ドッグフードに含まれる添加物は危ないのもが多い?!

ドッグフードには、その性質上、添加物が使用されていることが多いです。添加物というと、なんとなく体に悪いのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

 

今回は、ドッグフードに使用されている添加物についてまとめました。

 

添加物が危険と言われるのはなぜ?その根拠は?

添加物は、天然由来成分のものと、合成添加物との2種類があります。

 

また、その目的も、製品を長持ちさせたり安定させたりする機能面での添加物と、足りない栄養素を補ったり、補強する目的で添加されるものがあります。

 

添加物の危険性は、主に合成の添加物に対して懸念されていて、人間でもそうですがアレルギーの要因になったり、その中でも食品の酸化を防ぐ酸化防止剤については、これまでに健康を害する可能性が指摘されたものがあります。

 

こういった事実と、ペットを飼う人間の意識の変化から、ドッグフードの使用される合成の添加物に対して安易に考えてはいけないと考える人が増えています。

 

ドッグフードを製造する側の意識も、欧米を中心に変わってきていて、安全が確立されているとは言えない合成の添加物について、使用しないと表明している企業も多く存在します。

 

ドッグフードに使用される主な合成添加物の効果とリスク

では、主な合成の添加物にはどのようなものがあるのでしょうか。また、そのリスクはどのようなものなのか、見ていきましょう。

 

酸化防止剤・・・製品の酸化を防止する添加物

ほとんどのドッグフードには、この酸化防止を目的とする添加物が入っています。

 

しかし、天然由来の安全な酸化防止剤を使用しているドッグフードが多い中、いまだに合成の酸化防止剤を使用しているメーカーも存在します。

 

主な合成の添加物には、「エトキシキン」「BHA」「BLH」といったものがありますが、ドッグフードの製造過程で使用されているものは、主に「BHA」となります。

 

この、酸化防止剤のリスクとして、じんましんなどのアレルギー反応を引き起こす可能性、また、「BLH」には催奇形性の疑いがあるため、現在ではほとんど使用されていません。

 

着色料・・・食品に色を付け、美味しそうに見せる添加物

赤色〇号青色〇号などという表記で、さまざまな着色料が使われていますが、これについても日本で許可されていても欧米では許可されていないものや、ぜんそくなど呼吸器系のトラブルを引き起こすものや、じんましんなどが起こることがあります。

 

そもそも、ドッグフードに着色をする意味が分からないですね。

 

保存料・・・細菌の増殖を抑え、製品の品質劣化を防ぐ添加物

ソルビン酸カリウム亜硝酸ナトリウムなどが代表的なものです。

 

ソルビン酸カリウムは遺伝子を傷つける毒性が認められ、亜硝酸ナトリウムは、発色剤としても使用されますが、加工される肉において、明確な発がん性があると指摘されています。(ただし、発がん性が強いということでない点を頭に入れておく必要があります。)

 

保湿剤・・・ソフトドライタイプなど、半生状態のドッグフードに使用される添加物

プロピレングリコールという、しっとりした状態を保つための合成添加物があります。

 

低用量では害がないとされていますが、毒性がないわけではありません。実際に、2009年以降はキャットフードに使用することが禁止されています。赤血球異常や、腸などのトラブルの可能性がゼロとは言えません。

 

表示義務とキャリーオーバーについて

原材料の表示をきちんとみたことがありますか?ペットフード安全法によると、表示をしていないペットフードを販売することは禁止されています(第6条3項)。

 

しかし、そこには抜け穴と言わざるを得ないおかしなルールが存在しています。

 

ドッグフードの原材料表記の問題点

現在、ペットフードの原材料表示は一見厳しく、製造過程で添加された添加物は全て記載しなければなりません。ものによっては、何の目的で添加したのかまで記載する必要があります。

 

しかし、このルールはあくまでペットフードの「製造過程」で添加した場合にのみ適用されるため、原材料を加工する段階、原材料がどのような状態で育ってきたかまではその安全性を担保しないものといえます。

 

そこで、「キャリーオーバー」の問題がでてきます。

 

キャリーオーバーってどんな意味?

「キャリーオーバー」とは、原材料中には含まれているけれど、製品としてみた時に微量であるため、表示しなくても良いとされる添加物など、原材料に含まれる添加物の存在と考えてください。

 

飼育途中や、ミールに加工される段階で添加物を使用しても、その時点ではまだ製造段階に入っていません。そのため、表示義務がないのです。いわば、「見えない添加物」がキャリーオーバーです。

 

無添加ドッグフードは本当に無添加?

たとえば、原材料の段階でさまざまな添加物が使用されていた(キャリーオーバー状態)としても、製造過程で何も添加していなければ、堂々と無添加として販売できてしまうからくりがあります。

 

原材料の時点から、栄養強化剤なども含め一切の添加物を使用していないという上での無添加であれば問題はないですが、無添加と表示するのは一つ間違うと大きな嘘になってしまう可能性があるため、本来は慎重にならなければなりません。

 

添加物にも安心なものがあるの?

全ての添加物が悪いということはありません。添加物不使用などと表示されたものもありますが、そういった表示の仕方は、本来必要な安全な添加物まで悪いイメージを持たせてしまうので好ましくないのです。

 

では、安全な添加物、必要な添加物には何があるのでしょうか?

 

栄養強化剤

人間でも、粉ミルクなどは栄養分を強化する目的で添加物が使用されます。

 

ドッグフードにも、強化した方が犬のために良い場合、特定の栄養素を強化する目的で添加しているケースは何ら問題ありません。

 

微量でも摂取することが望ましいミネラルなどを、適度な配合で添加するといったことは、添加物なくしては不可能といえます。

 

天然由来の添加物

酸化防止剤なども、ドッグフードの性質上不可欠といえます。

 

これについては、合成の酸化防止剤の存在が広く知られていますが、最近ではローズマリーなどのハーブから抽出した、安全な天然由来の酸化防止剤もあります。

 

ビタミンEやビタミンCの効能による酸化防止剤もあり、これらは摂取しても害があるとは考えにくいといえます。

 

まとめ

 

今回はドッグフードの添加物についてまとめてみました。無添加と書いてあってもそうであるとは言い切れませんし、添加物を使用していても、必要、かつ安全なものであれば、不安に思う必要はありません。

 

発がん性のリスクなどもほとんどの合成の添加物には言われることですが、「発がん性がある」ことと、「発がん性が強い」ことは全く違うということを理解すべきです。

 

発がん性がある、というだけで排除するのなら、太陽光ももはや気持ちの良い存在ではありませんね。

 

添加物について、無添加にのみこだわったり、やみくもに危険だと決めつけず、そのドッグフードがどのような材料により、どのような理念を持った会社によって製造されているか、ここをよく見極めることが大切だといえます。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事