犬の糖尿病は初期症状を見逃さない!気になる症状と予防法・治療法

 

犬の糖尿病は、インスリンというホルモンが不足することで血糖値がコントロールできなくなり、慢性的に高血糖が続く病気です。

 

初期段階では症状が分かりづらいため、気づいたときには重度の糖尿病に進行していたというケースも珍しくありません。

 

一度発症すると完治が難しいため、予防と早期発見がこの病気の最大のポイントです。今回は、犬の糖尿病の症状と予防法・治療法について、お話ししていきます。

 

犬の糖尿病はどのような病気?

犬の糖尿病は慢性的に高血糖が続く病気

犬の糖尿病は、膵臓から分泌されるホルモンの一種「インスリン」が不足することで、血糖値がコントロールできなくなり、慢性的に高血糖が続く病気です。

 

インスリンの量が不足して働きが低下してしまうと、血液中の糖を細胞内に取り入れることができず、血液中の糖濃度が高くなります。

 

この高血糖の状態が慢性的に続くと、糖尿病を発症し体にさまざまな障害を引き起こします。

 

獣医学の進歩・飼い主さんの愛犬に対する健康意識の向上・ドッグフードの品質の向上・室内飼育の増加などで、犬の寿命は確実に伸びています。

 

犬の寿命が延びてきているのはとても嬉しいことですが、高齢化に伴い、糖尿病をはじめとする生活習慣病を発症する犬が増加しています。

 

「インスリン依存型糖尿病」と「インスリン非依存型糖尿病」

犬の糖尿病には、2つのタイプがあります。

 

インスリン依存型糖尿病(I型糖尿病)

犬の糖尿病は、インスリンの量が不足して起こる「インスリン依存型糖尿病」が一般的です。不足しているインスリンを補う必要があるため、治療でインスリンの投与(注射)を行います。

 

インスリン非依存型糖尿病(II型糖尿病)

こちらのタイプは、インスリンに対して細胞の反応が鈍くなり、インスリンが効きにくくなることで起こります。インスリンは正常に分泌されていますので、インスリンの投与を必要としないこともあります。

 

犬の糖尿病の原因はさまざま

 

次に、犬の糖尿病の原因を見ていきましょう。主な原因には以下のようなものがあります。

 

先天性

先天性の膵臓の機能不全が原因で、インスリンを分泌できない犬がいます。

 

肥満

犬の糖尿病の原因の中でも多いのが、肥満です。

 

高血糖の原因となる、糖質や炭水化物を豊富に含むドッグフード・おやつを長期間与えていたり、運動不足で血糖が十分に使われていない状態が続くと、糖尿病を発症するリスクが上がります。

 

食事や運動など飼い主さんが日頃から健康管理を心がけて、肥満による糖尿病の発症を予防しましょう。

 

早食い・ドカ食い

早食いやドカ食いをすると、急激に血糖値が上がり大量のインスリンが分泌されます。

 

習慣化している場合は、インスリンに対して細胞の反応が徐々に鈍くなり、インスリンの効きが悪くなることで血中の糖を取り入れられなくなります。

 

このような高血糖の状態が続くと、最終的に糖尿病を発症します。ほとんどの犬は早食いで与えられた食事は残さず食べてくれますので、「食べさせ方」と「量」には注意が必要です。

 

老化

犬の糖尿病は、7歳以降に多く見られます。年齢とともに基礎代謝が落ちていくため、筋肉が脂肪に変わりやすくなります。

 

また、若い頃と同じような食事量を与え続けていると肥満になりやすく、糖尿病をはじめさまざまな病気を発症するリスクが上がります。

 

愛犬が高齢期に入ったら、食事内容の見直しを行いましょう。

 

性別

メス犬は、オス犬と比べて糖尿病を発症する確率が高いという報告があります。その中でも、避妊手術をしていないメス犬はとくに発症率が高いことが分かっています。

 

犬種

糖尿病を発症しやすい犬種があることが分かっています。好発犬種には、ミニチュアシュナウザー・プードル・ビーグル・ダックスフンドなどがあります。

 

愛犬が好発犬種の場合は、肥満などの後天的な要因がプラスされることで糖尿病を発症するリスクが上がりますので、とくに注意が必要です。

 

このように、犬の糖尿病の原因は予防できるものからそうでないものまで実にさまざまです。最近では、生活習慣(食事・おやつ・運動不足など)が原因で糖尿病を発症する犬が増えてきています。

 

犬の糖尿病の初期から末期の症状と合併症について

ちょっとした体調変化としてあらわれる初期症状を見逃さない

犬の糖尿病の初期症状
  • おしっこの量・回数が増える
  •  

  • 水を飲む量が増える(水分摂取量の目安は、体重1kgあたり50ml以下/1日)
  •  

  • 食欲が増す
  •  

  • いくら食べても痩せてくる
  •  

  • 毛艶が悪くなる
  •  

  • 皮膚が乾燥する

 

おしっこの量・回数が増えるのは、体内で増加した糖を排出するためです。そして、失った水分を補給するために水を飲む量が増えます。

 

糖が吸収されず排出されてしまいますので、いくら食べても痩せてくるといった症状も見られるようになります。

 

犬の糖尿病は、ある日急に発症するわけではありません。徐々に進行して発症する病気ですので、初期の症状は大きな異変ではなくちょっとした体調変化としてあらわれます。

 

そのため、飼い主さんが日頃から注意深く観察していても、愛犬が発信する病気のサインを見逃してしまうことも少なくありません。

 

とくに多いのが高齢犬の場合ですが、老化現象かな?と判断するのは危険です。愛犬に糖尿病の初期症状がひとつでも当てはまるようなら、早めに受診するようにしましょう。

 

この段階で気づいてあげることができれば、インスリンの投与や食事療法により、重い合併症を防ぐこともできます。

 

さらに進行していくと・・・合併症を起こす

進行が早い白内障

犬の糖尿病の合併症でもっとも多く見られるのが、進行が早い白内障です。

 

白内障の症状がきっかけで受診した結果、愛犬が糖尿病を発症していることに初めて気づくというケースもあります。

 

糖尿病性ケトアシドーシス

高血糖の状態が長期間続くと血液中の有害物質ケトン体が増加し、糖尿病性ケトアシドーシスを発症します。

 

糖尿病性ケトアシドーシスを発症した場合、初期症状とはまた違った症状が見られるようになります。1日〜1週間という短い期間で急に症状があらわれるのが、糖尿病性ケトアシドーシスの特徴です。

 

元気喪失・食欲低下・水を飲まなくなる・ふらつき・下痢・嘔吐・脱水などの症状が見られるほか、口臭に変化があり「アセトン臭」と呼ばれる果物のような、甘酸っぱい臭いがするようになります。

 

症状がさらに進行した場合、心筋梗塞・腎疾患・神経症状・昏睡状態になることもあります。即効性のインスリン注射や輸液による治療が行われますが、ここまで症状が進行してしまうと治療はとても困難になります。

 

糖尿病を発症した犬の余命は?

犬の糖尿病は、インスリンの投与・食事療法・運動療法など適切な治療を行えば、寿命が極端に短くなるという心配はありません。

 

ただ、糖尿病性ケトアシドーシスを発症するなど衰弱している場合は、命を落としてしまうこともあります。

 

重い合併症を起こす前の初期の段階で早期発見し、早期治療につなげることができるよう、愛犬のちょっとした変化も見逃さないようにしたいですね。

 

犬の糖尿病治療の目標は血糖値をコントロールし合併症を予防すること

犬の糖尿病の検査は血液検査と尿検査を合わせて実施し、その結果により診断されます。この病気の最大の問題点は、高血糖が続くことでさまざまな合併症を引き起こすことです。

 

犬の糖尿病の治療は、血糖値をコントロールしてさまざまな合併症を予防することを目標に行われます。

 

犬の糖尿病の主な治療法

  • インスリンの投与(注射)
  •  

  • 食事療法(糖尿病用の療法食)
  •  

  • 運動療法

 

糖尿病のタイプにより治療法は異なる

  • インスリン依存型糖尿病(I型糖尿病)⇒インスリンの投与+食事療法
  •  

  • インスリン非依存型糖尿病(II型糖尿病)⇒食事療法+運動療法(状況によりインスリンの投与)

 

インスリンの投与

不足しているインスリンを補うため、人工的に生成したインスリンを皮下注射する治療法です。

 

獣医師の指導のもと、病院で瓶に入ったインスリンと注射器を処方してもらい、飼い主さんがお家で毎日(1〜2回※毎食後のインスリン投与が必要)行うのが一般的です。

 

注射をして約3時間経ったころから効果が出始め、その後18〜24時間効果が持続します。

 

インスリンの量は、とても重要です。少なすぎると血糖値が十分に下がりませんし、多すぎた場合は低血糖症を発症し、痙攣(歯を食いしばる・前足を突っ張るなど、部分的な痙攣)・意識喪失などの症状を引き起こします。

 

インスリンの適正な量・回数には個体差があります。体質・糖尿病の状態・食事・運動によって変わってきますので、定期的に血中・尿中の糖分の検査をして、獣医師と相談しながら治療を進めていく必要があります。

 

気になる治療費について

インスリン1瓶は、7,000円〜10,000円前後が相場です。注射器は使い捨てのタイプ・消毒して3回使用OKのタイプなどがあり、1本80円〜100円前後が相場となっています。

 

注射器にインスリンが入った状態で処方される病院もあるようですが、その場合は割高になります。

 

インスリンの投与量は犬の状態によって変わってくるため、1か月1瓶必要な子もいれば2か月1瓶で済む子もいます。

 

いずれにしても、犬の糖尿病は一度発症すると完治が難しい病気です。生涯にわたり治療を続けていくことになれば、相応の治療費を準備しておく必要があります。

 

食事療法

血糖値をコントロールするためには、血糖値を上げない食事をさせることも重要です。

 

糖尿病を発症した愛犬のために、手作り食に挑戦される飼い主さんもいらっしゃいますが、逆に愛犬の健康を損ねてしまうケースもあるようです。

 

どうしても手作り食で食事療法したい場合は、食事内容(食材や調理方法など)について獣医師にご相談ください。

 

確実に治療するためには、やはり糖尿病用に作られた療法食ドッグフードがおすすめです。食事量が多いと血中に放出される糖分が増えるため、与える量にも十分な配慮が必要です。

 

食事療法は治療のひとつです。食事量・回数・タイミングなどを獣医師と相談しながら進めていきましょう。

 

適切な食事療法を行い、体重を落としたり食後の血糖値を安定させることができれば・・・

  • インスリン依存型糖尿病(I型糖尿病)の場合は、インスリンの投与量を減らすことができる可能性があります。
  •  

  • インスリン非依存型糖尿病(II型糖尿病)の場合は、インスリンの投与が必要無くなる場合があります。

 

運動療法

運動療法には、脂肪を減らしたり血糖値を低下させる効果が期待できますが、注意点があります。

 

インスリン注射を投与している場合や合併症がある場合などは、高血糖または低血糖を引き起こす可能性がありとても危険です。

 

糖尿病の運動療法は、必ず獣医師の指導のもと行うようにしてください。

 

血糖値を上げないグレインフリードッグフードで糖尿病を予防

血糖値を上げない食事が大切

糖尿病の予防のためには、日頃から血糖値を上げない食事をさせることが大切です。小麦やとうもろこしなどの穀物が、血糖値を急激に上げる原因となることをご存知ですか?

 

犬にとって穀物はどうしても必要なものではありませんが、市販のドッグフードにはなぜか穀物を含むものが数多くあります。これは、コストダウンを目的としたメーカーの都合によるものです。

 

穀物はアレルギーや消化不良の原因となることも分かっていて、世界的にもグレインフリーのドッグフードが主流になりつつあります。

 

ドッグフードを選ぶときは原材料を必ず確認して、グレインフリー(穀物不使用)で動物性たんぱく質をメインにした、高品質ドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

動物性たんぱく質は、犬にとって一番大切な栄養素です。良質な動物性たんぱく質は血糖値の上昇にさほど影響しないため、安心して愛犬に与えることができます。

 

動物性たんぱく質をメインにしたグレインフリーのドッグフードには、健康な皮膚・被毛・骨格・筋力を作ってくれるという嬉しい効果もあります。

 

おやつを習慣化しない

おやつの習慣は、肥満や糖尿病の原因となります。

 

愛犬の喜ぶ姿を見たくて、ついついおやつを与えてしまう飼い主さんもいらっしゃると思いますが、かわいい愛犬を健康で長生きさせてあげるためにも、おやつはなるべく控えるようにしましょう。

 

犬の楽しみは食べることだけではありません。愛犬が喜ぶことを、食べること以外でたくさん見つけてあげたいですね。

 

まとめ

犬の糖尿病は、完治が難しい病気です。予防のために、日頃から適切な食事や運動など、健康的な生活習慣を心がけてあげてください。

 

初期症状を見逃さないようにして、愛犬の様子で何かちょっとでも気になることがあれば、迷わず受診するようにしましょう。

 

パン君のドッグフードランキング

 

パン君のドッグフード参考記事