッグフードと体臭の関係性

生活環境によるものであれば、それを見直すことで大幅に軽減されることが多いです。ですが、病気でもなく、環境を見直してもにおう場合は、ドッグフードについて考えてみましょう。

 

犬がにおうメカニズム

犬は汗を出す汗腺は少ないですが、皮脂腺は多くあります。ここから出る皮脂が、水をはじいたりして汚れから守り、地肌を守っています。

 

しかし、この皮脂腺から出る皮脂が酸化したり、雨にぬれたりすると、あの強烈な犬臭さとなってしまうのです。

 

体内トラブルに反応する皮脂腺

皮脂腺から分泌される物質は、体内トラブルと密接な関係にあります。動物性たんぱく質はにおいのもとになると言われますが、これらは犬にとって大変重要な成分です。

 

嫌な臭いになるというのは、動物性たんぱく質の品質に問題がある可能性があり、そのトラブルがにおいとなっている場合があるのです。

 

また、ストレスが強い状態の時も、皮脂腺から発せられるにおいは強くなります。

 

ドッグフードの品質と体内環境

老廃物となり得る品質の悪いたんぱく質や脂、このようなものを食べていると、栄養素として吸収されずに老廃物として溜まります。

 

ですから、動物性たんぱく質なら何でも良いのではなく、品質の良いものにこだわる必要があります。

 

動物性たんぱく質がにおいのもとになるからといって、大豆などの植物性たんぱく質にするのはアレルギーの面からおすすめできません。

 

また、犬の消化器官に負担となるような原材料が多いドッグフードは、腸内環境を悪くする可能性が高く、避けたいドッグフードです。ガスがたまったり、便が異様なにおいになったりすると、それも体臭の要因になります。

 

犬の体臭を軽減するドッグフードとは?

では、体臭を軽減するドッグフードはあるのでしょうか?実際の経験に基づいたことも含めてまとめてみました。

 

アレルギー源の排除

アレルギーがあると、皮膚トラブルを引き起こす場合が多く、それらはにおいに直結します。痒みや違和感でその部分を舐めたり掻いたりすることで傷がついたりして、においが全身に回ってしまいます。

 

ドッグフードの原材料にアレルギーを誘発する成分がないか、獣医師に相談しましょう。

 

不必要な成分の排除

犬にとってさほど重要でない成分や、摂る必要がない成分は出来るだけ排除しましょう。代表的なものとして、小麦やトウモロコシなどの穀物が挙げられます。

 

ミネラル摂取の目的で、適切な処理をされた一部の穀物は犬にも優しいものがありますが、主成分に穀物類を使用しているようなドッグフードは避けるべきです。

 

また、食物繊維を摂取させる目的でパルプ類を多用しているドッグフードも、犬の腸内環境を悪化させ、体臭悪化につながることがあるため好ましくありません。

 

合成添加物の排除

合成の添加物は、犬によっては体に合わない場合もありますし、天然由来の添加物がある以上わざわざ摂取させる必要などありません。

 

アレルギーの要因にもなり、ひいては体臭の要因にもなり得ますので、合成の添加物が使用されたドッグフードは避けるべきといえます。

 

もともと香りの強いものは避ける

これは実体験ですが、非常に高品質ではあるものの、ハーブ類を多用しているため独特のスパイシーな香りがするドッグフードを与えた時、体中がそのドッグフードのにおいになったことがあります。

 

このことで、ドッグフードのにおいというものが犬の体臭に影響するとわかったのですが、気になる場合は高品質のドッグフードであっても避けた方が良いかもしれません(※ちなみにティンバーウルフです)。

 

参考記事:パン君が選ぶ無添加ドッグフード|安心おすすめランキング

 

まとめ

 

犬は完全無臭というわけにはいきませんが、生活環境や食生活によってかなり左右されるということがお分かりいただけたと思います。

 

汚れたり、におって当たり前の状態ならばすぐ改善できますが、そうでないならばドッグフードを見直してみると案外解決することがあります。

 

高品質な動物性たんぱく質と油脂、そして不必要な成分や合成添加物が使用されていないドッグフードを選びましょう。その際、ドッグフードのにおい自体が不快だったり、きつすぎると感じるものは避けた方が良いでしょう。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事